« 夏の旅その3-乗鞍岳のイワヒバリ | トップページ | 夏の旅最終版-霧ヶ峰&麦草峠の鳥たち »

2008年8月28日 (木)

夏の旅その4-蝶とバッタ

8月が終わってしまいますね。早く盆休みのことは書いてしまわねば・・・ 今回は、山や高原でであった初見の美しい蝶とバッタを紹介します。

まずは、乗鞍岳で出会った蝶です。

080828kohiodoshi10810_2
コヒオドシ                 (画像をクリックすると大きくなります)
黄色いお花は、ウサギギク。アカタテハかと思いましたが、図鑑を見ると模様が違いました。少し遠かったので、画像がよくないのが残念です。

080828kohiodoshi20810
コヒオドシ                 (画像をクリックすると大きくなります)
赤い色が鮮やかで、縁にはブルーの点のあるきれいな蝶です。乗鞍岳は、岐阜県と長野県にまたがっているのですが、長野県では、コヒオドシは県の天然記念物に指定されています。

〔 コヒオドシ 〕
学名 : Agkais urticae
分類 : チョウ目 タテハチョウ科
分布 : 北海道、本州中部山岳
大きさ : 前翅長23~30mm 全開長45~50mm
食草 : イラクサ科の植物、エゾイラクサなど
発生 : 新成虫は年一回、6~7月 成虫で越冬する。

次は、長野県の霧が峰高原と麦草峠で出会った蝶です。

080828kiberitateha10812 
キベリタテハ・・麦草峠にて8/12撮影 (画像をクリックすると大きくなります)
なぜか、彼のザックがお気に入り。汗でも吸っているのでしょうか。絵にならないのですが、裏翅の様子を撮影したかったので、仕方なく・・・
この子は4本足で止まっています。前足を失ったのかと思ったのですが、実は、タテハチョウの仲間やいくつかの仲間では、前足が特化して、すごく短いのだそうです。そのため、止まるときは4本足になるそうです。傷ついたのではなくて一安心です。今まで、タテハチョウの足のことに気がつきませんでした。

080828kiberitateha20811
キベリタテハ・・霧が峰にて8/11撮影 (画像をクリックすると大きくなります)
初めて見つけたのは、駐車場のバイクのバックの上。証拠写真は撮ったが、やはり、自然の中で撮りたかった。散策道でやっと見つけたが、ひらひら動いていて、完全には開いてくれませんでした。表翅はベルベットのような光沢をした濃いレンガ色に鮮やかなブルーの斑が縁取りさらに外側を、ベージュ色のレースが縁取っているようです。美しい蝶なのだから、他人のバックの上より、まだこの方がいいでしょう。

〔 キベリタテハ 〕
学名 : Nymphalis antiopa
分類 : チョウ目 タテハチョウ科
分布 : 中部地方の高山、福島以北の冷涼地から北海道
大きさ : 前翅長35~40mm 全開長60~80mm
食草 : ダケカンバ、オオバヤナギ、ドロノキなど
発生 : 新成虫は年一回8月~9月 成虫で越冬

最後は霧が峰高原で見たかわいいバッタです。

080828fukibatta10811
フキバッタ・・・霧が峰8/11撮影    (画像をクリックすると大きくなります)
080828fukibatta20811
フキバッタ・・・霧が峰8/11撮影    (画像をクリックすると大きくなります)
翅の短いチョッキを着たようなかわいいバッタです。幼虫ではなく、これで大人なんです。フキバッタは、日本に9属26種いるそうです。地域ごとに特徴があるようですが、同定はとても難しく、素人の私には分かりません。フキバッタの仲間には違いありません。

上記以外に、蝶では、アサギマダラ、ギンボシヒョウモン、キアゲハ、カラスアゲハ、セセリチョウの仲間、ジャノメチョウなど、トンボではアキアカネ、ノシメトンボに出会いました。今回は、高山でしか出会えない貴重な蝶に出会えてうれしかったです。

さて、まだ、もう少し夏の旅報告は続きます。                

 

   

|

« 夏の旅その3-乗鞍岳のイワヒバリ | トップページ | 夏の旅最終版-霧ヶ峰&麦草峠の鳥たち »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

高山のチョウは種類が沢山ですね^^
特にキべリタテハ良いですね^^
洋服を着ているような柄で綺麗ですね^^
ベージュ色のレースがなかなか良いですよ^^
こんなチョウを撮影したのだから相当上まで
登りましたね^^フキバッタさん、これ大きい
のですか^^ケロリも新潟で娘が写しましたが
イナゴと思って、写真捨てちゃった><
おー惜しい事した^^チョッキが可愛いですね^^
この山登りで10キロは歩いたの違いますか^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年8月29日 (金) 05時08分

北海道だと、クジャクチョウやキベリタテハは平地ででも会えます。特にクジャクチョウはうようよ居ます。が、キベリタテハは、用心深くてちーとも寄せてくれません。
カヤクグリ、イワヒバリ(憧れです)、にも会えて良かったですね。
(ベニマシコは声での確認でした。あいつらもなかなか姿を見せてくれませぬ。)

投稿: 野鳥大好き | 2008年8月29日 (金) 08時57分

こんにちは~。
キベリタテハ と~ってもおしゃれな蝶ですね、一度見たいと思っていました。本物が見れていいなぁ
コヒオドシもきれいな蝶ですね、アカタテハはここでも見られるけれど、やはり高山に行った甲斐がありましたね
成虫で越冬・・・冬はどこにいるんだろう?下界に下りてくるのかしら?

フキバッタ カッコいい、紳士のようで 威厳があります。


投稿: zucca | 2008年8月29日 (金) 14時06分

< 明日はケロリ^^さんへ >
お山には、いろいろな蝶がいますね。こちらでは、見られないような蝶がいるので、じっくり観察しないいけません。
KOUには、のんびり少し散策しようねというのですが、いつもだまされ、沢山歩かされます。お陰で、いろいろ見られるのですが・・・霧が峰だけでも10キロは歩いています。
キベリタテハ、素敵でしょう。きれいな蝶です。車を降りたとたん、出会ったので、うれしくて、追い掛け回しちゃいました。他人のバイクにカメラを向けて必死に写真を撮っている私達はさぞや奇異に映ったことでしょうね。
フキバッタは、3~4CM位かな。それほど大きなバッタではありません。イナゴに良く似ているので、識別ポイントが2つあるようですが、細かいことは良く分かりません。
なんでも、写真は残しておくと思わぬものが撮れているかもしれませんね。また、見つけてください。

< 野鳥大好きさんへ >
クジャクチョウは蓼科山の中腹で見たことがあります。写真を撮り出してからはお目にかからない。平地で見られる北海道はやはり違うな~。うようよいるとは羨ましい~。
キベリタテハ、ちょうど発生時期だったせいか、何度も見かけました。人のバックやザックがお気に入りで、そんなところでは、結構長くへばりついていました。ほかで見かけたときは、すぐどこかへ行ってしまいましたが。
何度も来ているところなのに、今まで気が付かなかったのはどうして・・・
今年は個体数が多いのかな。お花の様子も、去年と違うみたいだし、年によっていろいろ変化があるみたいですね。
イワヒバリは、高山にいるから、北海道には沢山いるかと思ったのに、分布していないのですね。とても不思議です。寒さに弱い鳥なら納得なのですが、どうしてでしょう。
ベニマシコたちは無愛想ですか。葉がない冬は隠れ場がなくて、多少見つけやすくなるのがうれしいです。

< zuccaさんへ >
こんばんは!
キベリタテハは、なかなかしゃれているでしょう。私も、図鑑では見ていたので、どんな子かなって思っていました。今回はぜんぜん期待していなかったのに、出会えてうれしかったですよ。
コヒオドシは危うく、写真を撮らないところでした。一見アカタテハに見えてしまったので。それにちょっと遠かったからね。でも、撮っておいて良かった。お花に止まってくれたので撮る気になったのです。山でしか見れない蝶だったのよね。なんでも、出会ったものはちゃんと撮っておくべきですね。
キベリタテハの越冬個体はヘリの色が白くなっているそうです。確かに、冬はどこでどうしているのでしょう。私が見たところは冬になると一面雪で覆われるところです。寒さがしのげるところへ少しは移動しているかもしれませんね。越冬している蝶を見てみたいものです。
フキバッタは、zuccaさんのところでも見たことがあるので、いつかは見たいと思っていました。羽の短いバッタは、とても印象的で忘れられませんね。ここ地元でもいると思うので探してみたいです。

