« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

久しぶりのキャンプその2-ブッポウソウ

さて、キャンプの目的は、ブッポウソウに会いに行くことでした。

以前、住んでいた近くにブッポウソウが営巣していたのですが、あまりに近いところで、いつでも会えるからと、行かなかったら、あるとき、事故で一羽が亡くなり、それ以来新しいツガイも来てくれなくなってしまったのです。
ブッポウソウに関する本を読んだら、やはり会ってみたくなりました。いろいろな町で、保護活動が進められ、効果を上げています。そんな町のひとつを尋ねてみることにしました。
ブッポウソウは環境省で絶滅危惧ⅠB類(EN)と定められているほど、貴重な野鳥です。町では、観察ルールを設けていました。巣箱から20メートル以上離れること。一つの巣箱前に20分以上いないこと。迷惑駐車をしないこと。畦などに入り込まないことなどのルールを守って観察撮影することに。

080728buppousou10719
ブッポウソウ               (画像をクリックすると大きくなります
大きな駐車スペースを見つけたので、まずは、車を止めて・・・と、ふと電線を見たら、もういるではありませんか。とにかく撮影。虫を、持っていたのは、近くの巣箱で雛が待っていたのです。後の森にはもう一羽いました。ツガイのようです。

080728buppousou20719
ブッポウソウの飛翔           (画像をクリックすると大きくなります
白い空へ向けての撮影で、逆光なのですが、どうにか色が出てくれたのでラッキーでした。背中から見た飛翔です。美しい青緑色の羽。ブルーがかった白い斑がとても目立ちます。

080728buppousou30719
ブッポウソウの飛翔           (画像をクリックすると大きくなります
今度はお腹側から。陰になると、少し緑色が強く見えます。

080728buppousou40719
ブッポウソウの雛            (画像をクリックすると大きくなります
前のところにも雛が2日目に確認できました。こちらでも雛がゲゲゲと騒いで親を呼んでいました。
ブッポウソウは、美しい色をしている鳥なのに、声は、きれいではありません。カエルをもっと煩くしたようにゲゲゲと鳴いています。

080728buppousou50719
巣箱の近くで遊ぶ3羽         (画像をクリックすると大きくなります
上の巣箱の近くで、次の日には、3羽が遊んでいました。雛は巣立ったのでしょうか。

080728buppousou60719
巣を何度も出入りする成鳥      (画像をクリックすると大きくなります
前日には、雛が顔を出していた巣箱ですが、そこへ何度か出入りしています。餌を持っているわけではないようです。何をしているのか良くわかりませんでした。周りにいるのは親子だったのでしょうか。巣立った雛と親であればうれしいのですが、少々遠くて、確認できませんでした。

ここは、小さな山に囲まれた水田地帯です。こんな里山がブッポウソウの好みなんですね。一時は木製電柱に巣作りしていたそうですが、コンクリート製になってブッポウソウが激減。その後、巣箱をかけて、保護活動を続けてきたそうです。

巣箱は、すべて、使われているわけではありません。ある巣箱にはカメラが設置されていました。その近くに虫をくわえたブッポウソウのツガイがいたので、物陰から観察していたら、地元の方が話しかけてきました。前に卵を生んだツガイが抱卵を放棄して、次に来たツガイが卵を食べてしまい、それ以来その巣箱は空のままだそうです。今いるのは遊んでいるだけとのこと。 いろいろなドラマがあるようです。

観察時間は短かく、撮影はいまいちでしたが、個体数だけは沢山会えました。真っ赤な頑丈そうな嘴がかわいく、青緑色に輝く羽がとても美しい姿や奇妙な鳴き声を、存分に楽しめました。 地元の方も何人か声をかけてくださりとても親切でした。キャンプも鳥見も楽しめた連休でした。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

