« 冬のふわふわなぷっくら鳥たち | トップページ | カワセミ »

2009年2月25日 (水)

アメリカヒドリとヒドリガモ

2月11日、久しぶりに、アメリカヒドリに出会いました。というのも、ヒメハジロに振られて、たまたま見つけたものです。

090225amerikahidori0211
アメリカヒドリの雄            (画像をクリックすると大きくなります)
たぶん純粋なアメリカヒドリだと思うのですが。顔は白地に黒の斑点、目の周辺から後頭にかけて、緑色をしている。脇腹は褐色。背中も褐色帯びている。

090225hidorigamo0211
ヒドリガモの雄              (画像をクリックすると大きくなります)
こちらは、純粋のヒドリガモ。頭の上はクリーム色。お顔は茶色。脇腹は、白黒の細かい縞模様。

090225hidorikouzatu0211
アメリカヒドリとヒドリガモの交雑種  (画像をクリックすると大きくなります)
一見、アメリカヒドリみたいですが、首の辺りは白地ではなく茶色。目から後頭にかけてはほぼ濃い茶色。脇腹にも、ヒドリガモの特徴である白と黒の細かい縞模様がある。以上のことから、交雑種と思われます。

このヒドリガモとアメリカヒドリは、よく似ているし、交雑しやすいらしい。しかし、繁殖地や越冬地は、ほぼ分かれている。
ヒドリガモは、シベリアから北ヨーロッパで繁殖し、日本、東南アジア、地中海沿岸などで越冬する。
一方アメリカヒドリは、北アメリカ、シベリア東部で繁殖し、中央アメリカ付近で越冬する。
この、シベリア東部で交雑種が生まれているらしい。
雄同士を見ても、顔以外はそっくりです。メスにいたっては、もっとよく似ています。顔の茶色が濃いか、薄いか位の違いです。他も若干の違いでたぶん私には見分けられないような気がします。残念ながら、今回は探す努力もしませんでした。

090225hidorimesuosu080213
手前がヒドリガモの雌         (画像をクリックすると大きくなります)
参考までにヒドリガモの雌の写真を載せておきます。

カモ類は、つい、雄の華やかさに目がひきつけられて、雌を見忘れてしまいます。雌も見分けられないと、何年鳥見しても、万年初心者から脱却できませんね~。

|

« 冬のふわふわなぷっくら鳥たち | トップページ | カワセミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

なる程だワールド^^これは勉強に成ります^^
オスメスの区別は難しいですね^^
特に混合種も入り乱れると余計ややこしい^^
その点ミコアイサは簡単ですわ^^しかし
遠い所まで飛びますね^^途中の休憩も入れる
でしょうが、海の上を飛ぶ時が一番大変でしょう
ね^^休む場所が無いし^^いやいや水鳥だから
海上で休憩するかな^^そして海が365度海まで
出ると方向がつかめないしね^^羅針盤のような
物を身体に供えている鳥類は凄いですね^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2009年2月26日 (木) 05時10分

おはようございます。

今回は前回から早いアップですね。
アメリカヒドリは比較的多いとは聞きますが、未だ見たことないです。探し方が足らんのやなぁ(笑)
その癖、アメリカコガモはおらんか〜!?って思ってます。
ほんとにカモさんは女の子だけ見たら判らないですね。
多分、ボクはまた女の子か〜状態で、オカヨシガモすら見逃してる間抜け鳥見人です(汗)

いよいよ怖面連隊が各地に到着してるみたいですよ〜

投稿: 自然薯 | 2009年2月26日 (木) 07時34分

< 明日はケロリ^^さんへ >
こんばんは!
アメリカヒドリとヒドリガモの交雑種は多いようで、純粋な子はどの子か分からなくなってしまいますよね。
たぶん雌にいたっては、私は全然分からないと思います。
今回、調べていて、ほぼ太平洋の東と西に別れているのに驚きました。名前に、アメリカとつくわけですね~。
分布域は広いですが、日本に渡ってくる子達がどこへ帰って行くのかは、分かりませんが、シベリア東部としても、遠いですね。
迷子にならないのがすごいですよ~。私は、方向音痴なので、鳥たちを見習わないといけませんね~。

