« シジュウカラの幼鳥と芋虫 | トップページ | ついにPCが・・・・・ »

2009年6月16日 (火)

ヤマガラの親子、餌の奪い合い?

6月7日、六甲山ハイキングコースとなっている金鳥山(338m)の中腹で鳥見をしてきました。

     *画像をクリックすると少し大きくなります。
     *ブラウザの戻るボタンで戻ってください。

090616yamahagi0607
ヤマハギ
もう萩の花が咲き始めていました。
登り始めてすぐ、キビタキの声や、センダイムシクイの声がします。大きな落葉樹が沢山あって、なかなかよさそうなところです。

葉の生い茂った薄暗いところに、ヤマガラの親子が、あちこちで見られました。その一組の親子のやり取りが面白いので、画像は悪いですが見てください。
ボケていますが、毛虫が出てくるので、苦手な方は気をつけてね。

090616yamagara10607
 「ほら、虫だよ。お食べ。」
 「早く、ちょうだい、ちょうだい。ピーピー」

090616yamagara20607
 「ところで、おまえ、何を持っているんだい?」
 「何も持ってないよ。」
   (実は、毛虫を足でつかんでいます。)

090616yamagara30607
 「それを およこし!」
 「わ~ん、ボクの取らないで~。ピーピー」

090616yamagara40607
 「待ってなさい。」
 「ボクの早く返して~。食べないで~。ピーピー」

090616yamagara50607
 「ほら、こうすれば、食べやすくなるのよ。」
 「うん、ありがとう!」

子供の食べ物を、親が横取りしたかと思いました。どうやら、子供が、なかなか食べられない獲物を、食べやすく調理?してあげたようですね。無事、子供のお口へと戻されました。

他に、ホトトギス、ソウシチョウ、オオルリ、キビタキが囀っていました。

090616kibitaki0607
キビタキ
頭の上を行ったり来たり、お腹しか見せてくれませんでしたが、きれいな色とさえずりを聞かせてくれました。

あと、出会ったのは、イノシシ2頭です。人馴れしていて、すぐ近くで、のんびりお食事しています。襲ってはきませんが、ちょっと怖かったです。

|

« シジュウカラの幼鳥と芋虫 | トップページ | ついにPCが・・・・・ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

親鳥がちゃんと食べやすくして、返してくれたんですネ♪
やっぱり親子ですネ♪
でも、すごいなぁ~
こんなシーンが見れるなんて!!
幼鳥だけだと、わからない姿ですねぇ
これから、いっぱい食べて親鳥と同じ色・姿になっていくのでしょうネ
シジュウカラ↓は、もう自分でエサ探ししてるのネ♪
うちの庭にも来て~
いっぱい虫がいるよ~(^^ゞ
先日、会社の巣から巣立ったツバメが電線に綺麗に並んで、親からエサをもらっていました。
4階の窓から覗き込んで見入ってしまいました~(^^ゞ
街なかでも、子育て頑張っていましたョ♪
囀りと共に、にぎやかで楽しい時期ですネ


投稿: orenge | 2009年6月17日 (水) 02時13分

ヤマガラちゃんも他の小鳥も今は餌取り
と飛行訓練に入る頃かな^^ケロリの近所の
家の軒下でも1日前は巣の中に居たツバメの
雛が次の日の日没には屋根の下の線に並んで
お休み中でしたよ^^可愛いものですね^^そして
キビタキが撮れるとはラッキーですね^^
ケロリの大台ケ原シリーズとは大違い^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2009年6月17日 (水) 05時06分

こんにちは。
ヤマハギの花早くも咲いて、綺麗ですね~。
涼しくて夏を飛び越したのかしら?

