« 冠羽をもつ冬の小鳥たち | トップページ | 瑠璃色の子たち・・・ »

2009年4月 2日 (木)

3月末の冬鳥達・・・甲山にて

3月28日、冬鳥達が気になって、甲山散歩をしてきました。
まだ、冬鳥達は健在でした。いつもより賑やかだったかもしれません。

090403ruribitaki10328
ルリビタキ                 (画像をクリックすると大きくなります)
なぜか赤みのある画像になってしまいました。この子は、梅林によく出てきてくれる子です。天敵のジョウビタキの女の子はいませんでした。

090403ruribitaki20328
ルリビタキ                 (画像をクリックすると大きくなります)
たまにしか通らない散策道にも青い子が遊んでいます。少し青みが薄いかな。

090403ruribitaki30328
ルリビタキ                 (画像をクリックすると大きくなります)
マヒワらしい子を確認しようと探していたら、見つかったのは、またもや青い子です。
他でも遠くに青い子が出てきてくれました。この日は、公園内で4個体の青い子と、メス型の子1個体とに出会いました。いつもよりずっと出が良かったです。

090403joubitaki0328
ジョウビタキ                (画像をクリックすると大きくなります)
このあたりは、ジョウビタキの女の子の縄張りだったのですが、なぜか、男の子が遊んでいました。かなり遠くでしたが、証拠として。
ジョウビタキの女の子の縄張りが、あちこちにあったのに、この日は出会いませんでした。上の個体とは別の場所でも男の子に会いました。女の子は先に旅立ったのでしょうか。園内では女の子がいなくなって、やっと、男の子がのんびり遊べるようですね。でも、まもなく旅立ちですが・・・

090403miyamahoojiro0328
ミヤマホオジロ              (画像をクリックすると大きくなります)
黄色い子もいましたよ。男の子2羽とアオジたちと仲良くお食事中でした。逆光なので目に光が入らなくて残念です。桜の木に止まったのですが、一瞬で遠く、写真は撮れませんでした~。

090403shirohara0328
シロハラ                  (画像をクリックすると大きくなります)
あちこちの林床で、落ち葉をガサゴソひっくり返しています。去年ほどではないような気がしますが、今年も沢山のシロハラがいます。

   ・・・ ~☆~ ・・・ ~☆~ ・・・ ~☆~ ・・・ ~☆~ ・・・

この日は、晴れていましたが、薄い雲が広がっているような空でした。猛禽でもいないかと上空を眺めていると、面白い現象を見ることができました。
内暈(ないうん)”うちかさ”とも言う現象です。

090403nichiun10328
内暈                    (画像をクリックすると大きくなります)
太陽の周りに赤っぽい光の輪ができていました。完全な輪だったのですが、広角レンズではないので全体が撮れず残念です。

090403nichiun20328
内暈                     (画像をクリックすると大きくなります)
望遠でも撮ってみました。淡い光なので、少し画面を暗く処理してあります。

この現象は、それほど珍しくないそうですが、私は、初めて見ることができました。あまり、空を良く見ていない証拠ですね。
内暈は、太陽にできるものを日暈(にちうん)、月にできるものを月暈(げつうん)というそうです。
空気中に長い六角柱の氷晶が水平にならずばらばらになったときに、太陽から約22度離れた円周に現れる光の現象だそうです。また、分光した光が交じり合うので、虹のようなきれいな色離れは少なく、赤だけが目立つようです。

詳しくは、上山さんのホームページ「大阪市とその周辺の蝶」のなかの
空の輝き:空と太陽にかかわる現象(気象光学現象)」 というページを見てください。さまざまな現象をとても詳しく説明されています。上記説明は、こちらのページを参考にさせていただきました。ありがとうございました。

 

|

« 冠羽をもつ冬の小鳥たち | トップページ | 瑠璃色の子たち・・・ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

わたくし、彩雲は良くみますがこれは見た事無いですよ。いいことがあるのでは?♪

ああ、水族館のお魚がわたくし撮影出来ない訳は、ほら、ガラス越しに撮影すると野鳥の写真もボケますよね?。水族館は暗いし、美ら海水族館の水槽厚みは60センチにもなるので、ピンがコンデジだと甘くて。一眼のMFで撮影しないと辛かったのでーす♪

沖縄にもDaurian Redstartのメス、いましたよ。珍しいのだそうです。

投稿: 野鳥大好き | 2009年4月 2日 (木) 19時02分

< 野鳥大好きさんへ >
こんばんは!
彩雲を良く見られるのですか。私は、まだ、1度だけかな。それも、たまたま、猛禽を追いかけていて、カメラに彩雲が写っていました。
こんな現象を見ると、やはり、いいことあるかしら。ちょっと期待しちゃいます~。
水族館のガラスはすごい厚みですね。それもそうだ。巨大な水槽だものね。確かに、ガラスや水は一眼でもAFでは、ピントが合いません。コンデジでは大変だったかも・・・
うひゃ~、英名なんだったかな?思わず調べちゃいました。少し覚えないとね。ジョウちゃんでしたか。なんとなく沖縄に似合わない気がしますね。そちらで、まだ雌がいるとなると、渡りはまだまだなのかしら。雌だけ行っちゃったかと思いました~。
南国で、心身ともにたっぷり癒されてくださいね~。

投稿: ジュリジュリ  | 2009年4月 2日 (木) 21時40分

ルリビタキ 沢山いますね~、みんな違う子ですか?
冬鳥まだいてくれるんですね、
こちらでは余り見かけないけれどすれ違いのかな(^o^)丿
内暈 色がきれいに撮れましたね~。
珍しくないといっても 滅多に見れません、良かったですね♪
いい事あるかもしれませんよ~。

私も 天頂弧というのを見ました、内暈の外側にできるらしいのです。(よくわかんないけれど(^^ゞ)
すごく得した気分ですよね、見られただけで嬉しいものです。

投稿: zucca | 2009年4月 2日 (木) 21時54分

もうツバメがやってきたのに、まだルリビタキやミヤマホウジロがウロウロしているのですね。
ということはまだなくぞうにもチャンスがあるかな(^^♪
貴重な気象現象に出くわすだけでもラッキーです。

投稿: とりの なくぞう | 2009年4月 2日 (木) 22時43分

おはようございます。

ルリビもジョビも集まって渡りでしょうか?

真昼の天体ショーなんですね。
たまに変わった雲やな~って思っても
そこまで観察してませんでした
反省しなくちゃ!
だった、ボクの楽天ブログは一応自然観察日記ですから(笑

投稿: 自然薯。 | 2009年4月 3日 (金) 04時18分

まだ居るんですね^^ルリちゃん^^
もうあきらめてましたが居るんですね^^
日曜日辺り、八幡の男山に上がるので
注意してみてみます^^居るといいね^^
空を見上げると時々変わった空模様を見る
時があります^^そんなときは、車の運転中は
ばかり・・・歩いてるときは、お目目が
銭マークに成っていて、大金が落ちてないか
下ばかり見てますので、空模様とは無縁の
ケロリです^^シロハラさんの写真
可愛いね^^餌探ししてても目が優しい^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2009年4月 3日 (金) 05時08分

おはようございます。
甲山というところは野鳥たちの宝庫ですね。今季はシロハラがきちんと撮れなかったので、ここで見れて良かったです。( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: doudesyo | 2009年4月 3日 (金) 06時58分

こんばんは。
ルリビタキいいですね。
特に3枚目の写真は色が綺麗ですね。
ミヤマホオジロもゲットされて凄いです。

いつも珍しい野鳥写真を楽しませてもらっています。

投稿: taka | 2009年4月 3日 (金) 21時46分

青い鳥って幸せの鳥のイメージがありますよね。 おまけに内暈←知らなかった~ 写真を見せていただいて得した気分です(=^・^=)

鳥たちみんな表情が可愛いですね。ルリビタキに会ってみたいなあ。

投稿: ぽん | 2009年4月 4日 (土) 11時21分

< zuccaさんへ >
お返事遅くなってすいません。
ルリビタキ君たちは、全部別個体です。青い子ばかり遊んでくれたのには驚きました。別れ際になって、急に愛想が良くなたみたい。でも、もしかしたら、移動中の個体もいるのかもしれません。ジョウビタキも、いつも見る縄張りの子はいません。別の雄が来ているのは移動中なのかと思ってしまいます。
内暈は、ラッキーでした。zuccaさんのお陰で、時々空にいろいろな現象が起きていないか、見るようになりました。でも、全然見つかりません。やっと、彩雲に引き続き、内暈も見ることができましたよ。いいことって、何かな~。明日試合なんだけど・・・あはは、これは実力が出るだけですね。
光の現象は沢山あるんですね~。今回調べていて、驚きましたよ。これからは、もっと、注意深く観察しないといけませんね。今回も、少しはなれたところもよく観察していればもっと何かが見えていたかもしれません。天頂弧、私も見つけられたらいいけど~。お空観察も楽しいですね。

< とりのなくぞうさんへ >
お返事遅くなってすいません。
そうなんですよ~。ツバメがピュンピュン飛び回っているのに、冬鳥達ものんびり?しています。というより、旅立ちの前の栄養補給が忙しいみたいですが。
お~、そうですそうです。まだこれからそちらへ移動する子達がいるはずですね~。ルビ君は途中の高い山にとどまるでしょうが、ミヤマ君は渡りますものね。
光の現象は、ラッキーでしたよ。いろいろな現象があるらしいのですが、なかなか気が付かないみたいです。意外と、空をちゃんと見ていないですね。

< 自然薯さんへ >
お返事遅くなってすいません。
今頃になって愛想が良いのは、そろそろ移動が始まっているからかもしれませんね。甲山で花見をしてから、のんびり出立するのかな~。桜は、来週のほうが見ごろですけどね。
昼間でも、お空は、結構見所があるみたいですよ~。雲も、形を見ているだけでも面白いです。中には、地震雲なんて言うのを観察している方もいます。彩雲はきれいですよ。ぜひぜひ観察してみてください。
自然観察と言うと、本当に幅広いですよ~。面白い現象を見つけてくださいね。

< 明日はケロリ^^さんへ >
お返事遅くなってすいません。
ルリビタキ君、先週はいましたよ。そちらにも、まだいるかもしれません。日曜日、出会えるといいですね。この日は、ルリビタキたち、道の明るいところへ出てきていました。この時期はなりふり構わず餌探しに夢中なのかもしれません。
運転中は、結構いろいろなものが目につきますよね。撮影できなくて悔しい思いをすることがあります。すぐには車を止められないですものね。
歩いているときは、探し物ですか?いままで、結構大金を見つけているのかな。子供の頃は、よく1円を見つけました。
これからは、お互いに、上を向いて歩こうですね。空を見るのもいい気分ですよ。
シロハラは、最近、ますます、激しく枯葉をひっくり返しています。それに、あまり逃げなくなってきたみたいです。よく見ると、大きな可愛い目をしていますね~。

< doudesyoさんへ >
お返事遅くなってすいません。
甲山は、六甲山系から少し離れた独立した小さな山ですが、いろいろ鳥たちが来てくれます。渡り鳥たちの通過地点でもあるみたいです。特に夏鳥たちは、長居をしてくれません。
でも、ほんのちょっと残ってくれる子たちがいるので、また楽しみです。
シロハラは、まだ、これからも撮影チャンスがありますよ。移動前は、愛想がいいような気がしますから。

< takaさんへ >
お返事遅くなってすいません。
ルリビタキは、なぜか、今頃になって、サービス満点です。青ルビ君にこれだけ会えるのは珍しいです。
今回であった固体の中で、最後の子の青が一番きれいだったかもしれません。他の子は、少し若いのかも。
ミヤマホオジロは、関西のほうが多いと聞いたことがあります。確かに、あちこちで情報がありますよ。関東の都心近くでは、情報が入ると、人だかりになっていたことがあります。ここでは、そんなことはありませんから、普通なのかな。

