« 富士山と鷹 | トップページ | 初見のサンカノゴイ »

2010年2月 4日 (木)

寒そうなヒガラとミソサザイ

どんどん写真がたまります。たいしたものではないのですが、少し古い物からアップします。

年末の軽井沢は、鳥影が少なかった・・・・・しかも、朝から、同行者の携帯電話が鳴りっぱなし。仕事が追いかけてきちゃいました。携帯って、便利なような不便なような・・・

  画像をクリックすると大きくなります。
  元に戻るときは、ブラウザの←戻るボタンをクリックしてください。

100204botannduru091228
ボタンヅルの種
今年も見っけ! ふわふわと鳥の羽みたい~。光にあたって、きらきら輝いていました。

同行者は仕事モードになり、先に山を下りてしまいました。一人、のんびり歩いていると、池の傍の茂みでガサガサ。

100204higara1091228
ヒガラ
いつも針葉樹の高いところにいて、なかなか近くで見れないけど、水浴びに来たのかな。羽繕いしながら、のんびりぷっくり。枝が込んでいるので安心しているよう。

100204higara2091228
ヒガラ
やはり気になるかな。邪魔しないでと、怒られちゃいました。ふっくらほっぺに寝癖の付いた頭が可愛い。
体長11センチとカラ類では一番小さい。

100204yukidaruma091228
雪だるま
この年末は雪が少ない。子供たちだろうか、木の根元にミニサイズの雪だるまが三つ。表情が面白い。

100204misosazai091229
ミソサザイ
同行者の仕事が片付いたのは夕方。沢筋はもう日陰で、暗い。それでも、水浴びしている小鳥さんがいないかと、川を覗き込んだ。やっと見つけたのが、小さな目立たないミソサザイ。こちらも体長11センチほど。動かなければ、分からない・・・
もう一羽、カワガラスのような鳥が飛んでいったが、確認できなかった。

100204yuuguresoukibayashi091228
夕日に染まる雑木林
高いところだけ、まだ、夕日がさしていた。冬枯れした木々が赤く燃えるようだ。白い月がちらりと見えてました。まもなく、月が輝く時間となります。

|

« 富士山と鷹 | トップページ | 初見のサンカノゴイ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミソサザイ葉っぱの上だとわかりにくいですよね。
よく見つけましたね。
そういえば先月家の近所で朝の散歩の途中、住宅地でミソサザイ見つけましたよ。

投稿: とりの なくぞう | 2010年2月 5日 (金) 12時26分

こんにちは。
きらきらしたボタンヅルの種がまるで雪のようで綺麗です。
ヒガラの丸っこい顔の可愛いこと、見てみたいです。
ミソサザイも、まだ見た事がありません。
写真は油断すると、どんどんたまってしまいますね。
ジュリジュリさんの写真、ゆっくりで好いから見せてくださいね。

投稿: シマのママ | 2010年2月 5日 (金) 16時39分

やっぱりジュリジュリさんの写真可愛いです(=^・^=)
ボタンズルの種、始めてみましたが、綺麗ですね。又写真が幻想的で素敵。
ところでジョウビタキらしき鳥さんに会えたんですよ~チェックしにきてくださ~い。
豆つぶのような写真ですが^m^
このヒガラのような可愛い表情が撮れたら楽しいでしょうね。

投稿: ぽん | 2010年2月 5日 (金) 18時36分

< とりのなくぞうさんへ >
こんばんは!コメントありがとうございます。
今の時期は、枯葉色で、ミソサザイは保護色ですね。動いてくれたから、分かったのです。一度、目を離すと、もう分からなくなります。
そちらでは、住宅街にもミソちゃんがいるのですね。うらやましいです。春には、美声を聞くことができるかも知れませんね。

< シマのママさんへ >
こんばんは!コメントありがとうございます。
ボタンヅルの種は、いつも同じところで見つけます。ちょうど逆光で、光っているのでつい、カメラを向けてしまいます。
ヒガラさん、寒いので膨らんでいて、それがとても可愛かったですよ。針葉樹がある山に多いかな。
ミソサザイは、家の近くではちっとも会えません。甲山にもいるらしいのですが・・・
写真はどんどん整理していかないとだめですね~。たいした写真ではないのですが、少しずつアップしていきますね。

< ぽんさんへ >
こんばんは!コメントありがとうございます。
あはは、これは腕ではなく、被写体が可愛いからね~。
ボタンヅルはいつも、同じところに生えています。ふわふわきらきら、魅了されてしまいます。なぜか、花の時期には写真を撮ったことがないです。
わ~、ジョウビタキさんに出会えたのですね。後ほど見に行きますね。気をつけていると、結構、町の中でも、鳥さんに出会えるでしょう。

