« 透ける翅の蝶と別人に生まれ変わる蝶 | トップページ | ホソミオツネントンボとクロイトトンボ »

2009年6月 4日 (木)

夏鳥の通過組と残留組in甲山

甲山では、4月から5月まではいろいろな夏鳥たちがやってきますが、ほとんどが通過組。寂しいことに、ほんの一時立ち寄るだけで、どこかへ移動してしまいます。
どんな鳥が来るかというと、
クロツグミ(声のみ)、ツツドリ(声のみ)、ホトトギス(声のみ)、カッコウ(情報のみ)、コマドリ(声のみ)、サンショウクイ(情報のみ)、ブッポウソウ(情報のみ、今年初)、コルリ(情報のみ)、コメボソムシクイ(通過)、サンコウチョウ(通過)、オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、センダイムシクイ、ヤブサメ、ツバメ、コシアカツバメなど思い出せたものだけです。( )の中の、「声のみ」と「情報のみ」は私が姿を確認できなかった通過組です。

090602kibitaki0510
キビタキ・・・5/10             (画像をクリックすると大きくなります)
始めは、複数飛来してきて、賑やかだったのですが、今は数箇所で声が聞かれるだけの残留組です。

090602ooruri0510
オオルリ雄・・・5/10           (画像をクリックすると大きくなります)
暗い、遠い、フェンス越しで、ぼやけてしまいました。オオルリも始めは、複数いたのに、今は、一箇所?位しか、声が聞こえません。わずかな残留組がいるだけです。

090602oorurimesu0531
オオルリ雌・・・5/31           (画像をクリックすると大きくなります)
暗い遠いでしたが、雌が確認できました。虫を運んでいるので、子育て中と思われます。オオルリは、雌も囀ります。この雌も囀っていました。でも、オスのような大きな声ではなく、控えめな声でした。たぶん、巣が近くにあって、私たちに怒っていたのでしょう。巣立ち雛たちを見られるのが楽しみです。

090602senndaimushikui0510
センダイムシクイ・・・5/10        (画像をクリックすると大きくなります)
チヨチヨビーと鳴いていましたので、間違いないと思います。いつも、真上で、お腹ばかり撮れます。この子も、少しだけ、残留組みがいるようです。

090602komebosomushikui0524
コメボソムシクイ・・・」5/24       (画像をクリックすると大きくなります)
暗いし枝だらけで、見つけるのがやっと。ジッジ、ジロジロと鳴いていました。コメボソムシクイだと思います。この子は、たぶん通過組。

090602sannkouchou10510
サンコウチョウ・・・5/10         (画像をクリックすると大きくなります)
聞きなれない声がするので、よく見ると、木の枝から枝へ優雅に飛び回っているサンコウチョウを見つけました。尾が長く、アイリングが、ブルーです。遠くてぼやけた写真ですが、ここでは初見初撮りです。

090602sannkouchou20510
サンコウチョウ・・・5/10         (画像をクリックすると大きくなります)
だいぶボヤケていますが、頭の冠羽が、横に広がっているのがユニークです。

090602sannkouchou30510
サンコウチョウ・・・5/10         (画像をクリックすると大きくなります)
これも遠過ぎて、ぼやけていますが、尾がすご~く長いことがわかります。成鳥雄の特徴です。このサンコウチョウも通過組です。近くで繁殖していると嬉しいのですが・・・今は、ぜんぜん、声も聞こえません。

甲山は、賑やかなお客様たちが去って、もう、落ち着いてきました。今は、常連さんたちの幼鳥がだいぶ大きくなって、活発に飛び回っています。

|

« 透ける翅の蝶と別人に生まれ変わる蝶 | トップページ | ホソミオツネントンボとクロイトトンボ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

サンコウチョウをバングィングした方から聞いたところによると、あの青いアイリング、ななんと皮膚だそうです。そうそう、鳥のおもしろ私生活にも書いてありましたが、オオルリの雌が鳴く=警戒のことが多いようですね。餌運び、間違いなく育雛なのでしょう。