久しぶりのキャンプその1-コシアカツバメ

3連休を利用して、久しぶりにキャンプを楽しんできた。
テントを張るのは何年ぶりだろうか。キャンプ場に着いたのはお昼頃。まず設営をする。
私達は、山用のドーム型テント。若いときは、テントを担いで登山を楽しんでいた。25年以上も使っているテントだ。下界に下りてきて、キャンプ場でテントを張ると、我が家のはビルの谷間の小さな家という感じだった。そこで、ある時期から、テントの上にタープを張るようになった。これは見栄だけではなく、とても便利なのだ。直接雨が当たらず、煩くない。空いたスペースで、雨の日もゆっくり調理や食事ができる。強い日差しも避けることができる。とても気に入ったスタイルなのだ。

080725tennto0719

突然、KOUがバーベキューセット一式がないと騒ぎ始めた。天気予報で、夕方は雨とでていたので、私が用意しなかったのだ。彼は、どうしても炭火焼がしたいという。幸いに、このテントサイトには小さなベーべキューコンロが付いていた。早速、買い物に。Aコープで、炭、着火剤、小さな焼き網、食材を調達。ただ、炭用トングがない。代用品になりそうなものも見つからない。外を眺めていたら、向かいに農協の資材販売所があった。何かあるかもしれないと行ってみた。
何が幸いするか分からないもの。ここでコシアカツバメの巣を見つけた。ずっと見たいと思っていたものだ。興奮を抑えて、ひとまず、店内へ。運よく、一つトングが手に入った。早速、農協の方にコシアカツバメを撮影してよいかと尋ねてみると、快く承諾してくれた。そして、面白い話までしてくれた。

ある日、大きなヘビが屋根の上に現れて、コシアカツバメの巣を襲おうとしていたそうだ。すると、沢山のコシアカツバメたちが集まってきて、ヘビをつつきだしたとか。しまいにそのヘビを下へ落としてしまったとのこと。すごいバトルだったそうです。
子孫を残すためには、親達は死に物狂い。そして、仲間を助けるとは泣かせるではありませんか。

雨が降ってきたので、止むのを待って、車の中から遠めに撮影。

080725koshiakatubamenosu10719
コシアカツバメの巣           (画像をクリックすると大きくなります)

080725koshiakatubamenosu20719
いろいろな形の巣が6個        (画像をクリックすると大きくなります)
コシアカツバメは、普通のツバメがお椀型なのにたいして、徳利型をしています。入り口の方向はいろいろでした。そして、集団営巣するようです。

080725koshiakatubame10719
羽づくろいをするコシアカツバメ    (画像をクリックすると大きくなります)

080725koshiakatubame20719
巣に戻ってきたコシアカツバメ     (画像をクリックすると大きくなります)

080725koshiakatubame30719
巣の前でコシアカツバメのご夫婦   (画像をクリックすると大きくなります)
電線には、3つのカップルが仲良く羽づくろいをしていました。近づいてみようかなと思ったら、カラスが来て、皆飛ばしてしまいました。撮影は終了して、農協の方にお礼を言ってから、本来の目的地へ向かいました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

京都のアオバズク

7月12日、京都へ、アオバズクを見に行ってきた。時間が早かったせいか、去年のように人がいない。来ていないのかと思ってしまった。

まずは第一ポイントへ。ふと見上げると茶色い塊が頭の上に見えた。080718aobazuku10712
アオバズクの背中        (画像をクリックすると大きくなります)
近いのだが、見上げても、何の塊?て感じでしょう。

080718aobazuku20712
                   (画像をクリックすると大きくなります)
そっと、前を覗きに行ったら、起きちゃった。ごめんね!

さて第二ポイントへ行くと
080718aobazuku30712
                   (画像をクリックすると大きくなります)
眠そうな目を開けて、羽づくろいが始まりました。のびるのびる、あなたの翼はこんなにも長かったのね。

最後のポイントへ
080718aobazuku40712
                   (画像をクリックすると大きくなります)
随分スマートですね。細長くなっちゃいました。

080718aobazuku50712_2 
                   (画像をクリックすると大きくなります)
真下に人がいたのですが、落ち着いて、ふっくらとなり、あちこちキョロキョロ。横顔は、猛禽の顔をしていますね。

