« GW中に出会った鳥・・・その2留鳥・漂鳥 | トップページ | 夏鳥の通過組と残留組in甲山 »

2009年5月30日 (土)

透ける翅の蝶と別人に生まれ変わる蝶

まずは、透ける翅を持つ蝶・・・ウスバシロチョウの話です。
5月23日、京都美山へ行ったとき、川沿いの少し開けた明るいところで白い蝶がひらひらと優雅に舞っているのに気が付きました。双眼鏡で見ると、黒い筋がくっきり。アゲハチョウ科のウスバシロチョウでした。鳥のほうは声のみだったので、初見の蝶が嬉しくてカメラで追い掛け回しました。

090529usubashirochou10523
ウスバシロチョウ・・・5/23京都美山町 (画像をクリックすると大きくなります)
対岸の藤の花で、吸蜜をしています。遠くであちこちにひらひら・・・

090529usubashirochouosu10523
ウスバシロチョウ雄・・・5/23京都美山 (画像をクリックすると大きくなります)
よく見ると、こちら側にもひらひらいました。ヤブデマリの花で吸蜜しているのは雄です。雄は、かなり体が毛深いです。

090529usubashirochouosu20523
ウスバシロチョウ雄・・・5/23京都美山 (画像をクリックすると大きくなります)
翅の向こう側がぼんやり見えているのですが、分かりますか。重なっている下翅や、ヤブデマリの装飾花が薄っすら見えるでしょう。

090529usubashirochoumesu10523
ウスバシロチョウ雌・・・5/23京都美山 (画像をクリックすると大きくなります)
こちらは、タニウツギの花で吸蜜中の雌です。体毛が少ないです。しかも、この雌は、腹部下端にスフラギスという構造物をつけています。

「スフラギス」ってなぁ~に?
上の写真で腹部下端の矢印で示されているところにある薄褐色の三角形をしたもの。sphragis(スフラギス)-交尾嚢または交尾付属物などと訳されています。これは、雄が交尾をした後に雌の生殖口を粘液で塞いだ構造物で、他の雄に交尾されないようにしたものだそうです。sphragisとはギリシャ語で封印という意味とか。このスフラギスは、ギフチョウなどでも見られ、アゲハチョウ科、タテハチョウ科で見られるらしい。
初めて見る現象なので、お腹にゴミをつけているのかと思っちゃいました。

090529usubashirochoumesu20523
ウスバシロチョウ雌・・・5/23京都美山 (画像をクリックすると大きくなります)
翅を開いたところです。体毛が少ないことが分かります。こちらも、羽を透かして、ピンクの花が薄っすら見えてます。すりガラスのようですね。

      .....。......。......。.....。.....。......。......。.....。.....。......。......。.....。.....

次は、別人に生まれ変わる蝶-サカハチチョウの話です。
5/2に軽井沢で突然、散策道の土の上に見慣れない小さな蝶が現れました。大きさは、大き目のシジミチョウといった感じです。(開張-35~45㎜) オレンジ色の目立つこの子は春に出現するタテハチョウ科のサカハチチョウ春型でした。

090529sakahachichou10502
サカハチチョウ・・・5/2軽井沢     (画像をクリックすると大きくなります)
近寄れず、角度が悪いですが、裏翅の独特の網目模様と、縦に入った一本の線がわかります。図鑑でしか見たことのない初見の蝶にうきうきでした。

090529sakahachichou20502
サカハチチョウ春型・・・5/2軽井沢  (画像をクリックすると大きくなります)
近くに飛んできて、開けゴマ!開いてくれました。白っぽい線が、八の字の逆さまだから、この名がついたそうです。この子は、春型。いろいろ検索してみると、私の見たこの子は、いやにオレンジ色が強く、黒いところが少ないようです。多少、個体差があるのか、地域差なのでしょうか?
夏に生まれ変わる子は、黒地に白い八の字があり、オレンジ色はほとんどありません。まるで、別種のように見えるそうです。別人に生まれ変わった夏型も見てみたいです。

 追記 ・・・6/16
 サカハチョウについて図書館で調べてみました。保育社の原色日本蝶類図鑑によると、サカハチチョウの春型の雌に、上の写真のようなオレンジ色の強いタイプがたまに出現するそうです。雄やたいていの雌はzuccaさんのところで紹介されているような黒っぽい色をしているようです。地域差については分かりませんでした。

    .....・。・~☆~・。・.....・。・~☆~・。・.....・。・~☆~・。・.....

