« ベニイトトンボ | トップページ | ギンヤンマの飛行 »

2008年8月 6日 (水)

オオルリの巣立ち雛!

暑い夏の鳥見は、なかなか出会えません。
8月2日は甲山をいつもとコースを変えて少し長いお散歩にしました。先月キビタキが鳴いていたところにはもう声も聞こえませんでした。
今まで通ったことのない道から、5月頃よくオオルリがいた川へ出てみました。川へ降りたとたん、鳥影を見つけました。暗いこともあって、肉眼ではよく分かりません。飛んだ後姿が、イカルのように見えました。止まったところを確認して、とにかく証拠写真を撮ることに。

080805oorurinohina10802
080805oorurinohina20802
オオルリの雄の巣立ち雛        (画像をクリックすると大きくなります)
一瞬、なんじゃこれと思いました。トラツグミに青い翼が付いたようです。そういえば、昔、南アルプスを登ったときに見た、ルリビタキの幼鳥の頭がぶつぶつ模様でした。どうやら、オオルリの巣立ち雛のようです。嘴の付け根がまだ黄色です。翼か背中か、部分的にきれいな瑠璃色が見えています。近くに親がいたのでしょうか。さかんと鳴いて、キョロキョロしていました。周りをよく探してみればよかったです。
初めてであった、オオルリの巣立ち雛です。甲山でも、ちゃんとオオルリが繁殖していたのですね。夏鳥たちは、ほとんど通過してしまうと聞いていたので、とてもうれしい瞬間でした。ルリビタキと違って、早い段階から青い部分が見えるので、若雄と雌を見間違えることはなさそうですね。

080805shijuukaranoyouchou0802
シジュウカラの幼鳥            (画像をクリックすると大きくなります)
この日に出会った他の幼鳥は、シジュウカラさんでした。何かの虫の繭を一生懸命つついていました。

080805yamagarayouchou0801
ヤマガラの幼鳥                 (画像をクリックすると大きくなります)
幼鳥ついでにもう一つ、前日に出会ったヤマガラさん。この子は、成鳥を撮影していたら、突然、目の前に現れて、ノートリでこの大きさに撮れました。親子だったのでしょうね。

最後に、鳥ではありませんが、幼虫です。

080805battanoyouchu0802
バッタの幼虫?                 (画像をクリックすると大きくなります)
同じ日にトンボを探していたら、葉をムシャムシャ食べている虫が数匹いました。小さな翅があり、足は、まだ、あめ色の半透明でした。写真が不鮮明で分かりにくですが、イナゴの仲間の幼虫でしょうか。大きさは、2cmくらいあったかと思います。

|

« ベニイトトンボ | トップページ | ギンヤンマの飛行 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今、約2万円近くする日本産幼虫図鑑を引っ張りだしたところです(なんで、そんなん、持ってんじゃ?、わたし、苦笑苦笑)。
でね、この個体に近い感じのコね、ツチイナゴか、コバネイナっぽいです。

オオルリの巣立ち雛、ここまで若い個体、初めて見ました。ありがとです♪
(いつもご訪問頂き、ぺこりん、りん、りん。そちらは北海道と比べ物にならない程暑いでしょうが、どうかお体ご自愛され、ご活躍下さいませね♪)

投稿: 野鳥大好き | 2008年8月 6日 (水) 20時46分

< 野鳥大好きさんへ >
わ~、早速調べてくださってありがとうございます。
すごい図鑑をお持ちなのですね~。きっと、本棚には、自然観察に必要な図鑑が沢山詰まっているのでしょうね。楽しそうだな~。
ツチイナゴか、コバネイナゴの幼虫なんですね。イナゴさんの顔してますものね。始めは、翅が小さくて、フキバッタかと思っちゃいました。でも、幼虫も翅が小さい時期があるんですよね。調べてくださってありがとうございます。また、しばらくして、同じ場所に成長したこの子達を探して見ますね。
オオルリの子、私もこんなの初めてでした。ちょっと自信なかったけど、やはり、オオルリの雛でいいのですね。甲山で、生まれたことがとてもうれしいです。
(いつも、こちらこそ、クイズを通していろいろなことを教えていただいてありがとうございます。勉強になるので、とても楽しみにしていますよ。その後、少しは、気持ちが安らいできましたか?)