鬱蒼とした森は、暗く、画像も暗すぎちゃいました。感度を上げればよかったのか、露出補正をすべきだったのか、勉強不足がたたってしまいました。
今回は、3箇所、成鳥5個体に会うことができました。雛たちは、見当たりませんでした。今年は遅いのでしょうか。
気になったのは、去年にはなかったロープや張り紙。よほど、目に余る行為があったのでしょう。毎年、来てくれるアオバズクたちを温かく見守ってあげたいですね。

最後に、

080718hikudorihina0712
ムクドリの雛           (画像をクリックすると大きくなります)
アオバズクがいる大木の樹洞ではムクドリの雛たちが騒いでいました。巣立ちも間近でしょう。時々親鳥が餌を運んできます。かなり高いところだったので、画像は不鮮明ですが、雛たちの表情がとてもかわいかった~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

業平鳥見会初参加

7月13日は、業平鳥見会に大コブ付きで初めて参加させていただきました。
幹事の自然薯さん、 参加者の明日はケロリ^^さん、 フォト原さん 
大和はまほろばさん (お名前はあいうえお順です) お世話になりありがとうございました。
去年、関西に引っ越してきて、まだ、鳥見場所をあまり知らないので教えていただけるのはとてもうれしいことです。

今回は、猛禽観察会でした。スマートでカッコイイ飛翔姿のハヤブサがお目当て。なかなか会えない鷹さんです。人目のつかない、海岸の絶壁で見かけたことはありますが、今回は意外な場所で驚きました。絶壁には違いないのですが・・・
朝は、いなかったのですが、一回り散策して戻ると、いましたよ。少々、人も賑やかになっていましたが、気にしていない様子です。ある程度距離があるからでしょうか。

080713hayabusa1
ハヤブサ           (画像をクリックすると少し大きくなります)
300mm望遠では、豆粒でした。ピクセル等倍まで、トリミングしています。揉み上げがなんとか分かるので、良しとしましょう。

080713hayabusa2
ハヤブサの飛翔       (画像をクリックすると少し大きくなります)
ブレちゃいましたが、これが一番まとも。これも、ピクセル等倍までトリミングしています。
この子の後に、もう一羽、鳴き交わしながら、このお立ち台へ飛んできました。でも、2羽並ぶことはありませんでした。入れ替わりでした。

大コブのKOUがデジスコで撮った写真を借りてきました。

080713hayabusakou
ハヤブサbyKOU      (画像をクリックすると少し大きくなります)
これは、ノートリミングです。さすがデジスコ!でも、靄がかかったみたいです。レンズが曇っていたようで、なぜか水滴が付いていたとか?
精悍な顔立ちでありながら、目がとてもかわいいです。猛禽なのですがね・・・

さて、森の中を散策中に、キビタキにも出会いました。声ばかりで、残念ながら皆で見ることはできませんでした。KOUが、カメラに収めたので、また写真を借りてきました。

080713kibitaki
キビタキbyKOU       (画像をクリックすると少し大きくなります)
この子はまだ、囀っていました。キビタキと競演していたのが、ヒヨドリです。あと、コゲラにも会いました。皆さんは、何かの雌らしい姿も見ています。

鳥見以外に、ハグロトンボや、カタツムリ、トカゲ、植物など、それぞれ楽しんでいました。

080713shioyaabu
シオヤアブの雌       (画像をクリックすると少し大きくなります)
教えていただいた虫さんです。大きさは2~3cmくらい。この子は獰猛らしく、大きなオニヤンマをさっと飛び上がって捕まえるそうです。このときは、果敢にもスズメバチに向かっていきましたが、Uターンして戻ってきました。アシナガバチはとらえるようですが、さすがにスズメバチのほうが強いのかな。上の写真は、雌ですが、雄は、腹部の先(尾の先)に白い毛の束があるそうです。