ウスバシロチョウとサカハチチョウの詳しい説明をされた記事を
zuccaさんのブログ「zuccaさんの備忘録」-2009年5月25日にのせていらっしゃいます。2つの蝶の特徴が分かるので、ぜひ、ご覧ください。

|

« GW中に出会った鳥・・・その2留鳥・漂鳥 | トップページ | 夏鳥の通過組と残留組in甲山 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。
TBと ブログの紹介をありがとうございました。
ウスバシロチョウ きれいな花たちと一緒に撮れて ステキです。うらやましいなぁ~(^o^)丿
スフラギスっていうんですね、
私も途中出会った人に教えてもらいましたけど、雲の糸にかかったばかりのウスバシロチョウで 可哀想だったので写真撮れませんでした。
どの蝶もそうなのかと思っていましたが、お勉強になりました。
sphragisの写真 クリックしたら小さくなっちゃいましたよ~(^^ゞ

サカハチチョウ おまじないが通じてよかったですね~
開いてくれないとサカハチ見れないですものね。
翅の色 そちらのはオレンジが多いですね、裏高尾で私が見たのとずいぶん違います。
地域差なのか個体差なのか 各地のサカハチチョウを見比べるのも面白そう。
別人に生まれ変わる夏型 見てみたいですね!

投稿: zucca | 2009年5月30日 (土) 21時30分

度々お騒がせでごめんなさい。
私も TBさせていただきましたので、無事届いていたらよろしくお願いします。
(さっき書き込み忘れたので追記です)

投稿: zucca | 2009年5月30日 (土) 22時05分

こんばんは。
透かしがとっても綺麗な蝶ですね。
初めて見ました・・見てみたいですね~~~。

投稿: SEN | 2009年5月30日 (土) 23時50分

花の蜜に吸い寄せられるように、私も吸い寄せられてせいまいました~
zuccaさんのところでも、拝見しましたが、
スジがはっきりしたスケスケの蝶なんですネ
ちょっと毛深いみたいだけど(^^ゞ
スフラギスって言うのも、初めてです。
でも、動物だか魚だか???でもあるんでしたよねぇ~
何かで見たような聞いたような?
 
GW中に出会った鳥たちも、楽しく拝見させていただきました~
ミソサザイがかわいいです♪

投稿: orenge | 2009年5月31日 (日) 01時11分

ウスバシロチョウとサカハチチョウ、ともに珍しい習性を持っているのですね。そこをしっかり撮られて、勉強になりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年5月31日 (日) 15時39分

< zuccaさんへ >
最近見た蝶が、紹介されていたので、私もあわてて記事にしてTBさせていただきました。こちらこそ、ありがとうございました。
今回のウスバシロチョウは、沢山飛んでいたのです。藤は、甲山ではとっくに散ってしまったのに、ここでは、寒いのかちょうど見ごろでした。タニウツギもヤブデマリもきれいでしたよ。朝から、雨だったのですが、沢へ降りてきたときはちょうど晴れてきて、花と蝶の組み合わせが運よく見れました。
zuccaさんは、優しいですね。確かに蜘蛛の巣にかかった蝶は気の毒でカメラは向けられないですね~。スフラギスについては私は、全然知らなかったので、ゴミと思っていましたし、とにかく撮りまくっていました。帰ってから調べて知ったことです。
あれ~、写真のこと、教えてくれてありがとうございます。どうしたことか、小さくなっていましたね。直しておきました。
サカハチは人が来てすぐ飛んでしまいましたが、開いたところが撮れてラッキーでした。
この子、いやにオレンジでしょう。違うものなのか迷いました。たぶん、サカハチチョウだと思うのですが・・・
もう少しいろいろ検索してみますね。
夏型は、見つかったら、また見せてくださいね。見たいですよね~。
追伸すいません。TB公開しました。ありがとうございました。

< SENさんへ >
こんにちは!
最近、お会いしませんね~。
この蝶、結構きれいでしょう。本当に透けて見えるんですもの。破けないかと心配になってしまいます。
花や鳥を求めて、あちこち動かれているのに会われないということは、このあたりには、いないのかもしれませんね。私も近くでは見たことがないのです。もし、見つけたら、ご連絡しますね。

