« 業平鳥見会(湖北)-その1 | トップページ | 師走の川原にて »

2008年12月19日 (金)

業平鳥見会(湖北)-その2

さて、12月13日鳥見会報告その2です。
やはり、今回の主目的であるオオワシさんに登場してもらわなくてはいけませんよね~。泣けてくるような写真なんですけど・・・

081213oowashi
わかるかな?               (画像をクリックすると大きくなります)
あ~あ、300mmレンズの限界を感じちゃいます・・・背中を見せて、左を向いているオオワシがいるんですけど・・・

0301112oowashi1 ご参考までに、左の写真(画像をクリックすると大きくなります)は、2003年にKOUが北海道にて撮影したオオワシの少々若鳥です。成鳥になると、肩羽がもっと真っ白になります。湖北のは、老熟した個体と聞きました。このように、黄色い嘴がとてもチャーミングな大きなワシさんです。
全長雄88cm雌102cm、翼開長220~245cm、冬、日本にやってくる最大の猛禽類(迷鳥は除く)です。 それなのに、今回は遠かった~。

081213sakaturagan
起きてくれない~             (画像をクリックすると大きくなります)
オオヒシクイの中に、一羽だけサカツラガンが混じっています。湖北では、初認だそうです。近年では、日本に数羽しか渡来しなくなってしまった珍しいガンです。周りのオオヒシクイは、オオワシとともに国の天然記念物に指定されています。貴重な鳥たちなんですが、ちっとも起きてくれません。大勢のカメラマン達がお目覚めを気長に待っていました。
起きてくれれば、違いが一目瞭然なのですが。寝ているときの見分け方は、喉から首前面が白い。オオヒシクイより赤茶色っぽい。一回り小さい。とセンターの方が教えてくれました。皆さん、よく見つけましたね。感心します。

ホオジロガモ、カワアイサ、ミコアイサなど、沢山の水鳥たちが浮いています。でも、皆遠すぎで、写真になりません・・・

・・・で最後に、やっと、撮らせてくれたのは、初見のヘラサギでした。

081213herasagi1
顔を隠して                (画像をクリックすると大きくなります)
ふわふわの羽の中に顔をうずめているあなたは誰?

081213herasagi2
長い嘴                   (画像をクリックすると大きくなります)
あら、お目覚めね。長い嘴で羽のお手入れ。

081213herasagi3
変わった嘴                (画像をクリックすると大きくなります)
入念にお手入れですね~。草でよく見えないけど、嘴、変わってない?

081213herasagi4
みてみて。                 (画像をクリックすると大きくなります)
立派な嘴ね。長~い杓文字みたい~。ヘラ状の嘴から、ヘラサギという名前がついたのね。
嘴の色が、肉色なのは、若い固体。成鳥の嘴は、黒く先端が黄色になるそうです。

081213herasagi5
もう一つ若鳥の証拠           (画像をクリックすると大きくなります)
嘴の色のほか、初列風切羽の外側と先端が黒いのも若鳥または幼鳥の特徴です。上の写真は、白飛びしていて、見づらいですが、分かリますか? ここには3個体いましたが、皆若鳥のようでした。成鳥冬羽は全体が白色です。
この子たちも渡来数わずかという冬鳥で人気者です。大勢のカメラマンたちが構えていました。

今年最後の業平鳥見会は珍しい貴重な鳥たちを見ることができて、とても贅沢な鳥見になりました。今回は会えませんでしたが、ここには、アカツクシガモやコクガンなども入っているそうです。

以上、鳥見会報告でした。

|

« 業平鳥見会(湖北)-その1 | トップページ | 師走の川原にて »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
湖北も色々珍しい鳥が見られて楽しいですね。オオワシ、ヘラサギにはまだ会っていません。注意深く観察すれば見られるのですね。
その昔、大津に住んでいたことがあり、湖北には何度か出かけたことがあるのですが、オオワシやヘラサギなどがいるとは思っても見ませんでした。その当時は野鳥には関心が無かったためです。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年12月19日 (金) 18時54分

こんばんは。
貴重な鳥たちと出会えて 収穫多い鳥見会で 良かったですね~。
こちらにいたらあえなかったかも知れませんよ~。


投稿: zucca | 2008年12月19日 (金) 22時42分

珍しい鳥が沢山ですね。
これだけ見ることができたら、
寒さも忘れますね^^

投稿: kyara-mama | 2008年12月19日 (金) 23時32分

オオヒシクイ寝てましたね^^
活発に動いてたのは朝の7時頃ですね^^
朝駆け鳥見で得したのはケロリと自然薯さん
だけ^^オオワシ見えた見えた^^
木の枝に止まってますね^^ケロリはフィールド
を見て、手強そうだったのでハクチョウさんに
引かれてウロウロしてました^^
湖北は珍しい鳥が沢山居ましたね^^ケロリは・・・
弁当屋さんを始めて「いろとりどり弁当」を売れば
儲かりそうだなとか銭勘定してました^^
弁当につける汁物はヘラサギさんに任せて具を
かき回してもらうと味が染み込んだ美味しいものが
出来そうです^^
このヘラサギ若鳥なんですか^^大人に成ると
黒くなるのですね^^若鳥なら体力ありそうです^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年12月20日 (土) 05時10分