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月 6日 (水) 21時05分

ケロリ専属ガイドさん(ジュリジュリさん)の
発見力はやはり凄いですね^^
今回はガイドしてませんのでボーナスは出ません
が、見つけ方が違いますね^^
ケロリもオオルリみたポイントにまた突撃して
見ようかな^^ヤマガラさんのお子様凄く近く
ですね^^1メートルくらいの至近距離でしょうか^^
日頃の行いがよいのでしょうね^^
ケロリが見る時は殆ど7メートルは余裕で
越えてます><
そうそう一つ質問なのですが、山に行ってポイント
に車を止めるとどのポイントでも必ず熊のような
蜂が車に体当たりしてくるのですが、黄色い車
は蜂が好む色なのでしょうか^^
カー鳥見をしたくても、まどをあけてると飛び込んで
来てパニックになるんですよ^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年8月 6日 (水) 21時29分

コン♪
ご無沙汰しております。

オオルリ巣立ち雛。いいなぁ。
そっちなら、甲山に行くのに。。。。
こちらは、どこに行ったらいいのか。。(;´д`)トホホ

投稿: 翡翠♪♪ | 2008年8月 6日 (水) 22時29分

< 明日はケロリ^^さんへ >
ガイド中でなく、ボーナスが出ないのは残念!
しかし、今の時期、なかなか鳥たちに出会いませんね。賑やかに登場するのは、幼鳥たちを含むカラ類や、メジロたちです。
オオルリの子は黙って川沿いにいたので、飛ばなければ分からなかったかな。この日は、オオルリに会えればラッキーと思っていました。まさか、子供に会えるとはね~。
ヤマガラさんは。結構近かったですよ。私のは望遠なので、1.5mは離れないとピントが合わないので、それ以上近寄らないでほしいと思ったほどです。ヤマガラさんは、親子ともども、あまり人を恐れないようですね。
黒色(紺やこげ茶なども含む)と黄色は昆虫の興味色であり、警戒色だそうです。web上で見たところ、駐車場で虫の集まるのは黄色い車だそうです。黄色の花柄Tシャツを着ていると蜂に刺されるという人もいました。ある野外活動用の教師用マニュアルに児童の服装は白っぽいもの、帽子は黒や黄色以外のものと書かれていました。はっきりとは分かりませんが、黄色も蜂の攻撃対象になるのかもしれませんね。あと、WAXの成分も虫を呼ぶ原因になるとか書いてありました。蜂の巣が近いところなど、止める場所にも十分注意してくださいね。

< 翡翠♪♪さんへ >
こんにちは! お元気でしたか。
お忙しい中、お山登りにいかれたのですか。事前トレーニングしておくことは必要ですよね。次の日曜日は私もちょとお山登りです。何もしていないので疲れそう・・・
今の時期、なかなか鳥に出会えませんが、今回はびっくりです。オオルリの子供に出会えるなんて本当にラッキーだったのですね。甲山も収穫のない日がほとんどですけど、たまに大当たりがあるので、散策は欠かせません。
そちらでは、まだ、気楽に鳥見ができる場所見つかりませんか。湖は、今、何もいないのかしら。でも、お時間もないようですね。お仕事やり過ぎないように。

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月 7日 (木) 15時08分

ウワッ オオルリの巣立ち雛 可愛いですね!まだ胸も茶色くて なんじゃこりゃ・・・私が見つけてたら 名前をあてるのに苦労したかも。
でもここで繁殖してくれて嬉しいですね~。
ヤマガラの幼鳥もだいぶ親の色に近くなってきましたね。こちらも留鳥たちの雛は良く目撃します。
最近トンボや蝶や昆虫ばかりの私、「やっぱり鳥見は楽しい」あらためて実感しました。
冬鳥が待ち遠しいです(^^ゞ

投稿: zucca | 2008年8月 7日 (木) 18時50分

< zuccaさんへ >
ふふ、オオルリの子、ちょっとびっくりでしょう。何者?って感じですよね。
こんな子にも会えることがあるので、暑くても、散策は行かなくちゃね。空振りでも、虫さんもいるし・・・
自然の中をお散歩するのはいろいろ楽しみがあっていいですね。何もいないことはないもの。
ヤマガラもお腹の色がはっきりしてきましたよ。まだ、頭の色は黒になりません。まもなく、親と見分けが付かなくなるのでしょうね。シジュカラもネクタイがだんだん太くなってきました。エナガにも会うのですが、幼鳥だかわからなくなっています。じっくり観察できないのでね。
夏鳥たちも鳴かないので見つけられませんが、他にも少しは繁殖しているのがいるのかもしれませんね。期待せず、お散歩しましょう。
鳥見も虫見?もいいもんですよ~。