投稿: ジュリジュリ | 2010年2月 5日 (金) 21時18分

こんにちは。
いいですね、ミソサザイ。色が落ち葉と溶け込んでよく見つけましたね。
ミソサザイとは縁がなくて未だに出会いが一度のみなので、ぜひともお会いしたいです。

投稿: doudesyo | 2010年2月 6日 (土) 11時21分

< doudesyoさんへ >
こんばんは!コメントありがとうございます。
ミソサザイは小さくて、渋い色をしていますが、大好きな鳥さんです。
この日は、あまり鳥に出会えなかったので、必死に川を覗き込んでいました。わずかな動きにも敏感に反応していましたよ。
こちらの地元でもなかなか出会えないです。いるらしいのですけど・・・春になったら、地元のミソちゃんを探して見ましょう。そちらも出会えると良いですね。

投稿: ジュリジュリ | 2010年2月 7日 (日) 01時17分

こんばんは~。
ミソサザイ 渋くて綺麗ですよね~、私も大好きです。
ここのところ地元には来て無いようで、可愛い姿を見せて頂いてありがとう~♪
小さな鳥たち 近くで見られたのですね♪
ヒガラかコガラか カラ類の混群に混じってる事もあるとかなので、注意してみるのですが、なかなかいません。
可愛いですね~。
どんどん写真が溜まる という事は・・・これからも楽しみにしていますよ!
お忙しいでしょうけれど、少しずつ見せてくださいませhappy01

投稿: zucca | 2010年2月 7日 (日) 22時43分

こんにちは!
ヒガラくん可愛いですね〜(^-^)
ボクは数年前に山に登った時に一度見ただけかな?
もう一度くらい山に登りたくなりました。
ミソっちも、これまた可愛いですね〜
やはり、こちらも奈良のお山かなぁ
耐寒登山でもしたくなりました(笑

投稿: 自然薯 | 2010年2月 8日 (月) 12時38分

ミソサザイが真冬、真っ白な中、囀る様を見ると感動しますよお。今度はそんな風景にも是非出会って頂きたいな。
ヒガラの冠羽を見ると、いじりたくなるのは、わたしだけかしら?くすっ。

投稿: 野鳥大好き | 2010年2月 8日 (月) 18時00分

< zuccaさんへ >
コメントくださっていたのに、すいません。規制をかけすぎたのか、すべて、スパムBOXに入ってしまいました。気づかず遅くなりましたが、公開させていただきました。

ミソサザイは、小さいけど、元気いっぱい大声で、尾をピンと立てて鳴く姿が大好きです。zuccaさんは渋好みですね。
身近なフィールドにまた、遊びに来てくれると良いですね。私もこちらで探します。
ヒガラや、コガラは、標高が高いところのほうが、多いですね。ヒガラは、低い甲山でもたまにいるようです。コガラは、近くでまだ見たことがないかも。

写真は、下手なものがどんどん増えます。自分としては、記録として捨てられないんですね。少しずつアップしていきますので、見てくださいね。

< 自然薯さんへ >
コメントくださっていたのに、すいません。規制をかけすぎたのか、すべて、スパムBOXに入ってしまいました。気づかず遅くなりましたが、公開させていただきました。

ヒガラさん、ぷっくり可愛いでしょう~。
この子は、お山と針葉樹が好みですよね。奈良も、うらやましいくらいに山が深いです。きっと、たくさんいるのでしょうね。
ミソサザイは、やはり小さくて可愛いです。でも、枯葉の中で、見つけにくかったですよ。春はいるのだから、絶対いるはずだって、執念で探していたかも。
本格的な冬登山は、怖いです~。遭難しないでくださいよ。でも、鳥さんたちが、低いところへ降りてきて、行き違いになるかも・・・

< 野鳥大好きさんへ >
コメントくださっていたのに、すいません。規制をかけすぎたのか、すべて、スパムBOXに入ってしまいました。気づかず遅くなりましたが、公開させていただきました。

ミソサザイ、冬でも、さえずるのですか?それとも、北海道では、さえずりの季節になっても雪景色なのかな。確かに、春スキーが結構楽しめますよね。
そういえば、カワガラスは、繁殖時期が早いですよね。雪深い日光で、さえずっているのに出会ったことがあります。ミソッチのさえずる姿も素敵だろうな。北海道あこがれちゃいますね~。
あはは、ヒガラちゃんの頭、なでなでしたいですか?分かりますよ~。ちょこっと立っているの、これでも冠羽何ですね。


投稿: ジュリジュリ | 2010年2月11日 (木) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/47475407

この記事へのトラックバック一覧です: 寒そうなヒガラとミソサザイ:

« 富士山と鷹 | トップページ | 初見のサンカノゴイ »