« 四月後半の川原では | トップページ | 待ち時間の鳥見&植物観察会 »

2008年4月30日 (水)

若アオサギの大捕り物

これは先週末甲山での出来事です。

080430aosagikaeru1_2
若いアオサギが、大物を仕留めました。どうやら、ウシガエルのようです。カエルをくわえて、土手を上がっていきます。

080430aosagikaeru2 
さて、上に着いて、早速調理しようとくわえなおしています。

080430aosagikaeru3
ところが、油断した隙に、カエルに逃げられてしまいました。

080430aosagikaeru4
カエルは、必死に池のほうへ降りて行きます。アオサギは、せっかく捕まえた獲物を逃がしてはなるものかと必死に追いかけます。

080430aosagikaeru5_2
アオサギが、「こら、待て!」とつかんだものは、枯れ草でした。 カエルは、池の中へドボン!
若鳥のアオサギ君、まだ、修行が足りませんね。

           ~*~ さて、おまけに ~*~

080430hiyodori0425
ヒヨドリが、椿の花の中に頭を突っ込んで蜜を吸っています。お陰で、顔は花粉でまっ黄色!
080430hiyodorinowatari0419
この画像は、4月19日に武庫川で見た、ヒヨドリの渡りです。小さな群れで、東西*へ向かって飛んでいきました。29日にも、甲山で、東西*へ向かって飛ぶヒヨドリの群れを見ました。この近辺のヒヨドリたちもまもなく移動してしまうと思われます。
甲山やこのあたりでは、去年の夏、ほとんど、見かけなかったと思います。
 *ヒヨドリの飛ぶ方向は、西ではなく、東の誤りでした。訂正4月30日

              * * * * * * * *

26日からのゴールデンウィークが大幅に縮小されて、30日から出かけることになりました。5月7日まで、留守をしますので、コメントのお返事が出来なくてすいません。

|

« 四月後半の川原では | トップページ | 待ち時間の鳥見&植物観察会 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
今朝は、アオサキの若ちゃんの面白い風景、思わず大笑いしました。身体は大人と同じくらい大きいが、やはり子供でしょうか、大物のウシガエルを取り逃がして無念そうな顔が目に浮かびます。それにしても、ヒキガエル君九死に一生を得て、ほっとしたことでしょう。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年4月30日 (水) 06時56分

< ぴょんぴょんさんへ >
おはようございます。
楽しんでもらえてよかったです。
サギたちの行動は、どこか滑稽なところがあって、見ていると楽しいです。やはり、若鳥さんは、まだ、不器用なのでしょうか。今回は、またまた、面白劇場を繰り広げてくれましたよ。しかし、カエルさんにとって悲劇にならなくて、ほっとしたのは、私のほうかも。

投稿: ジュリジュリ | 2008年4月30日 (水) 08時12分

ハマシギいいですねえ。こちらは山なので海までいかないとみれませぬ。ヒヨドリが夏おらんことなど、驚きました。
お気をつけておでかけ下さい。

投稿: 野鳥大好き | 2008年4月30日 (水) 11時30分

< 野鳥大好きさんへ >
ここは、海もすぐ近くなので、ハマシギが遊びに来ています。今日は22羽ほどいましたよ。シギチは難しくて、苦手です。どちらかというと、山の鳥さんのほうが好きかな。
ヒヨドリは、夏場、少ないだけかもしれません。引っ越してきたとき、ヒヨドリのいないところだなって思ったもので。今年は、気をつけて観察してみますね。
では、行ってきます。少し軽井沢をよるので、葉があまり茂っていないことを願って、鳥撮影してきます。

投稿: ジュリジュリ | 2008年4月30日 (水) 14時04分

カエル君助かってよかったです^^
ケロリもカエルですからね^^
しかし、必死に逃げる側と「しまった」と
追いかける側の表情がよく出てますね^^
自然界を見せてもらったみたいです^^
ヒヨドリは渡り鳥だったのですか^^
知らなかった^^
気をつけてお出かけくださいね^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年4月30日 (水) 19時00分

こんばんは!

アオサギくん
残念でしたね~
まさに修行不足と言ったところでしょうか?
ところで、うちの会社って大阪なんですが、隣に流れる小さなどぶ川(?)
たまにアオサギ君の幼鳥がいてるんですよ。
それも1mくらいに近寄るまで逃げない。
警戒心ってやつが、まだないんですね~
だからコンデジでもアップ撮れそう(笑
でも、大きいからあんまり可愛くないか(失礼

投稿: 自然薯 | 2008年4月30日 (水) 21時13分

コン♪
(⌒▽⌒)アハハ!
どんくさいアオサギ君ですね。
でも、こんなウシガエルなんか食べて大丈夫なのだろうか。

投稿: 翡翠 | 2008年5月 2日 (金) 22時08分

こんにちは。
羽のあるアオサギより逃げ足速いカエル 笑っちゃいました~。
こんな事もあるのですね。
楽しい写真を有難う~。
ヒヨドリ 今雑木林では一番良く見られます、賑やかですよ~。
そちらのほうのヒヨちゃんは 夏 涼しいところへ移動しちゃうんですね~。
こっちはどうだったかな、この夏 少しヒヨドリのこと気にかけてみます。
お帰りも気をつけてね。