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月30日 (土) 01時53分

蝶のことは全く判らないのですが、何やら貴重種らしいですね。
イワヒバリやカヤクグリも写真でしか見たことがありません。それが間近で撮れたとはやっぱり高山という自然の中だからこそできる業ですね。
昨日は横浜でさんざん飲んで遅く起きました。でも、このBlogを見ていたら鳥見に行きたくなりました。

投稿: taka | 2008年8月30日 (土) 10時51分

こんにちは。
旅行の収穫を随分楽しませていただけていますね。
お洒落な蝶の写真も、行かなくては見られないものだから嬉しいです。
この次の旅の収穫も楽しみにしていま~す。

投稿: シマのママ | 2008年8月30日 (土) 15時55分

キベリタテハ、シックでダンディーですね。
へぇ~ 関東の平野には下りてくれないのですか。
一度、尋ねて行きたくなりました。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年8月30日 (土) 16時15分

こんちは〜

キベリタテハですか〜
写真でしかお目にかかったことないです。
で、写真てどこやろ?って考えてたら、やっぱり野鳥大好きさんとこや。
ここは野鳥大好きさんとこと同じで珍しい子に遇えるから良いです。
コヒオドシチョウって、ヒオドシチョウとはまた違うんですね?!
ヒオドシチョウは第七回業平鳥見会でのアイドルでした(^-^)

そうそう、第九回業平鳥見会シギ・チドリ類観察会の正式集合場所&時間が決まりました。
集合場所は阪神電鉄淀川駅改札口出たとこ。
時間は朝の9時です。

もし、都合良ければまたお二人でお越し下さいね。

シギ・チドリ類は素人同然のメンバーですが(笑)

投稿: 自然薯 | 2008年8月30日 (土) 18時00分

< takaさんへ >
コメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
写真を撮るようになると、欲張りになるのか、いろいろなものを撮りたくなってしまいました。
虫は、分からないものだらけですが、見つけたものは覚えたいと思っています。
高山という環境では、やはり、下界と違った生き物達に出会えました。それだけでも、自分にとっては貴重でした。
やけ酒ですか、それとも、いいことがありましたか。2日酔いで、鳥見は辛いかもしれませんね。でも、カワセミ病がでてきたのですね。収穫はあったのでしょうか。

< シマのママさんへ >
コメントありがとうございます。お返事遅くなりました。
普段見られない蝶たちです。美しいでしょう。楽しんでもらえてうれしいです。
出かけると、写真を撮りすぎてしまって・・・もう、8月も終わってしまいました。早く整理してしまわないと、そろそろ、鳥たちも渡りが始まっているようです。このあたりでも、通過組みが、どんどんやってくる頃とか。散策にも行かないとね。
でも、あと、もう少し、夏に付き合ってくださいね。

< ぴょんぴょんさんへ >
コメントありがとうございました。お返事遅くなりました。
キベリタテハ、なかなかお洒落な蝶でしょう。
特徴的なので、すぐ図鑑で見た蝶だとわかりました。初見の蝶は見つけるとうれしいですね。
この子は残念ながら、関東の平野部にはいないと思います。高いところへ行かれることがありましたら、ぜひ、探してみてくださいね。

< 自然薯さんへ >
コメントありがとうございました。お返事遅くなりました。
キベリタテハは、一度見ると忘れませんね。
野鳥大好きさんのところは、写真が豊富です。鳥ばかりでなく、虫たちも沢山!すごいなと感心してしまいます。キベリタテハの写真も沢山ありますね。面白い止まり方をしている子は、ふさふさの毛が良く分かります。
そうでした、ヒオドシチョウの報告がありましたね。大和のまほろばさんのブログには緋縅の意味が書かれていたことを思い出しました。コヒオドシはその子の子分ですね。私は、ヒオドシチョウを見たことがありません。ぜひ見たいものです。
鳥見会のご連絡ありがとうございます。午後から用があるのですが、ただいま検討中です。
私達も、シギチは苦手で識別できません。図鑑を見ても迷うことばかりです。

投稿: ジュリジュリ | 2008年9月 1日 (月) 13時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅その4-蝶とバッタ:

« 夏の旅その3-乗鞍岳のイワヒバリ | トップページ | 夏の旅最終版-霧ヶ峰&麦草峠の鳥たち »