« 行く鳥、来る鳥 | トップページ | 冬の赤い鳥、黄色い鳥 »

2008年11月29日 (土)

紅葉の甲山にて

11月26日、冬鳥を求めて、甲山を散策した。

081126kabutoyamakouyou
                      (画像をクリックするとと大きくなります)
お山は、すっかり紅葉している。常緑樹が多いと思っていたが、結構色づいていました。

公園内で、エナガやカラ類、メジロなどの混群に出会いました。相変わらず、動きの早い子達です。目の前を通過しているのに、ピントが合いません。ブレボケ写真の量産でした。

081126enaga
エナガ                  (画像をクリックするとと大きくなります)
木陰のためか、ボケ写真ばかりでした。これも枝に合っているみたい。

081126ruribitaki
ルリビタキのメスタイプ        (画像をクリックするとと大きくなります)
エナガたちのなかに、ジジッと声がしたので、上を見上げると、目の大きな鳥さんが・・・白いお腹で始めは、コサメビタキかと思ってしまいました。よく見ると、脇腹にオレンジ色の羽が見えてます。ルリビタキでした。真下からでは、分かりにくいですね。

081126mejiro
メジロ                  (画像をクリックするとと大きくなります)
混群の中には、メジロもいました。この子、キノコをつついています。おいおい、毒キノコじゃないの? おいしいのかな?

さてさて、川原のほうではベニマシコ情報が出ていましたが、会えずじまい。

081126hoojiromesu1
ホオジロの雌              (画像をクリックするとと大きくなります)
結局、遊んでくれたのは、この子でした。

081126hoojiromesu2
ホオジロの雌              (画像をクリックするとと大きくなります)
お気に入りの場所なのか、のんびりしています。そろそろ、私のほうが移動したかったのですが、なかなか動きません。立とうと思ったら、別個体の子に追い払われ誰もいなくなりました。

081126hoojironomesu4
                      (画像をクリックするとと大きくなります)
もう一枚、ホオジロの写真を追加します。正面顔がちょっと怖くも、おかしくも見えますね。3枚の写真は、すべて、同じ個体です。・・・12/2

          

|

« 行く鳥、来る鳥 | トップページ | 冬の赤い鳥、黄色い鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

エナガ可愛く撮れてますよ^^
エナガさんは縫いぐるみにすると
可愛らしいでしょうね^^
ルリビタキ^^ジジっと鳴くのですか^^
ケロリも今度気をつけて神経を集中しときます^^
おめめパッチリで可愛く撮れてますね^^
キノコ食べてるメジロさん大丈夫でしょうかね^^
野生の動物だから判断できるのだろうと思う
けど^^心配してしまいます^^
ホオジロさんはケロリのフィールドにはウジャウジャ
居ますがミヤマホオジロが撮りたいね^^
ベニマシコも撮りたい^^最近更新の間隔が伸びて
ますね^^お忙しいのかな^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年11月29日 (土) 18時14分

コン♪
そちらの小鳥達に会いたい。。。
シグナルな鳥たちはやっぱりそっちがいいです。。。
こっちのは大きいのばっかり。

探鳥会 アカツクシカモは、ちょっと離れています。レンタサイクル借りれば行けますが。。。

投稿: 翡翠 | 2008年11月29日 (土) 21時35分

そちらもいよいよ紅葉ですね!
私も今日ルリビ(♂)を今シーズン初見してきました。
来たばかりなのか、暗がりから出てきてくれませんでしたが、
ヒッヒッと元気に縄張り宣言していましたhappy01
メジロ、変な物食べるのですネ~。
それとも、下に何か虫がいたとか?

木の葉が散り始め、高いところの鳥がよく見えるようになって来てうれしいですhappy02

投稿: kyara-mama | 2008年11月29日 (土) 22時38分

こんばんは!

ホオジロって何故かまだ見かけませんね~
ルリッチの青い男の子は先日見たんですが
写真には撮れず・・・

オオワシさんやって来てますよ~
行かれますか~?