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月 7日 (木) 20時17分

オオルリにも会ったこと無いけど、オオルリの雄の巣立ち雛・・・
わぉ~
全然わかりませ~ん(^^ゞ
夏鳥・冬鳥または、雄と雌でも違う鳥さんもいますよねぇ~
親と子でもわからないし・・・
奥が深すぎます(^^ゞ
それに、バッタの幼虫まで・・・
むずかしいクイズのようです。

バードバスに、見慣れぬお客様がきました。
こちらも、夏・冬? 雄・雌? 親・子?と変化してるのかなぁ~?
確認していただけると嬉しいのですが・・・
お願いします♪

投稿: orenge | 2008年8月 8日 (金) 00時20分

一番カキコ有難うございました。
こんなサイトもありますので、ご参考までに。
http://www.insects.jp/konyoutykbatta.htm
良い一日になりますように。

投稿: 野鳥大好き | 2008年8月 8日 (金) 10時09分

< 野鳥大好きさんへ >
サイト紹介ありがとうございます。
早速見てきましたが、もしかして、クイズはハズレかな。。幼虫なのか、成虫なのかよく分からない・・・どちらも翅が小さいし、どこを見ればいいのかな。明日の答えをお待ちします。

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月 8日 (金) 10時53分

こんばんは!

オオルリくんの巣立ち雛ですか〜
さすがに、この状態では地味過ぎて判らないですね〜!
きっとシギチ類の地味さ以上かも知れません。
あ!シギチは派手なんいてますね(笑)

ボクは、今年はハクセキレイとスズメくらいしか巣立ち雛見てないっす(涙)

この時期は暑さと、取れぬ疲労で集中力も欠ける一方です。

KOUさんともども、どうぞ暑い夏をお大事に。

投稿: 自然薯 | 2008年8月 8日 (金) 18時49分

オオルリが繁殖するのですか、元気で育ってくれるといいですね。
ヤマガラの幼鳥も、愛嬌のある顔をして微笑ましいですね。
シジュウカラ、何を食べているのでしょう。こちらでも、大きな毛虫を見つけて食べています。偏食せずに結構いろいろなものを食べるようですね。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年8月 8日 (金) 19時18分

< orengeさんへ >
ごめんなさい。後になってしまいました。
この子、オオルリの雛です。親と全然違うので、あなた誰?という感じです。雛の時にはこのような斑点がある子、結構いるみたいです。ルリビタキや、ノビタキも斑点があります。初めて見たときはびっくりでしたよ。
orengeさんのお庭にもいろいろな幼虫がいますね。よく見るとかわいいです。ただ、悪さをしないでと言いたいですね。虫のほうは、私もほとんど分かりません。少しずつ覚えられればいいかな。
バードバスのお客様は、ウグイスのようですね。いろいろな鳥たちが遊びに来て羨ましいです。

< 自然薯さんへ >
こんばんは!
この子が、あの、美しい瑠璃色をしたオオルリの子供とは思えないでしょう。写真では、あまり瑠璃色が目立ちませんが、少し見えている瑠璃色がとてもきれいなんですよ。これで、オオルリと結びつきました。
シギチは、う~ん、すごく苦手・・・かわいい子もいるけど、似た子が多すぎる・・・たまには、見に行かないとね。
巣立ち雛・・・うそうそ、カイツブリの雛を忘れている。かわいかったですよ。カイツブリは、いつの段階で巣立ちというの分からないけど・・・
この暑さ、たまりませんね~。疲れをためないようにしましょう。お休みは特に気をつけましょうね。
お互い、夏バテ、熱中症などならずに、この夏を乗り切りましょう。

< ぴょんぴょんさんへ >
身近の甲山で繁殖したみたいですよ。こんな雛がいたのですから。山奥というようなところではないのですが、通過せずに残ってくれたカップルがいたのですね。うれしいことです。
ヤマガラも、だいぶオレンジ色がはっきりしてきました。でも、まだポヤンとした色合いで、かわいいですよね。親もかわいいのですが。シジュウカラは何の虫をつついているのか分かりませんが、いろいろなものを見つけますよね。好き嫌いがあるのでしょうか。お庭や畑では、沢山毛虫を食べてほしいですね。うまくいけば無為農薬で済むかも・・・

投稿: ジュリジュリ | 2008年8月 9日 (土) 02時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/42087813

この記事へのトラックバック一覧です: オオルリの巣立ち雛!:

« ベニイトトンボ | トップページ | ギンヤンマの飛行 »