投稿: zucca | 2008年5月 5日 (月) 13時06分

もうひとり立ちしているのですね。
若鳥たちは、こうやって失敗しながら、
だんだんこつを覚えていくのでしょうね。
それにしても、ぎこちない動きはほほえましいです^^

今あちこちの池は、おたまの群れで黒々しています。
ツボカビでカエルがいなくならないよう、祈るばかりです。

投稿: kyara-mama | 2008年5月 6日 (火) 11時20分

お互い必死ですね(^^♪ アオサギくんあわてちゃったのかな。それにしてもまたまたすごいショットですよね。
最後のやった~ という感じで羽を大きく後ろに広げている所が申し訳ないけど笑っちゃいますね。
花粉で口が黄色のヒヨドリ 初めてみました(=^・^=)
楽しい写真ありがとう~

投稿: ぽん | 2008年5月 6日 (火) 11時34分

わぁ~楽しい写真ですネ♪
こんなに大きなカエルも食べるのでしょうか?
最初の写真は、何を咥えているのかなぁ~と思いました。
ウシガエル、重かったでしょうに・・・
アオサギくん、残念でした♪
 
お出かけは、収穫ありましたか?
楽しみにしています♪

投稿: orenge | 2008年5月 8日 (木) 00時24分

< 明日はケロリ^^さんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
今回は、軽井沢経由、東京まで車で行ってきました。ちょっと疲れましたが、無事帰ってきました。
ケロリさんには酷な画像でしたね。お仲間の大ピンチです。でも、このカエルさんなかなか逞しいでしょう。
そして、このアオサギのあわてぶりがとてもおかしかったですよ。動きが大きくて、笑えました。でも、お腹をすかしていたのでしょうから、ちょっと、気の毒ですけど・・・
ヒヨドリは、図鑑では、留鳥または、漂鳥とされています。すべてが、移動しているのか、一部だけが移動するのかは分かりません。でも、春と秋には、群れを作って、移動しているのが見られます。夏見れるヒヨドリと冬に見られるヒヨドリは同じ個体かどうかは分からないということになりそうです。

< 自然薯さんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
若鳥は、まだ、まだ狩が下手なのでしょうか。それとも、欲張りすぎたのかな。もっと、小ぶりのすぐ飲み込める獲物を探せばよかったのに・・・
会社の近くのアオサギ君は、随分、のんきなんですね。いくら、大きな体をしているとはいえ、何かに襲われる危険もあるのに。でも、猫も襲わないかな~。鷹にも大きすぎるしねぇ。とはいえ、少しずつ、警戒心をつけていって欲しいですね。
サギたちの行動は、とっても、滑稽で面白いのだど・・・
大きくて、鋭い目つきしているから人気ないのかな。コンデジで、アップに撮れるなんてチャンスなのに・・・

< 翡翠さんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
ドジなアオサギ君でしょう。まだ、若鳥だから、狩も、未熟なのかな~。
この大きなカエルを一気に飲み込むのはとても無理ですよね。どうやって食べるつもりだったのでしょう。よく見かけるのは、お魚を飲み込んでいる姿ですが、調理して食べることもあるのかしら。

< zuccaさんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
車での長旅、何事もなく、無事帰ってきました。年かな~、ちょっと疲れましたけど・・・
カエルさん、すごく早かったですよ。アオサギ君、翼を広げるから、空気抵抗が出来ちゃって、余計不器用な動きになっているようでした。見ているほうは、おかしくて、笑っちゃいましたけどね。ご飯に逃げられて、お腹が空いちゃったかも。
ヒヨドリは、去年の夏、こちらに来て、あまり見かけなかったので、いないのかと思ったほどでした。実際は静かなだけかも。でも、秋から、賑やかになったので移動してきたのだと思ったけど。私もじっくり観察してみますね。川原近辺はヒヨドリが少なくなってムクドリたちが元気になってきました。
  
< kyara-mamaさんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
この若鳥は、今年生まれでしょうか、よく分かりませんが、色は、若鳥のようです。
狩のコツも、だんだん覚えてこんな失敗はしなくなるのでしょうね。
捕まえるときは、じっと見定めて、長い首をすっと伸ばしてすばやく仕留めたのに、追いかける様はなんとも滑稽でした。長い足と、大きな翼が邪魔しているようです。大いに楽しませてくれるかわいい子でした。
おたまじゃくしを見かけるようになりましたね。
こちらは、ウシガエルが多いです。巨大なおたまはかわいくないけど・・・他に、アマガエルと別の鳴き声がしていました。なんだろう?分からないけど、ツボカビに負けないで欲しいですね。

< ぽんさんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
何をくわえたのかなって、撮影していたら、こんな展開になってしまいました。アオサギ君には気の毒ですが、お陰で、楽しませてもらいましたよ。
アオサギ君にはちょっと大物過ぎたのかもしれませんね。これでは、食べるのも大変です。これからは、もう少し大きさも考えて狩をするようになるかな。
ヒヨドリもまっ黄色になって、かわいいでしょう。おいたばかりでなく、少しは、受粉の手助けをしているかも・・・

< orengeさんへ >
コメントありがとうございます。お返事が遅くなってすいません。
楽しんでもらえましたか。
私も、こんな大きなカエルを食べることが出来るのか不思議に思えて、成り行きを撮影していました。
カエルが足を思いっきり伸ばしているところですが、これだけでは分かりませんね。逃げてぴょこぴょこはねているところでカエルと分かるでしょう。
お腹が満たされなくてかわいそうなアオサギ君ですが、ドジなお陰で、お笑い劇場として楽しませてもらいました。
軽井沢では、こちらで、見れても撮影できなかった鳥たちが少し撮れました。向こうはまだ、葉があまり茂っていないので鳥見しやすかったですよ。 

投稿: ジュリジュリ | 2008年5月 8日 (木) 19時26分

アオサギとヒキガエルの食うか食われるかのシーンをバッチリ撮られていますね。
これは、現代の鳥獣戯画、4コマ漫画になっています。
この場合アオサギは悪役ですね。そして最後にヒキガエルが逃げ延びるシーンでは観客の拍手が聞こえてきそうです。
これだけのシーンをカメラに収めるのはとても大変だったのではないでしょうか。
シャープな画像に感心です。

投稿: taka | 2008年5月 8日 (木) 21時46分

おかえりなさいませ。
マガン一斉飛びにもコメント有難うございました。
その前の日の可哀想な可哀想な鉛中毒のオオハクチョウの壮絶死の横で、あんな別なドラマが…。
しかし、あのオオハクチョウさんは可哀想すぎ。人のせいですものねえ。

投稿: 野鳥大好き | 2008年5月 9日 (金) 12時15分

< takaさんへ >
若アオサギのお笑い劇場を楽しんでいただけましたか。
あら、偶然4コママンガになっていましたね。意識はしていなかったのですが・・・
アオサギ君が、大物をどうするのか、興味津々で、撮影し続けていました。それが、こんな展開になるとは・・・
カエルさんのハッピーエンドでなければ、記事にできなかったです。アオサギさんには気の毒だけど、お笑いをありがとう。厳しい自然もあるけれど、こんな気の緩む場面もいいですよね。
対象物が大きいし、カエルが逃げていくのまで写真に写っていたので、遠かったのが、幸いしたようです。

< 野鳥大好きさんへ >
ただいまです。
マガンの飛び出しは、楽しみにしていましたよ。あの声、懐かしいです。
オオハクチョウさんの記事は、悲しくて、コメントは躊躇してしまいました。野鳥大好きさんの優しい気持ちが伝わってきましたよ。
オオワシやオジロワシの鉛中毒が問題になってもう何年も経つというのにちっとも変わっていない・・・。自然に興味のない方たちにも環境問題をもっともっと浸透させていかないといけないですね。そして、自分も、何が出来るだろうか。

投稿: ジュリジュリ | 2008年5月 9日 (金) 12時58分

めずらしいガビチョウにコメントしようかと思いましたが、やっぱり、こっち!!
この捕り物は傑作ですね!
どうしてこんなに大きなカエルを捉えようとしたのか・・・
よほどお腹がすいていたのかな?
カエルも必死、アオサギも必死。
お互い必死だから見ごたえがあるのでしょうね。(本人たちには失礼だけど…)
私もアオサギを見かけますが、餌をとっているのは見たことがありません。いつも田んぼの中にじっと立っているのです。
でも、野生動物が意味も無くじっと立っているわけはないので、腰をすえて観察していれば捕食シーンが見られるのでしょうね、きっと。

投稿: misao | 2008年5月16日 (金) 20時31分

< misaoさんへ >
こちらのもコメントをありがとうございます。
お返事遅くなりました。
ガビチョウは、関東周辺には多いようですが、定着している所に、千葉県が含まれて居ません。実家のほうで、見たことないので納得です。
あはは、このアオサギ君面白いでしょう。
捕まえた所までは意気揚々としていたようですが、いざ食べる段階になって大失敗。
カエルも逃げ出すチャンスを伺っていたのでしょうね。
見ているほうは、本当に面白かったです。どちらも、動きがかわいくてね。
私も、以前は、アオサギって、まるで飾り物のように動かない鳥だなって思っていました。ちょっと、じい様みたいだしね。どうも、こちらに来てからは、川原でも、よくお魚を捕まえているし、食いしん坊さんが多いいのかしら。それとも、私の観察時間がすごく増えたためかもしれません。それに、観察場所が近くなので、ついじっくり見入ってしまうことが多いかも。

投稿: ジュリジュリ | 2008年5月17日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/41038939

この記事へのトラックバック一覧です: 若アオサギの大捕り物:

« 四月後半の川原では | トップページ | 待ち時間の鳥見&植物観察会 »