ヤマガラの子、可愛いですね♪
子育てドラマ、思わぬ展開やはり親心ですね。
ちゃんと見せてもらえて、ジュリジュリさんお見事good

キビタキ綺麗な色ですね、一度見てみたいです。
イノシシとの遭遇もなんてすごいです。
私は初めてヌートリアを見ました。

投稿: シマのママ | 2009年6月17日 (水) 15時18分

こんにちは~。
ヤマハギ とってもステキ、キレイな写真ですね♪
ヤマガラの幼鳥 久しぶりに見ました、やはりまだ色が薄いですね。
親子の会話 楽しく見させていただきました。
どんなシーンも ジュリジュリさんにかかるとステキなドラマになりますね、脚本家に向いてるかも(^^ゞ
キビタキにも会えたんですね~、お腹もきれいですよね。
私は今日もまたトンボを見に行って、オオルリとホトトギスの声を聞きました。
声は近かったのですけど姿は全然、声を聞くだけでもうれしいものですね♪

投稿: zucca | 2009年6月17日 (水) 15時45分

賑やかな声が聞こえてきそうで楽しいですね 狭い巣穴から出てきて楽しくて仕方ないのでしょうね。それよりも萩の花と葉のバランスが絶妙ですね。

投稿: きよ麻呂 | 2009年6月17日 (水) 19時43分

< orengeさんへ >
こんばんは!
食いしん坊の子供に、ちゃっかり親かと思ったら、違いました。子供は、食いしん坊ですが、親は、鳥の世界でも、ちゃんと子供の世話を焼いています。細かい気遣いがすごいですよね。感心しちゃいました。
どのくらいで、大人と同じ色になるのでしょうね。秋にはもう、分からなくなっているかな。
下のシジュウカラは、もう、餌を自分で探して、食べているようです。早く生まれた幼鳥たちは、もう、すっかり大人顔負けで飛び回っているようです。
お庭に、カラ類の団体さんが来てくれると、あっという間に、毛虫や芋虫を食べくれるでしょうね。毛虫芋虫ただで食べ放題と看板を出しても来てくれないですよね・・・新築のお家にシジュウカラさんが住みついてくれると虫さんを食べてもらえるのに。
お仕事の合間、可愛い巣立ちのツバメたちがみられると、ほっとされるでしょう。ちょっとした、息抜きができますね。ツバメの押し競饅頭も見てみたいな。ここでは、飛び回っているツバメばかり見ます。
町でも山でも幼鳥たちが賑わって、とても楽しい季節ですね。子育てが終わると、鳥たちが見づらくなるかな。

< 明日はケロリ^^さんへ >
こんばんは!
ここのお山では、ヤマガラさんの幼鳥が、餌くれピーピーと賑やかでしたよ。今は、どこでも、さまざまな幼鳥たちが巣立って、賑やかにいろいろなことをお勉強しているようですね。
ケロリさんのお近くでも、ツバメが巣立ったのですね。電線に巣立ち雛たちが並んだ姿、見てみたいです。可愛いでしょうね。ツバメはいるのに、どこで子育てしているのやら分かりません。
キビタキは、行ったり来たりしていたので、ちょっと、待っていたら、戻ってきました。お腹だけでしたが、見れてラッキーでしたよ。鬱蒼としていると、なかなか姿が見れませんからね。大台ケ原は、広く鬱蒼としていて、鳥さんが隠れる場所が沢山ありすぎるのでしょう。人の通るところは避けて奥のほうに潜んでいるのかもしれません。小さな森のほうが、出会う確率が高いかも。

< シマのママさんへ >
こんばんは!
萩の花と言えば秋のイメージですよね。もう咲き出しているのには驚きました。でも、図鑑によると、ヤマハギの花期は6~9月と長いみたいです。今から咲き出すとは知りませんでした。でも、気分的には、涼んだ感じがしましたよ。
鳥さんでも、親はすごいですよね。見ていて、感心しました。始めは、子供の餌を横取りするひどい親と思っていたのですけど。細やかな愛情に感動(ちょっと大げさ)です。
キビタキは、成熟したオスだと、喉からお腹にかけて、鮮やかな黄色をしています。黒い羽とのコントラストが素敵ですよ。オオルリがいたのですから、キビタキもいるかもしれませんよ。見つかるといいですね~。
六甲山系は、イノシシが多いところのようです。よく行く甲山でも見かけます。
お~、ヌートリアに出会いましたか。結構大きかったでしょう。ドブネズミよりは可愛いかな。厄介者らしいけど、気になる存在です。