080713hatenamushi
不明の虫?         (画像をクリックすると少し大きくなります)
大きさは、5mmくらいで、海老みたいです。背中に背負っている大きな荷物は、何でしょう。寄生したものでしょうか。でも、元気に歩き回っていました。

~~~~~~~~~~★ 追記・・・7/17 ★~~~~~~~~~~
 上記不明の虫が判明しました。 クサカゲロウの幼虫 だそうです。
 kyara-mamaさん、ありがとうございました!
クサカゲロウは、日本に約40種ほどいるそうで、詳しい同定は無理なようです。この幼虫は自分で食べた獲物の残骸を背中に背負う習性を持っているものがいるようです。どうして、このような荷物を背負うようになったのかは、アブラムシの亡骸を背負うことで蟻から身を守っているという説があるそうですが、まだ良くわかっていないそうです。写真の子は、綿毛状ロウ物質をつけたアブラムシやカイガラムシなどを食べたようですね。
お庭で、この子を見かけたら、大事に見守ってください。きっと、害虫のアブラムシを沢山食べてくれますよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

知らない虫や卵などいろいろ見せていただいたのに、写真を撮るのを忘れてしまいました。じっくり調べたかったのに、後悔です。きのこは撮っても分からないし・・・またの機会に少しずつ、調べましょう。場所が変われば、また、知らない生き物達に出会えるのが楽しいですね。

この日は、暑くて、少々ばてましたが、夜は、テニスの練習に行ってきました。お陰で、月曜日はダウン。年甲斐もなく、遊びすぎたかも・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

久しぶりのキビタキ

久しぶりに甲山へ出かけました。トンボ目的です。奥の観察池に着くと、キビタキの声がしました。トンボは後にして、キビタキ探しをすることに。時々、キビタキの声は聞こえるのですが、今回はとても近くです。池の周りを移動しています。かなり近くで囀りだしました。やっと見つけました。でも、目の前の葉が邪魔です。

080711kibitaki10709
キビタキの雄7/9甲山にて    (画像をクリックすると大きくなります)
葉の隙間から、やっと見えたところです。

080711kibitaki20709
                   (画像をクリックすると大きくなります)
葉陰で、安心しているのか、あちこち向きながら、時々囀っています。下から覗くと見える
かなと思って、そのままの位置で、頭を下に動かしたら、やはり、逃げてしまいました。少し先で、ジジと怒っています。仕方ないので、その場で、観察。撮影はいまいちでしたが、久しぶりにきれいなキビタキに会えて満足でした。

トンボはまたの機会にアップするとして、次にもう一つの池へ移動。これも、トンボとバンの様子を見に行きました。残念なことにバンは繁殖をあきらめたのか、新しい巣は見当たらず、バンにも会えませんでした。ところがびっくり、いきなりカワセミが2羽、目の前の木の中へ飛び込んできました。覗き込んでいると、すぐ、川の上流のほうへ飛び去ってしまい残念。池の木道をのんびり歩き始めると、また別のカワセミを発見。今度は幼鳥のようです。

080711kawasemiyouchou0709
カワセミ7/9甲山にて      (画像をクリックすると大きくなります)
遠いけど、そっと写真を撮らせてもらい、しばらく観察していました。あまり見ていると悪いかと思って、目をそらすと、ボチャンと音がして、振り向いたときは、魚をくわえて飛び去るところでした。カワセミには縁がないようです。

080711kawarahiwa0709
カワラヒワ7/9甲山にて     (画像をクリックすると大きくなります)
逆光ですが、面白い格好をしていたので、アップしました。尾羽の羽づくろいのようです。思いっきり広げてきれいでした。

森の中は、留鳥たちの声はしていたのですが、葉が鬱蒼としていて、姿はあまり、見えませんでした。

川には、気になる魚が・・・

080711burugiru0709
たぶん、ブルーギルでは?   (画像をクリックすると大きくなります)
20センチくらいの魚で、大小10匹ほど群れていました。鰓付近の黒い点、尾びれが薄緑色に見えたことなどから、外来魚のブルーギルかと思います。肉食なのでヤゴなど食べられはしないかと心配です。

080711ookuchibasu070915
たぶんオオクチバスでは?   (画像をクリックすると大きくなります)
これは、去年同じところで見つけた魚です。4・50センチはある大きな魚でした。側面の模様と、大きな口から、オオクチバスではないかと思っています。これも、肉食で、自然破壊をしているのではと心配です。

上記2つの魚は特定外来生物として、飼育、放流は禁止されていますが、どうして、こんなところにもいるのでしょう。メダカとか、減っていないと良いのですが。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »