« コサメビタキの巣が・・・ | トップページ | 感動の赤い鳥-イスカ »

2009年5月16日 (土)

アカゲラとニュウナイスズメの仲は?

これから、少しGW中の話を載せます。東京帰省の途中、長野県に寄り、鳥見を楽しんできました。駐車場で車中2泊、保養所で2泊です。高速道路の1000円を利用して安上がりの帰省旅行となりました。

さて、今日は、アカゲラとニュウナイスズメの話。

090516nyunaisuzumeosu10430
ニュウナイスズメ雄・・・4/30戸隠    (画像をクリックすると大きくなります)
ニュウナイスズメの雄は雀とそっくりですが、もっと華やかな赤茶色をしています。そして、頬の黒い模様がありません。 

090516nyunaisuzumemesu10430
ニュウナイスズメ雌・・・4/30戸隠   (画像をクリックすると大きくなります)
ニュウナイスズメの雌は、全体に色が渋く淡いです。もっとも特徴的なのは、目の上の過眼線。はっきりした白っぽい線があり雀には見えません。
この子の向こうに見えているのは、啄木鳥があけた穴です。ニュウナイスズメは、樹洞やこのようなキツツキ類の古巣などを利用して巣作りをします。どうやら、2羽で、ここに新居を構えるみたいです。

別の場所で、また、ニュウナイスズメのカップルに出会いました。その近くにキョッキョという子がいましたよ。 

090516akagera10430
アカゲラ雄・・・4/30戸隠        (画像をクリックすると大きくなります)
アカゲラの雄が虫を探しながら木登りをしています。

090516nyuunaitoakagera10430
                       (画像をクリックすると大きくなります)
ぼやけた写真ですいません。
アカゲラ君が、登っていく先には、ニュウナイスズメのカップルがにらんでいます。

090516nyuunaitoakagera20430
                       (画像をクリックすると大きくなります)
またまた、写真がひどくてすいません。
ニュウナイスズメがうるさいので、アカゲラ君は、怒って威嚇しています。

090516nyuunaitoakagera30430
                       (画像をクリックすると大きくなります)
ニュウナイスズメたちを無視してどんどん登っていると、突然、ニュウナイスズメたちがアカゲラに向かって突撃してきました。写真の右上にぼやけて写っているのがニュウナイスズメの雌です。もちろん、雄もほぼ同時に攻撃してきました。

090516akagera20430
                       (画像をクリックすると大きくなります)
これはたまらないとばかり、隣の木に退散してきたアカゲラ君です。

このバトルの原因はなんでしょう。
ニュウナイスズメ夫婦が啄木鳥の穴を借用して作った巣にアカゲラが邪魔しに来たのか、アカゲラが使用中の穴をニュウナイスズメが横取りしようとしているのか、分かりません。
しかし、小さな体でもニュウナイスズメは気が強いんですね。子孫繁栄のためなら、夫婦で力を合わせて強くなれるのでしょう。

啄木鳥の古巣は、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、コムクドリなど、いろいろな小鳥達が巣作りに利用しています。きっと、あちこちで、争奪戦が行われているのかもしれませんね。

|

« コサメビタキの巣が・・・ | トップページ | 感動の赤い鳥-イスカ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
ニュウナイスズメの大きなアカゲラ撃退劇 なかなか見られませんよね~。
さすがジュリジュリさんです。
とっても素晴らしいドラマを見せていただき、ありがとう~。
鳥見中に出会う鳥達は 先の展開が分からないだけに 面白いですね。
面白いと言ったら 真剣な鳥さんたちに悪いかな(^^ゞ

アカゲラの赤い色がとってもキレイですね。

投稿: zucca | 2009年5月16日 (土) 20時45分

今晩は
小さいニュウナイスズメの勇気に感心しました。
子育てをしていたか、子育てを計画していたのかも知れませんね。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年5月16日 (土) 22時07分

こういった場面に出会えると本当にうれしいですね。
アカゲラが威嚇した後、反撃されてあわてている様子がよく分かって面白いです^^

投稿: kyara-mama | 2009年5月17日 (日) 01時25分

スズメ系と啄木鳥系は巣の取り合いで
けんかしてるのを見かけますね^^
でも巣の拝借はスズメ側かな^^立派な
穴は打ちぬけませんからね^^でも
先に入居したものの勝ちですね^^
信州は珍しい小鳥がたくさんで楽しめた
でしょう^^それに山並みの風景もこちらの
山々とは雰囲気が違います^^スケールが
大きくていいです^^ケロリも長野は5度
ほど出かけた事があります^^夜は良いところ
なら満点の星空で感動物ですね^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2009年5月17日 (日) 03時40分