投稿: 自然薯 | 2008年11月30日 (日) 00時07分

< 明日はケロリ^^さんへ >
エナガさん、おしりばかりピントが合ってしまいましたが、好きな子なので、載せちゃいました。かわいいと思ってくださりありがとうございます。
ルリビタキが、ジジッと鳴いたのかはよく分からないのです。もしかしたら、別の鳥かもしれません。周りに沢山いたので・・・普通は、ヒッヒ、カッカと鳴いているのしか聞いたことがないです。書き方が悪かったかもしれません。
この子、目が大きいでしょう。お腹と目だけだと、誰だかわからないですね~。
メジロさんは人間より、毒物を心得ているでしょうね。すぐ行ってしまったから、キノコは食べていないかもしれません。
ホオジロさんは、甲山では、あまり見かけないのです。冬になると、少し、遊びに来ます。探す場所が悪いのかもしれません。
あ、ミヤマホオジロとベニマシコちゃん、今日、ゲットしましたよ。ただ、遠くてぼやけていますけど。なるべく早くアップしますね。

< 翡翠♪♪さんへ >
こんばんは!
ルリビタキの声は沢山聞こえてきますが、いまだに青ルビちゃんはゲットできません。翡翠さんは美しい子をもう撮影されてましたね。
そちらでは、シグナルはなかなか揃いませんか。
確かに、湖では大きな子ばかりですね。珍しい子達もいるのに、やはり、山好きですね。
アカツクシガモさんは遠いのですか。無理のない範囲で鳥見します。探鳥会、楽しみにしています。

< kyara-mamaさんへ >
こちらも、ぐっと色づいてきましたよ。日々濃くなっていくようです。
ルリビちゃんの男の子をもう見ましたか。私は、まだ、メスタイプの子ばかりです。時々囀っている子がいますが、姿を見せてくれません。こちらも、ヒッヒ、カッカと賑やかです。でも、見つけるのは至難の業!のんびり、青い子を探しましょう。
メジロさん、キノコをつついただけかもしれません。おっしゃるように、別のものがいたのかもしれませんし。バクバク食べてくれないと良くわからないですね・・・本当は何をしていたのでしょう??
もうすぐ、葉が落ちてくれます。きっと鳥たちが見やすくなりますね。待ち遠しいな。
でも、寒くなるのは辛いかな。

投稿: ジュリジュリ | 2008年11月30日 (日) 00時46分

< 自然薯さんへ >
こんばんは!
どこにでもいそうなホオジロさんですが、あまり見かけないので、出会えるとなんだかうれしいです。
自然薯さんも、青い子をもう見たのですね。私は、いまだ、出会っていません。あちこちで声は聞こえるのですがね。姿を見せるのは、メスタイプの子だけです。
遠いですが、鳥見会、行く予定です。オオワシさん、今年も無事に来たのですね。沢山の水鳥たちにも会いに行きたいです。よろしくお願いします。

投稿: ジュリジュリ | 2008年11月30日 (日) 00時57分

ああ、懐かしき甲山だあー、ああ、また戻りたいなあー。
で、あのーーお、あのーお、このホオジロ雌と書かれている個体、オオジュリンの第一回冬羽の雌では?
ホオジロ雌ならばお腹が一様に茶色っぽいですよねえ?。が、これは縦斑があり、お腹も全体的に白っぽい。オオジュリンの雌ではないかと思うのですが。
尾羽の先が尖るので、第一回目の冬、頬がそう黒くもないので雌かなと判断したのですが。

投稿: 野鳥大好き | 2008年11月30日 (日) 10時30分

こんにちは、お久しぶりです~。
さっき散歩から戻ってきたところですが、きょうはこちらもホオジロだけでした。
いまのうちは ホオジロも出会うと嬉しいですね(^^ゞ
ベニちゃんの情報もあるのですけれどまだ、
ルビちゃんにもはやく会いたいです。

ヒタキの仲間は めが大きいのが特徴なのかな、
ジョウビタキも見る角度によって 目が大きく見えます。
少し葉が落ちて、隙間が出来 少しだけ鳥見しやすくなりましたよ~。

投稿: zucca | 2008年12月 1日 (月) 16時04分

< 野鳥大好きさんへ >
コメントありがとうございます。お返事遅くなってすいません。
ふふ、甲山、懐かしいでしょう~。今は、もっと色が濃くなっていますよ。
いろいろご指摘ありがとうございます。ホオジロとしたこの子ですが、私も、変な子だなと思ったので、迷いました。お腹の色ですが、一枚目の写真だと白っぽく見えますが、全体に、淡い赤茶色です。オオジュリンほど白くはなかったと思います。お腹が見えるように、一枚追加しました。枝かぶりで、いい写真ではありませんが、どうでしょうか。
あと、私が、ホオジロと思ったのは、腰の色が、鮮やかな赤茶色をしていたことです。オオジュリンの腰はどちらかというとグレーっぽいですよね。
ただ、茶色の点々が気になりますが、ホオジロの幼鳥の頃は縦斑がはっきりあるそうですね。若い固体だと、それが少し残ることはありませんか?あるいは、冬羽になるとき、マダラ模様が出やすくなることはありますか?
いろいろ考えてみたのですが、今一度見ていただきたく、お待ち申し上げております。