ねえ、今年ねえー、野鳥、夏の野鳥個体数少ないと思いませんかあ?。うちの公園だけだろうか。沖縄のお友達に聞くと、そうかあ?、と言われましたが、キビタも、オオルリもうちの園、もっと繁殖個体数が居たのに、今年は数える程。昔なんて、アオジを蹴飛ばして歩いたのに、仙台と、ヤブサメは多いんですがねえー、うーうーうん。

どうですか?、そちら。

投稿: 野鳥大好き | 2009年6月 4日 (木) 11時07分

< 野鳥大好きさんへ >
こんにちは!
メジロさんの白いアイリングは毛なんですよね。サンコウチョウのアイリングが、皮膚ということは、まぶた見たいな物かな。かなり分厚いけど。もしかしたら、サンコウチョウの体の色はブルーだったりして。そこまで青くないかな。
オオルリは、やはり、警戒して囀っていたのね。でも、ちゃんとした散策道だったので、皆が通るところなんですよ。神経すり減らしちゃいそうですね。無事育つといいけど。
もともと、甲山はそれほど多くはないと思うけど、キビタキが少ないような。通過組みも去年より少なく感じました。軽井沢でも、キビタキが少なかったかな。
あはは、アオジを蹴飛ばすほどいたの?すごいですね。ここでは、アオジは冬鳥で、今はどこかへ引っ越しました。
なぜか、ハシブトガラスの集団が居ついています。すごい数なんでちょっと驚いています。子育て中の鳥たちが気になるところです。
全体に、鳥たち減っているのですか?気になりますね。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 4日 (木) 14時48分

サンコウチョウうらやましいです。
以前1度だけ朝の散歩で見かけたことあります。
♂は尾が長くきれいですよね(^^♪

なくぞうの散歩道にはキビタキ♂が3羽さえずっていますが、ムシクイ系などは抜けちゃったようです。
そういえば今年はヤブサメとアオバズクの声がほとんど聞こえません。
鳥種によっては渡ってくるのが少ないのかなぁ。

投稿: とりの なくぞう | 2009年6月 4日 (木) 17時30分

< とりのなくぞうさんへ >
こんばんは!
甲山で、サンコウチョウに出会えたのは、初めてでした。毎年、通過していくのですが、タイミングが悪いらしくいつも会えませんでした。今回はラッキーでしたよ。雄の尾羽は優雅で美しいですね。もっと見ていたかったです。
そちらは、キビタキが複数いるのですね。いいな~。始めは、あちこちにいたのに、最近、お山を一回りしても1・2箇所でしかさえずりが聞こえないです。寂しくなりました。ムシクイは居残らないのですか。なかなか近くに残ってくれないものですね。
アオバズクもいるのですか。いいですね。フクロウ系の声は聞いたことがありません。夜はお山に行かないし・・・蛍の時期だけ行きますが、夜は静かです。
今年の夏鳥たちは、どうなのでしょう。身近なところだけの印象しかないのですが、少ない年もあるのでしょうね。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 4日 (木) 20時50分

こんばんわ、私が撮影苦手とする種ばかり綺麗に撮られてますね。オオルリの雌は見たこともありません。只今サンコウチョウを狙ってますがはずればかり。でも昼寝をホイホイで起されるの最高ですよ。

投稿: きよ麻呂 | 2009年6月 5日 (金) 21時11分

甲山は渡り鳥の通過地点のようですね。
タイミングがよければいろいろな渡り鳥が見られるのですね。
珍しい鳥、綺麗な鳥、まだお目にかかったことの無い鳥など、楽しませていただいています。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年6月 6日 (土) 07時57分

ジュリジュリさん、おはようございます。
キビタキ・オオルリ・ムシクイ 残留組ということは
甲山で繁殖しているのでしょうかね、
雛を見られるチャンスもあるかも~。

サンコウチョウ きれいですね~heart04
通過組みに会えてラッキーでしたね♪
長い尾とブルーのアイリング この世のものと思えないステキな鳥さんだと思ってるのですが、実際はどうなのか 見てみたいです~(^^ゞ