< zuccaさんへ >
こんにちは! こちらにもありがとうございます。
面白い場面に遭遇しましたよ。啄木鳥の巣を利用した鳥さんたちを良く見かけますが、アカゲラとバトルしているのは初めて見ました。
始めは、アカゲラだけを追いかけていたのです。ニュウナイスズメは近くにいるな~と思いながら、気にしていなかったのですが、焦点をアカゲラに合わせようとしている間に、思わぬ事態になったのです。
ふふ、確かに、鳥さんたちは真剣ですが、かわいいし、面白い事件がいっぱいですね。だから、鳥見は飽きないのかな。
アカゲラは、こちらにもいるらしいのですが、会ったことがないのです。長野に行くと必ずいるので、会うのを楽しみにしている鳥です。

< ぴょんぴょんさんへ >
こんにちは!
ニュウナイスズメのこの行動にはびっくりしました。このときは、アカゲラさんにしか注目していなかったので、巣穴があったのか確認しませんでした。近くにニュウナイスズメの新居があったのかもしれません。繁殖にかかわっていなければ、大きなアカゲラを攻撃するような無謀な行動はしないですよね。

< kyara-mamaさんへ >
こんにちは! こちらにもありがとうございます。
意外な展開になって、私も驚きました。アカゲラさんを見つけて、喜んでピント合わせをしていたのですが、合わないうちにアカゲラとニュウナイスズメのバトルが始まってしまいました。焦点が合わなかったのは残念です。オートフォーカスなんだけど、前に枝があると効かないのよね・・・

< 明日はケロリ^^さんへ >
こんにちは! こちらにもありがとうございます。
そういえば、コゲラと雀のバトルを見せていただいたのは、ケロリさんでしたっけ?私も以前に見たことがあったのを思い出しました。
確かに、穴を掘ってくれたのは啄木鳥さんですね。苦労して掘った穴をもし、使うつもりだったものなら、啄木鳥だって黙っていませんよね。横取りしようとしている雀さんのほうが悪いのかな。でも、掘ることができない雀さんには横取りしか思いつかないのでしょうね。
今回は、思いもかけない鳥に遭遇しましたよ。このあとアップしますね。信州は、山並みがとても力強く逞しくて憧れる風景です。毎年、恒例のごとくGWは長野県へ訪れます。
ケロリさんもよく行かれますよね。標高が高いところは星空がさらに素敵です。今回も、寒かったですが、夜空はきれいでした。

投稿: ジュリジュリ | 2009年5月17日 (日) 11時57分

ああ、ニュウナイは気が強いですよお。わたし、エゾリスに体当たりするとこみたことあります。アカゲラが巣に近づきすぎたんでしょうねえー。

投稿: 野鳥大好き | 2009年5月18日 (月) 18時39分

< 野鳥大好きさんへ >
こちららにもコメントをありがとうございます。
ニュウナイスズメは、やはり、気が強いのですね。あや~、エゾリスにも体当たりですか。小さいのに勇気があります。巣に近づくものは、大きなものでも、すべて攻撃して、撃退するのね。命がけだ~。すごいパワーにびっくりです。

投稿: ジュリジュリ | 2009年5月18日 (月) 20時46分

鳥さん達のバトルは見かけますが、なかなか写真に撮れません。
ジュリジュリさん、さすがにきっちり撮っていますね。
ニュウナイスズメはちゃっかり巣を乗っ取ろうとしたのでしょうか?
アカゲラの写真がとても綺麗ですね。

投稿: シマのママ | 2009年5月22日 (金) 10時26分

< シマのママさんへ >
こちらにもコメントをありがとうございます。
そちらでも、鳥たちのバトルを見かけるのですか。私は、なかなか見かけないのですが、今回は、面白いところへ、遭遇できました。
狙っていたのは、アカゲラだったのですが、撮っているうちに面白ことに・・・でも、写真は、なかなか撮れませんよね。これもボケ写真になってしまいました。
どうも、古巣を利用しているニュウナイスズメの近くにアカゲラさんが近づいてしまったものと思われます。
写真、褒めてくださりありがとう!

投稿: ジュリジュリ | 2009年5月22日 (金) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/45021631

この記事へのトラックバック一覧です: アカゲラとニュウナイスズメの仲は?:

« コサメビタキの巣が・・・ | トップページ | 感動の赤い鳥-イスカ »