< zuccaさんへ >
こんばんは!
ヤマハギ、きれいでしたよ。秋のイメージがあったので、ちょっと驚きましたけど。
今、カラ類の幼鳥が賑やかですよね~。ヤマガラさんは、暗がりで見ると、親と同じように見えちゃいます。餌ねだりしてない子も多く、よく見ないと見逃してしまいますね。
あはは、脚本家?流行りそうもないドラマができそうです。可愛い役者さんが上手に演じてくれるので、言葉がなくてもよさそうですが・・・・でも、楽しんでくれてありがとう。
トンボは、気になると追いたくなりますね。私もトンボと思いながら、今日は、川原散歩にしてしまいました。川原でのトンボ収穫はいまいちでした。
野鳥のさえずりを聞くと、気持ちが和みます。近くに、こんな鳥がいるんだと思えるだけでも、うれしものですね。
川原では、オオヨシキリ、セッカ、ヒバリと声が賑やかでした。

< きよ麻呂さんへ >
こんばんは!
ヤマガラの親子は、賑やかでしたよ。葉陰には、兄弟たちや、別の家族がいたようです。親も振り回されて忙しいことと思います。言うことを聞かない子供たちもいるのでしょうね。
花の写真は、苦手なので、嬉しいですね~。撮影しても、PCで見てがっかりすることが多いです。このヤマハギは、色合いがとてもきれいだったので撮りたくなった一枚です。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月18日 (木) 00時41分

ヤマガラの子育て、なかなか面白いですね。
思わずにんまりです。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年6月18日 (木) 14時23分

これは素敵なシーンに出会えましたねえ、羨ましいなあー。
ラッキー、ラッキー。

投稿: 野鳥大好き | 2009年6月18日 (木) 17時41分

金鳥山(338m)でもキビタキが見れるのなら生駒なら一杯いそうですね。
頑張って探そうかな。
ソウシチョウは増えすぎていますね~。

投稿: フォト原 | 2009年6月18日 (木) 17時54分

nrさんの所からこんにちは。

ここは、到着すると、
汗びしょびしょになるんですよね。。。(^^;)
地域性でしょうか、
ソウシチョウは多いように思います。

投稿: 旦那 | 2009年6月18日 (木) 18時47分

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
ヤマガラの親って、世話焼きですよね。他の鳥たちもきっと一人前に育つまで、いろいろ面倒を見てあげるのでしょうね。でも、面白いやり取りでしたよ。実のところはどんな会話がなされていたのでしょうね。

< 野鳥大好きさんへ >
こんばんは!
なんともほほえましい場面でしょう。なのに、私ったら、親が横取りしたかと思っていたのですよ。親鳥の面倒見の良さには驚きました。いい場面に遭遇して嬉しかったです。

< フォト原さんへ >
こんばんは!
あら、PC直ったのかしら?
低いお山でもキビタキ、オオルリいましたよ。キビタキは、別の個体ですが、営巣しているようでした。生駒山なら、沢山いそうですね。広くて探すの大変かもしれませんが。
こちらは、ソウシチョウが多いのですね。聞きなれない大きなさえずりにちょっと驚きました。

< 旦那さんへ >
はじめまして!ご訪問ありがとうございます。
同じ兵庫県民で、お隣さんですね。よろしく。
旦那さんも前日、ここのお山を登られていたのですね。ご近所の方は、お散歩コースのようで、スイスイ登っていました。私は、のんびり、鳥観察をしながら登るので、どんどん追い越されて・・・結構鬱蒼とした森があって、鳥が多いところですね。私も頂上へは行かず、途中で、別の道から降りてしまいました。
ソウシチョウは関西に多いのですか。篭脱け鳥が定着してしまったようですね。在来の鳥たちに影響はないのでしょうか。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月18日 (木) 22時33分

ヤマガラの子育てきれいに撮れていますね。
声はするけどなかなか姿が見えませんが、みんなどんどん大きくなっていくのでしょうね。

投稿: とりの なくぞう | 2009年6月19日 (金) 15時30分

< とりのなくぞうさんへ >
こんばんは!
ありがとうございます。暗くて、画像が荒くなってしまいましたが、どうにか、親子のやり取りが分かる写真になりました。確かに、葉が茂って、今は、見つけるのが大変です。うまく葉陰に隠れてしまいますね。今日のお山では、もう、親にねだっている姿が見れませんでした。エナガやシジュウカラの幼鳥たちも大人びてきたように見えました。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月19日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/45363652

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマガラの親子、餌の奪い合い?:

« シジュウカラの幼鳥と芋虫 | トップページ | ついにPCが・・・・・ »