投稿: zucca | 2009年6月 6日 (土) 09時33分

< きよ麻呂さんへ >
こんばんは!
やはり、猛禽類がお得意なのでしょうね。私がめったに会えない猛禽類などに会われているのがすごいですね。私は、ぜんぜん、フィールド開拓しないので、あまり、広がりませ~ん。
フィールド探しは大変でしょう。サンコウチョウ見つかるといいですね。
う~ん、サンコウチョウのさえずりで、お目覚めなんて、夢のようです。そんなところが近くにあったら、毎日通ってしまいます。

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
ハイ、甲山は、渡り鳥たちの通過地点になっているようです。鷹渡りなども少しは見られるんですよ。でも、ものすご~く遠いです。天候にもよるのかもしれません。
東京では、なかなか会えなかった夏鳥たちも、ここでは近くで会えて嬉しいところです。ただ、もう少し、とどまってくれるともっと嬉しいのですけどね。それに、今は、葉が生い茂って、探すのが大変です~。

< zuccaさんへ >
こんばんは!
オオルリは、去年、幼鳥を確認しています。今年も、どうやら、子育て中のようで、期待しています。キビタキは去年、若鳥を見ているので、もしかしたら奥のほうで繁殖しているのかも。でも、分かりません。知らないところで、繁殖していると嬉しいのですけどね。
サンコウチョウは、ラッキーでした。数日はいるようなのですが、いままで、タイミングが合わず会えませんでした。
長い尾は飛んでいるとひらひら、とても優雅に見えました。ブルーのアイリングは、目立って、なかなかきれいな色でしたよ。でも、もうすこし近くで見たかったです。また会いたいですね~。昔は、高尾山の麓にもいたのですが、最近はどうでしょうか。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 6日 (土) 20時54分

こんにちは。

夏鳥たちが華やかですね。サンコウチョウは、結局見ただけで終わりそうです。今年はオスとメスのペアが電線ですが目の前に居たのを撮れなかったのがとても悔しかったです。
鳥見をする時間がないので分からないのですが、私も何となく少ないように感じます。

投稿: doudesyo | 2009年6月 7日 (日) 08時59分

< doudesyoさんへ >
こんばんは!
とりあえず、一通りの夏鳥たちが通過していきました。オオルリ、キビタキ、ヤブサメ、センダイムシクイ?たちは残ってくれています。
サンコウチョウのペアを見られたのですか。いいな~。これは、ぜひ、撮影したかったでしょうね。電線だと遮る物がなく、バッチリ見えていて、最高です。でも、こんなもんなんですよね~。絶好のチャンスに限って、カメラを持っていなかったりするんですよ。また、会えるといいですね。
お忙しいようですが、やはり、少なく感じられましたか。年によって、数に多少があるのでしょうね。沢山巣立ちして、来年は沢山やってくると嬉しいです。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 7日 (日) 23時22分

久しぶりにおじゃまして又PCの前で ワー可愛い~ワー綺麗~と一人で騒いでいました。
しばらく実家に行きますが実家の方が鳥に会えるチャンスが多いかもしれません。望遠鏡もあるし(^^♪

きりっとしたオオルリの姿いいですね~

投稿: ぽん | 2009年6月10日 (水) 10時34分

< ぽんさんへ >
お久しぶりです。
鳥さんを見に来てくださってありがとうございます。
相変わらず、きれいには撮れませんが、喜んで見ていただけると嬉しいです。
里帰りですか。鳥さんがいそうなんですね。それは楽しみです。鳥は、双眼鏡や、望遠鏡があると、びっくりするくらい、きれいだったり、可愛かったりしますよ。
沢山の鳥さんに出会えますように!
オオルリは、暗がり、金網越しで、画像が荒れてしまいましたが、かっこよさは、伝わったようですね。いつも、胸を張って、堂々としています。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月10日 (水) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/45217810

この記事へのトラックバック一覧です: 夏鳥の通過組と残留組in甲山:

« 透ける翅の蝶と別人に生まれ変わる蝶 | トップページ | ホソミオツネントンボとクロイトトンボ »