< ぴょんぴょんさんへ >
お返事遅くなってすいません。
オオワシや、ヘラサギは、数少なく、珍しい野鳥です。なかなか見られないとおもいます。
大津に住んでいらしたことがあるのなら、琵琶湖は懐かしい場所なんですね。
オオワシも、ヘラサギも、その頃にいたかどうかは分かりません。鳥さんたちも、突然来るようになるもの、また、来なくなるものなどがいるようです。
私も、鳥に興味のない頃の旅行が悔やまれます。でも、身近で野鳥たちに出会えることが楽しいですよね。

< zuccaさんへ >
お返事遅くなってすいません。
遠出をした甲斐があって、いろいろ珍しい鳥たちに会うことができました。初見の鳥にも会えたし、一日中水鳥たちを堪能しました。
確かに、こちらに引っ越してきたからこそ行かれた場所ですね。そう思うと、なるべく、こちら方面のいろいろなところへ行っておきたいですね。近場も、じっくり観察しておきたいし。東と西の違いを存分に感じ取っていきたいですね。

< kyara-mamaさんへ >
お返事遅くなってすいません。
いろいろなところで、さまざまな鳥たちに出会えたので、楽しかったですよ。
しかも、この日は、暑いのなんの。防寒着を着過ぎて、汗かいちゃいました。コートは途中で、車へ、フリースジャンパーもザックの中へ。どんどん脱いでいく羽目に・・・
冬の鳥見ですが、とてもありがたい気候でした。

< 明日はケロリ^^さんへ >
お返事遅くなってすいません。
やはり、朝早くにはオオヒシクイたちは、活動していたのですね。ケロリさんたちは、すごい。夜中に突撃はとても真似のできないことです。
オオワシは、やはり、デジスコですよね。とりあえず撮影してみましたが、このような状態です。でも、何かいるのは分かるでしょう。
鳥たちに手伝ってもらって、お弁当屋さんでも開きますか?でも、鶏肉は使えませんよ。怒られてしまいます。鳥たちも大軍団となれば、かなり脅威だと思います。
ヘラサギさん、図鑑によれば、まだ、大人になっていないようです。真っ黒な嘴になっているのも見てみたいですね。また、成鳥夏羽になると、冠羽と首の一部が黄色になるようです。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月21日 (日) 00時04分

わー、ヘラサギ3個体も居たんですか?、それは凄いや。
過去ウトナイでヘラサギを見た時も、とかったあー。
オオワシ成鳥、毎年同個体なんでしょうね、きっと。
札幌でもオジロワシには会えても(昨日も園内上空を若オジロが飛んでました)、なかなかオオワシには会えませぬ。

投稿: 野鳥大好き | 2008年12月22日 (月) 14時50分

< 野鳥大好きさんへ >
こんにちは!
は~い、3個体いたのです。すごいことだったんですよね。ヘラサギは初見で、調べるまでそれほど渡来数が少ないとは知りませんでした。貴重な子達を見てきたんですよね~。ヘラ状の嘴がめちゃかわいかった~。また、会える機会があるかどうか・・・
オオワシは、どうやら、毎年同じ個体が来ているらしいです。どうして分かるのかな~。それに、なぜ、一羽だけこんなところへ来るのでしょうね。私達にはうれしいことですけど。
北海道へ行っても、オオワシさんは貴重なんですね~。流氷に乗ったオオワシやオジロワシを見てみたい~。カッコイイだろうな~。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月22日 (月) 18時26分

こんばんは
オオワシは遠かったですね。
こんな時はデジスコが一番です。
ボクも、もっと大きな明るいスコープが欲しくなりました。
サカツラさんにヘラちゃん
とても珍しい子に遭えて最高でしたね。

ただいま帰ってきました。
TDR、ジュリジュリさんの実家近くなんですね。
かなり疲れました(笑
でも逃亡して白い子や、川のアイサくんにも遭えたから良かったかも(笑

投稿: 自然薯 | 2008年12月22日 (月) 20時21分

< 自然薯さんへ >
あはは、私のカメラでは、これが精一杯です。
スコープがないとだめですね~。
遠くてもオオワシさんに会えたし、寝ていたけど、サカツラさんも見つかったし、最後に、ヘラちゃんたちは、時々起きてくれて大サービスでしたね。
お陰さまで、珍しい子達にあえて楽しかったです。
遠出、お疲れ様です。
できたばかりの、空いている頃に何度か行きましたよ。今は人が多くてそれだけでも疲れるでしょう。
鳥見もできてよかったですね。白い子バッチリです。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月23日 (火) 15時05分

はじめまして。doudesyoといいます。
見た事の無い、オオワシ、サカツラガン、ヘラサギの写真が連続で見ごたえがあります。素晴らしいですね。300mmとは思えない大きさですし、いいですね。また寄らせていもらいます

投稿: doudesyo | 2008年12月25日 (木) 23時37分

< doudesyoさんへ >
初めまして!
コメントありがとうございます。
珍しい鳥たちに出会えたのは、鳥見会のお陰です。普段は、身近にいる野鳥を撮影しています。
褒めてくださりありがとうございます。写真は、すべてトリミングしています。300mmレンズでは、なかなか野鳥を撮るのは大変ですが、気楽に持ち歩けるには、これが限界かと思っています。
doudesyoさんのデジボーグ、すごそうですね~。鳥のイラストやマンガも素敵です。ゆっくり伺いますね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月26日 (金) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/43462115

この記事へのトラックバック一覧です: 業平鳥見会(湖北)-その2:

« 業平鳥見会(湖北)-その1 | トップページ | 師走の川原にて »