< zuccaさんへ >
コメントありがとうございます。お返事遅くなってすいません。
だいぶ更新をサボっていました。本当に久しぶりです。
以前は、ホオジロはいつでも会える鳥と思っていましたが、甲山では、冬になると見かけるようになります。夏場は、どこで子育てをしているのやら、見かけなくなりますね。
そちらもベニちゃんが来ているのですね。やっと、この前、ベニちゃんに会うことができました。でも、遠いので、ぼやけた写真しか撮れませんでした。
ルビちゃんはメスタイプにしか出会っていません。青いルビちゃんにも会いたいですね。
ヒタキの仲間、皆目が大きく見えますよね。ジョウビタキや、ルリビタキの女の子も目が大きくかわいく見えます。実際は他の鳥たちのどの程度違うのでしょうね。
そちらは、だいぶ葉が落ちましたか。こちらも、だいぶ落ちてきました。寂しくなりますが、鳥見には良い季節ですよね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月 2日 (火) 11時45分

ああ、これは失礼を致しました。正面からみたら、お腹しっかり茶色。でも縦斑がある=若い個体、今年産まれの個体なんでしょうねえ。これはこれは失礼を致しました。お許し下さいませね。また懲りずにどうぞ宜しくお願い申し上げます。今帰宅したもので(でも、見れたのはオジロワシだけでした。あーん)、ぺこっ。

投稿: 野鳥大好き | 2008年12月 2日 (火) 15時16分

< 野鳥大好きさんへ >
早速、見に来てくださりありがとうございます。
写真だと、本当の色がうまく出てないし、判断に必要な部分が写っていなかったりで、こちらこそ惑わしてしまったようですいません。草が邪魔してお腹があまり見えないのですが、追加してよかった~。
いつもいろいろご指摘くださると、私も勉強になります。ジャンジャンご指摘くださいませ。図鑑には、ホオジロは縦斑がないとされていますよね。もっと、親切に、こんな場合もあるとか、いろいろのせてくれる図鑑がほしいです。
オジロワシだけなんて、贅沢ですよ~。こちらでは、めったに見られません。今度、業平鳥見会で見られることを楽しみにしています。
海鳥の勉強しに伺いますよ~。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月 2日 (火) 20時32分

こんにちは。そうか~葉が落ちると鳥さんたち、見やすくなるのですね。みんな小さい体で一生懸命生きていて、可愛いね。ホオジロの三枚目、とてもユーモラスな写真ですね。又見にきま~す

投稿: ぽん | 2008年12月 3日 (水) 16時17分

今晩は、
ルリビタキに会われたのですか、
こちらにも来たようですが、まだ会っていません。
最近はあまり外には出ていないので、近いうちに森に出かけようかと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年12月 3日 (水) 18時09分

< ぽんさんへ >
コメントありがとうございます。
お久しぶりです。更新をサボっています・・・
冬は、葉がなくなるので、比較的、鳥たちが観察しやすくなります。それでも、暗がりの好きな子達は、なかなか藪の中から出てきてくれませんけどね。
鳥さんたちを、ボーっと眺めているだけでも、楽しませてくれます。今日は、遊んでくれたルリビタキに思わず、ありがとうと口に出てしまいました。誰もいなかったから良かったけど・・・
鳥さんの正面顔は、ちょっと、笑えますよね。モヒカン刈りのような頭をしているせいかしら。

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
ここのところ更新をサボっています。ぴょんぴょんさんのようにどんどん更新できれば良いのですが・・・
甲山には、あちこちにルリビタキが潜んでいるようです。でも、なかなか藪から出てきてくれません。出会いは、突然のことが多く、写真はぶれてしまいます。
ぴょんぴょんさんは、遠出しなくても、畑や、お庭で鳥や昆虫観察ができるので羨ましいです。でも、別の場所へ行かれると、また、違った鳥たちに出会えますよ。といいながら、私もワンパターンになっていますが。
ご訪問ありがとうございました。

投稿: ジュリジュリ | 2008年12月 3日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/43253117

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の甲山にて:

« 行く鳥、来る鳥 | トップページ | 冬の赤い鳥、黄色い鳥 »