< orengeさんへ >
こんにちは!
ふふふ、ひらひら飛んでいらっしゃいませ~。
偶然、zuccaさんと、同じような時期にこの2種に出会ったみたいで、私も、遅ればせながら、あわてて載せました。
ウスバシロチョウは、ステンドグラスのように、スジがはっきり入っています。orengeさんもご覧になったことのあるスジグロシロチョウも少し黒い筋がありますが、ずっとはっきりしています。似ているのに科も違うしね。
私も、スフラギスは、初めて知りました。自分の子孫を残すための知恵なんですよね。でも、他の生き物でもこんなことをする種類があるのですね。知りませんでした。ちょっと調べてみようかな~。
前のも見てくださってありがとうございます。ミソサザイ、可愛いでしょう。色は地味なんだけど、とても大好きな鳥の一つです。力いっぱい囀っている姿は、ぜんまい仕掛けのおもちゃのように見えて、思わず微笑んでしまいます。

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
それぞれ、面白い特徴のある蝶です。初見の上に、調べているとただ美しいだけでなく、いろいろ分かって、蝶も興味深いなって感じました。サカハチチョウのほうは、強いオレンジ色が気になるので、もう少し調べてみたいと思っています。

投稿: ジュリジュリ | 2009年5月31日 (日) 22時43分

ウスバシロチョウ^^可愛いチョウですね^^
京都の美山に居ますか^^すき通った羽が
珍しい^^出かけたときは気をつけてみたいですね^^
これから夏だから見れそうです^^
サカハチチョウ^^本当にシジミチョウに
似てますね^^羽を広げるとモスラのような^^

投稿: | 2009年6月 1日 (月) 05時40分

< 明日はケロリ^^さんへ >
おはようございます!
お名前が抜けてましたよ。
ウスバシロチョウの翅の透けた感じがなかなかきれいでしょう~。京都美山へは、鳥見目的で散策したのですが、深い森で、鳥たちは声ばかり、遠くから響いていました。この日は、甲山なら晴れていたのに、美山は寒いくらいの雨。降りてきたら晴れて、この蝶に出会えました。
ウスバシロチョウは、年一回しか発生しません。暖地で、4月下旬~5月中旬頃、寒冷地で6月下旬~7月中旬頃しか見れないです。これからだと、少し寒い所へ行けば見れるかもしれません。
あはは、モスラー、懐かしいですね~。年がバレバレ・・・
少し、トリミングしすぎて、可愛くないですね~。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 1日 (月) 09時51分

サカハチチョウはこちらでも時々見ますが、ウスバシロチョウは憧れの蝶々。本当に翅が透けてるんでせすねー。お尻に栓をするんですねエー(貞操=えらいっ?)。見せて下さりぺこり。

蝶々図鑑=学研のお持ちではないですか?。えーと、わたしトップに張ってある図鑑=蝶々図鑑の最高峰です。
それによると、蝶々達の地域差は結構あるようですよ。

投稿: 野鳥大好き | 2009年6月 1日 (月) 19時08分

< 野鳥大好きさんへ >
こんばんは!
北海道は、サカハチチョウと、よく似たアカマダラがいるようですね。でも、本州にはアカマダラはいないようですし、この子は、サカハチチョウなんですよね。
ウスバシロチョウは、大まかに北海道、本州、四国に分布とありますが、私のチビ図鑑によると、北海道では、南部と少しに分布しているみたいですね。関東と近畿地方の一部と四国の一部には見られないようですし、九州でもほんの少し見られるところもあるようです。野鳥大好きさんのお近くでは見られないのですね。
この栓には、驚きました。雌は一生に一度のお相手がいるだけだそうです。これって、偉いのか、気の毒なのか・・・雄の競争は熾烈なものなのでしょうね。
高級な図鑑は残念ながら持っていません。欲しいけど、やはり高価です~。図書館で調べてみます。やはり、地域差があるのですね。教えてくださってありがとうございます。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 1日 (月) 21時10分

コン♪
ウスバシロチヨウ。去年伊吹山で初めて見たときは嬉しくて撮ってましたねぇ。
今年は、見たけれど撮らなかった。(´~`ヾ) ポリポリ・・・
スフラギスですか、今度探してみます。<(_ _)>