< 自然薯さんへ >
こんばんは!
いや~、どんどん写真が溜まって、季節のあるものは早くしないと、捨てる羽目に・・・もう、沈丁花の香がしていましたよ。春が近いですね。冬鳥さんどうにかしないと・・・
アメリカさんは、私もあまり見ないです。いま、近くの川に沢山集まってきていますが、アメリカさんは気が付かないのか、見ないですね~。
コガモにも、アメリカさんが居るの~?もしかして冗談??
・・・図鑑見たら、居た~。アメリカコガモ居るんですね~。知らなかった。ヒドリガモよりもっと分かりにくい!!
一つ勉強になりました。ありがとうございます。
怖面連隊って?もしかして、ねばねば系が大好きな子達かな。こちらは今年来てくれるかな。去年は、ちらりと見ただけで、すぐどこかへ移動してしまいました。

投稿: ジュリジュリ | 2009年2月26日 (木) 19時01分

こんばんは~。
私も載せたのですが「これが純粋のアメリカヒドリ」ってのを見てみたいです。
一応載せましたけど自信がなくて・・。

投稿: SEN | 2009年2月26日 (木) 21時47分

こんばんは~。
水鳥は全然分からないけれど、交雑種まであらわれたらお手上げです(^_^;)
写真を見てキレイな羽にうっとりするだけにしよう。
こちらでも 嘴はカルガモなんですけれど、首の一部が濃い茶色のがいて 写真は撮ったものの図鑑に載っていません。交雑種かもしれませんね。

それと 以前のブログで アトリやウソが食べていた木の実の名前 アキニレ かもしれません。

投稿: zucca | 2009年2月26日 (木) 22時12分

こん♪
ヒメさんにも行きたいけれど。。。
なかなか帰れない。いつまでいてくれるでしょうか。

私も万年初心者です。雌のカモを見ようとしない。(^^ゞポリポリ \(__ )

投稿: 翡翠♪ | 2009年2月26日 (木) 23時05分

2羽並んでかわおもしろいですね。私も探さなくては。それとリンクさせていただきましたよろしくお願いいたします。

投稿: きよ麻呂 | 2009年2月26日 (木) 23時33分

今晩は。
アメリカヒドリはあまりいないみたいですね。未見です。福島県でも撮影されたようですので、いるらしいのですが、私は出会えないです。今シーズンは絶望的です。^^;

投稿: doudesyo | 2009年2月27日 (金) 00時05分

アメリカヒドリ良いですね~
あらら~ヒメハジロがお留守でしたか!!
カモさんは難しいので、イマイチ種類がわからないですわ~
どれも綺麗に撮れてますよ(^^)/

投稿: th0325 | 2009年2月27日 (金) 08時51分

こんにちは。
ヒドリガモの雄は当地で一羽だけ見たことがあります。
方向音痴の私のように集合場所を間違えたのでしょうか?
何日も留まってなかったから、みんなと合流できたのかしら。
アメリカヒドリ、ヒドリガモに交雑種どれも綺麗だと思うだけで、
今度見つけても見分けがつかないと思います。
音痴は方向だけでなく、見分けもそして当然歌もです(~_~;)

投稿: シマのママ | 2009年2月27日 (金) 11時49分

純粋なアメリカヒドリのようですね。
こちらは、アメリカヒドリとの交雑固体と思われるヒドリガモに出会いました。参考のため、TBさせていただきましたので、よろしくお願いします。

投稿: ぴょんぴょん | 2009年2月27日 (金) 16時47分

< SENさんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
SENさんのアメリカヒドリ、見せていただきました。たぶん、純粋の子だと思いますよ。きれいにアメリカさんの特徴が出ていますから。
交雑種は紛らわしいですよね。アメリカヒドリに似ていれば、多少混じっていてもアメリカ・・・でいいような気がしますが・・・いい加減かな~。

< zuccaさんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
微妙な違い出てくるのは困ります~。女の子は、特に分かりにくいけど、カモさんがお相手を間違ってしまうとはね~。しっかりして欲しいです。
カモの羽は、結構美しいですね~。色も華やかですし、メタリックカラーが光によって多少変わったりします。
カルガモさんは、マガモとよく交雑するみたいです。頭が少し緑がかったり、濃くなったりするみたいです。
アキニレですか。ありがとうございます。図鑑で調べると確かに、そんな感じです。今度、参考までに木の実や幹などもなるべくアップで撮影しておいたほうがいいですね。調べてくださってありがとうございました。

< 翡翠♪♪さんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
お忙しそうですね~。今週末は、こちらへ帰れるのでしょうか。
ヒメハジロさんは、兵庫県初認とのこと。会いたかったのですが、お留守でした。その後どうしているのでしょう。
カモの女の子は皆似過ぎてますね~。しかも、地味すぎです。そのためか、興味が薄れがちで・・・

< きよ麻呂さんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
ヒドリガモさん、カップルでかわいいでしょう。カモさんは、冬のうちから、カップルで行動するんですね~。
アメリカさん、探してみてください。
リンクありがとうございます。私のほうもリンクさせていただきます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

< doudesyoさんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
やはり、アメリカさんは、少ないのですね~。私は久しぶりでした。近場の川では、ヒドリガモが沢山居るのですが、アメリカさんは、見当たらないです。
また、来季、来るかもしれませんね。群れの中を探すのは、宝探しのようで、ちょっと楽しみです。

< th0325さんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
姫さんは、ご機嫌を損ねたのか、この日は、というより私が居る間は、出て来てくれませんでした。
一日で、ヒメちゃん、赤い子、白い子としっかりゲットされている方がいらっしゃるのに、私は、鳥運悪いようです。でも、久しぶりのアメリカヒドリに会えて、良かったかな。

< シマのママさんへ >
こんばんは!お返事遅くなりました。
一羽だけで居ると、どうしたのって思いますね~。
カモたちは、たいてい、集団で居ますものね。ここの川では、始めは小集団であちこちに居ますが、春が近くなると、大きな群れになってきます。どこから集まってきたのかと思いますよ。きっと、一羽の迷子さん、群れに戻ったのでしょうね。
交雑種は、私も見逃してしまいます。写真にとってから、あれ?と思ったりします。現場でもいまだに、図鑑持ち歩いて、よくにらめっこしていますよ。
歌・・・歌うの嫌いじゃないけど、人には気の毒で聞かせられない~。

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
TBありがとうございます。早速、公開しました。後ほど、こちらからもTB送りますのでよろしくお願いします。
ヒドリガモさんは、混ざってしまう子が、結構いるのですね。近くにアメリカヒドリは居ませんでしたか。群れの中を探すのも楽しいですよ。たいてい居ないのですが・・・

投稿: ジュリジュリ | 2009年2月27日 (金) 21時37分

3月ですね!
今日久しぶりにジュリジュリさんが来てくれたのに、私が庭に出ていたので、水のみ場に下りて来れなくて素通りでした。ごめんね~。

アメリカヒドリは、まだ見たことがありません。
交雑種は結構いるのですが・・・。
ヒドリガモを見慣れているせいか、けんかして青ざめたみたいな印象ですね(笑)
アメリカコガモもこちらにたまに入るらしいのですが、これも未見。
ヒメハジロ、きれいなカモみたいですね~。
みないつか見て見たいです。

先週は、ヤマセミとイスカにふられっぱなしでした。
追いかけると逃げるのね~、いとしいあなた~♪
今週は地元でヤドリギ探しです^^
緋、黄、共々見つかるといいなぁ・・・。

投稿: kyara-mama | 2009年3月 1日 (日) 23時33分

< kyara-mamaさんへ >
わ~、お久しぶりです。お元気でしたか。
ふふ、お庭へ飛んでいったのですよ~。どうしているかと思って・・・
アメリカヒドリは久しぶりです。めったに会いませんね。アメリカコガモは知らなかったので、探したことありませんでした。これから、コガモも宝探しができます。そちらは、情報があるのですね~。
ヒメハジロは、こちらに来たのは女の子のようです。それでも、この子目当てに多くの人が来ていました。ついに見られませんでした。来季も来るかしら・・・
ヤマセミは、私も振られてばかりです。イスカも居るのですか。羨ましい~。こちらも、レンジャク情報が飛び交っています。私は、のんびり、来るのを待つことに。これでは会えないかな。お互いに、出会えるといいですね。そうこうしているうちに夏鳥たちが来てしまいます。鳥さんもいろいろ追いかけていると忙しいですね。

投稿: ジュリジュリ | 2009年3月 2日 (月) 01時47分

突然お邪魔します。
79歳のお爺さんです。
今日アメリカヒドリの交雑種の様なヒドリガモが1羽居ましたが、なかなか本物のアメリカヒドリに会えないで、
検索していたら此処で本物に出会うことが出来ました。
私が今日撮ったアメリカヒドリのハーフさんは、眉班は緑ですが、顔は茶褐色でヒドリガモ♂と同じです。
本物のアメリカヒドリを見せて頂いて有難う御座いました。

投稿: 藤 | 2014年2月25日 (火) 23時17分

投稿: | 2014年2月27日 (木) 21時25分

今晩は、写真の投稿に仕方が分りません。
教えて下さい。cancer

投稿: 藤 | 2014年2月27日 (木) 21時35分

写真の投稿の方法を教えて下さい。

投稿: 藤 | 2014年2月27日 (木) 22時30分

< 藤さん >
お返事遅くなって大変申し訳ありません。
コメントくださりありがとうございます。
なかなかアメリカヒドリは見つからないものですよね。この固体もたぶんとしか言えないですが・・・・・
でも、たくさんのヒドリガモの中からちょっと違う個体が見つかると宝物を見つけたような気持ちになりますね。
遅くなってしまったので、もう、投稿の仕方が分かっていらっしゃるかもしれませんが、メールを出しますね。

投稿: ジュリジュリ | 2014年3月 1日 (土) 15時01分

ジュリジュリさん
  早速私にまでご返信と分り易いメールまで頂きまして有難う御座います。
私はブログは何もやっていません。
9年前から知人がやっているホームページの掲示板に投稿して、関西や甲信越や東北や関東の仲間とコメントや野鳥の写真をやり取りしています。

「木漏れ日ゆれるバルコニー」の皆さん方のキジを覗かせて頂きましたが、コメントの記事が暖かく親しみ易い
掲示板ののように感じましたので、入って見たくなりました。

私は年寄りでなかなか理解力が鈍いのですが、メールをコピーして写真の投稿の仕方も順次勉強しようと思っています。
宜しくお願いします。

投稿: 藤 | 2014年3月 1日 (土) 19時23分

< 藤さんへ >
私は、勘違いをしていたようですね~。
藤さんがこれから、ブログを作成されるのかと思って、メールを送ってしまいました。
私のブログには、掲示板が設定されていないので、残念ながら、こちらには、写真を投稿していただけません。藤さんの写真を見れないのは残念です。
でも、ここへいらしてくださり、コメントまで残してくださってありがとうございます。しばらく、更新していませんでしたが、たまには、投稿しようか、設定を変更しようかとちょっと刺激されました。

投稿: ジュリジュリ | 2014年3月 3日 (月) 10時15分

ジュリジュリ さん
  再度コメントを頂きまして有難う御座います。
掲示板は無い事は了解致しました。
ココログ広場で遊び方を見たり、つぶやきをしてみました。あばたーがやっと出来ましたが、まだ不慣れで、何処に皆さんが居られるのか探しています。

投稿: 藤 | 2014年3月 6日 (木) 21時08分

< 藤さんへ >
再び遅い返事ですいません。
掲示板がないので、写真情報のやり取りができなくて残念です。
もし、ブログデビューされたら、また、コメントくださいね。

投稿: ジュリジュリ | 2014年3月10日 (月) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/44171206

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカヒドリとヒドリガモ:

» ヒドリガモ [My Tiny Flower Garden]
この日(1月8日)は、朝は寒さが厳しかったが、日中は風がなく、「乙戸沼」の水鳥た [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 16時42分

« 冬のふわふわなぷっくら鳥たち | トップページ | カワセミ »