< ぽんさんへ >
こんばんは!
青い鳥は、チルチル、ミチルがさがしに行く幸せの鳥。そのイメージがあるのか、青い鳥は、人気ですね。それに、美しく、絵になるから、被写体としても人気があります。
内暈、私も今回はじめて知りました。さまざまな現象が起きているのに、気が付いたことがありませんでした。お空も、いろいろな楽しみがありますね~。面白いものを見つけてください。
ルリビタキは、東京の水元公園とか、明治神宮などで見られるかもしれません。思わぬ公園で出会えるかもしれませんから、鳥影には注意してみてください。でも、そろそろいなくなります。夏場は、高山に移動してしまいます。観光地の白駒池などでも見られますよ。いつか出会えると良いですね~。

投稿: ジュリジュリ | 2009年4月 4日 (土) 21時01分

ヒヨドリは落ち着いたらクイズにする予定でおりましたが、他の野鳥の囀りを真似しておりまする。なので、複雑で綺麗で、なおかつ良く解らん声になっとりまするわ。ノビタキも、イソヒヨドリも、クロツグミも、モズも同じく真似っこ野郎ですが、ヒヨドリも結構芸達者かと♪

片手打ちなので、これにて。
…、早く心も復活したい野鳥大好きです。辛い。

投稿: 野鳥大好き | 2009年4月 6日 (月) 21時43分

< 野鳥大好きさんへ >
疑問にご回答くださり、ありがとうございます。
そういえば、さえずりを真似する鳥、沢山いましたね。
ヒヨドリも、いろいろな鳥の真似っこなんですか。うるさい声や、面白い声やいろいろ騒いでいるので、面白い子だと思っていました。
あはは、芸達者な鳥たちが沢山いると、混乱が起きないですか。だまされるのは、人間様だけかしら。
これからは、声だけの判定は危険ですね。真似っこ鳥たちの仕業かもしれないし・・・じっくり姿を見ないといけませんね。
まだ、良くなったとはいえ、片手打ちなんですね。無理しないでください。
心のほうは、焦らずゆっくり癒してくださいね。

投稿: ジュリジュリ | 2009年4月 7日 (火) 21時17分

こんにちは。
今シーズン青いルビ君には、とうとう会えませんでした。
こちらでたくさん見せてもらえたので、好かったです。
シアワセをたくさん分けていただけそうです。

ミヤマホウジロもまだ見たことが無いのです。
見てみたいな~。
そして、綺麗な内暈ですね。初めて見ました。
私もめずらしい虹を見てから、空を見上げることが多くなりましたが、
そう簡単には見つけられませんね。
その後、何かラッキーな事がありましたか?
私は忘れた頃にラッキーなことがありましたが、
それが虹のお陰か他のアイテムのお陰かは判りません(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2009年4月18日 (土) 09時31分

< シマのママさんへ >
こちらにもコメントをありがとうございました。
青ルビ君には出会えず残念でしたね。そんな年もあるでしょう。年によって、鳥の出方もだいぶ違うみたいです。行かれた場所によっても違いますものね。また、来年の楽しみですね。
しあわせを呼ぶ青い鳥は、見ただけであちこちに効果がでるといいな。
ミヤマホオジロは、今年、見やすいところに出てきてくれました。この子も年によって出るところが違いました。来年は来てくれるといいですね。
内暈は、割とよく見られるとのこと。シマのママさんの天頂弧だったかな。逆さ虹のほうが珍しいですよ。しかし、いろいろな現象があるのですね。お空も面白いですね。今度は逆さ虹を見つけてみたいです。
ラッキーなことは、思い当たらないかな。テニスの試合は、見事に負けちゃったし・・・

投稿: ジュリジュリ | 2009年4月19日 (日) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/44541851

この記事へのトラックバック一覧です: 3月末の冬鳥達・・・甲山にて:

« 冠羽をもつ冬の小鳥たち | トップページ | 瑠璃色の子たち・・・ »