投稿: 翡翠♪♪  | 2009年6月 1日 (月) 23時58分

< 翡翠♪♪さんへ >
こんにちは!
このウスバシロチョウはきれいですね。私は、今年初めて見たので、やはり、嬉しくて撮りまくりました。
去年は、いろいろな蝶を撮られていましたね。サカハチチョウもありましたよ。今年は、見飽きましたか。見飽きるほどいろいろな蝶がいるとは羨ましいですよ。というより、鳥見ポイントが沢山増えたからでしょうか。
このあたりでは、見かけないのですが、山が深くないといないのでしょうね。
鳥がいないときは、蝶も楽しいですよ。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 2日 (火) 11時43分

こんにちは!

ウスバシロチョウは、昨年裏山を歩いた際に見掛けたきりです。
その時は写したのかなぁ〜?
カワトンボなんかも一斉に羽化する場所なんですが、今年はデジイチが壊れたままなんで行ってません。
やはり撮れなくても見に行きたくなりますね。
サカハチチョウは未見ですが、フォト原さんが生駒の山で写していましたね。
イサガキチョウと共に一度遭ってみたい蝶のひとりです。
春日山でギフチョウを、ちらっと見たくらいが今年の成果かも。

やはり、携帯からでは綺麗な翅も見辛いですね。
早く何とかしなくちゃ〜

投稿: 自然薯 | 2009年6月 2日 (火) 18時05分

< 自然薯さんへ >
PCが不通なのにご訪問ありがとうございます。
そちらの近くでは、ウスバシロチョウが見られるのですね。当たり前に見られると撮影する気にならないのかも。
カワトンボも沢山見られるのですか。いいな~。
デジイチがないと、やはり元気が出ないようですね。コンデジは無理があるのかな。
フォト原さんのサカハチチョウは裏羽が鮮やかに撮れてますね。アップも迫力で・・・この鮮明さの違いは機材+腕の差なんですね。しかし、大阪にもいるのですね。近くで探したいものです。
ギフチョウは、そちらで見られるのですか。いいな~。ぜひ見たいと思っている蝶です。六甲、甲山周辺はいないようです。もう少し北へ行くといくらかは見られるらしいのですが、どこへ行ったらよいのか・・・
見たい蝶は、まだまだ沢山あります。イシガキチョウは、このあたりではきっと無理かな。そちらでは、可能性があるのですね。まずは身近でどれだけ見られるか楽しみです。撮影となると、また難しいですけど。
PCどうにかなりそうですか。無事直るよう、祈っています。

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 2日 (火) 23時27分

ウスバシロチヨウ、綺麗なお花との取り合わせですね。
zuccaさんのところとはまた違って、こちらの薄紫にもよく似合っていますね。
サカハチチョウは生まれる季節で別人に変わるなんて不思議ですね。
もし人間もそうだったら、ちょっと楽しいかもしれませんね。
でも、見分けが付きにくくて困るかな?

投稿: シマのママ | 2009年6月 3日 (水) 16時26分

< シマのママさんへ >
こんにちは!
今回は、いろいろな花との組み合わせで写真が撮れて、嬉しかったです。初見の蝶だったので、なお嬉しくて沢山撮影しました。zuccaさんのところは、真っ白な花と緑でとても清楚なイメージでしたね。ここでは、白い花に限らず、色物もお好きなようでした。藤の花とウスバシロチョウは、着物の模様になりそうな感じですね。もう少し絵になるような藤の花と撮ってみたかったですが、思うようにいかないものです。
サカハチチョウの変わった姿をみてみたいです。オレンジの蝶から、黒い蝶への変身です。
ふふ、変身願望は、ありますね~。いろいろな自分に変身できたら、楽しいでしょう。確かに、人の特定ができなくなって混乱が生じそうですけど・・・

投稿: ジュリジュリ | 2009年6月 3日 (水) 23時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 透ける翅の蝶と別人に生まれ変わる蝶:

» 薄羽白蝶と逆八蝶 [zuccaさんの備忘録]
先週の晴れた日 蝶を見に裏高尾へ行ってきました。 目的地に着くとすぐに 今日のお [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 22時04分

« GW中に出会った鳥・・・その2留鳥・漂鳥 | トップページ | 夏鳥の通過組と残留組in甲山 »