« JR廃線跡ウォークでベニマシコ | トップページ | 東京へ行く前に鳥見 »

2008年3月23日 (日)

川原で会う地味な鳥達

今日は、茶系の鳥ばかりですが、最初は、鷹を紹介します。

080323misago0316
ミサゴ・・・・・3/16撮影
お魚が大好きな鷹です。足で、大きなお魚をつかんでいます。川の上流方向へ飛んでいきました。

080323misago0321
ミサゴ・・・・・3/21撮影
同じ個体かもしれません。この日は、魚を探しながら、海のほうへと飛んでいきました。

080323hibari0316
ヒバリ・・・・・3/16撮影
地味な常連さんで、夏も冬もいます。今、賑やかに飛びながら囀っています。

080323oojurin0321
オオジュリン・・・・・3/21撮影
冬の間、ずっと気になっていた子です。枯れた葦原にすぐもぐりこんでしまい、なかなか確認できませんでした。風で、うまく枯れ草がなびいてくれた一枚です。

080323sekka0316
セッカ・・・・・3/16撮影
この子も常連さんで、留鳥です。体長12.5cmの小さな鳥で、すぐ枯れ草の中へ潜ってしまいます。

080323sekka070613
セッカ・・・・・2007年6月13日撮影
去年の夏に撮ったものです。クモの糸らしい巣材を口いっぱいにくわえて葦原へ運んでいました。巣作り最中のようです。

今、川では、分散していたカモたちが一箇所に集まり大集団を作ってます。そろそろ、渡りの準備かもしれません。ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、オカヨシガモが混じっています。
21日には、ツバメも確認しました。
そろそろ夏鳥と交代するのでしょうか。

         ~*~*~*~*~*~*~*~*~

明日から、東京へ行ってきます。一週間不在になりますので、申し訳ありませんが、コメントへのお返事は一週間後になります。

|

« JR廃線跡ウォークでベニマシコ | トップページ | 東京へ行く前に鳥見 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

珍しい鳥の大サービスですね^^
それもよく似た顔つきの小鳥を沢山で^^
よく見分けがつきましたね^^
ケロリなんかアオジさんと他の小鳥は
区別がつきますが、カシラダカ、ホオジロ、
ヒバリ、などよく似た顔は後で調べないと
???????状態です^^
セッカの綿を咥えた写真良い雰囲気出てますね^^
こういう写真大好きですよ^^ケロリは
真似ができないけれど、躍動感があっていいですね^^
ミサゴもこれだけ近くで撮影できると迫力あり
ますね^^東京の土産楽しみにしています。
カメラ持参のような気がするから・・・^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年3月23日 (日) 17時51分

オオジュリンの冬羽はどうも
ホオジロ♀と見間違いそうで・・・
自信なし(汗

セッカなんて夏鳥のイメージですよね~
やはり冬なんかあんまり見れんからでしょうか?

お!いよいよツバメも確認されたんですね。
いよいよ夏鳥ですね。

こちらは平野と山なんでミサゴは無理なんですが
今日はケロリさんとノスリ探しに行きました。
でもアウト(笑


お出掛け
気をつけて。

投稿: 自然薯 | 2008年3月23日 (日) 19時43分

オオジュリンの冬羽が、ホオジロ♀とそっくりだというのを
つい最近知りました。
色の薄いホオジロ?と思っていたのが、
もしかしたら冬羽のオオジュリンの初見だったかもcoldsweats02
ジュリジュリさんの写真を眼に焼き付けて、
これからは、見る予定の鳥の中に
「オオジュリン」を加えなければ…!

きょうは、ツミの交尾に出くわしましたhappy02
近くで営巣してくれるよう、
あまり刺激しないように見守っていきたいです。

嫁仕事、お疲れの出ませんように。
私も双眼鏡持参で大阪に行こうと思っています(笑)

投稿: kyara-mama | 2008年3月23日 (日) 22時22分

地味って・・・(^-^;)
確かに色は地味だけど、ミサゴの姿は勇壮だし、オオジュリンは白いおなかのふわふわがたまらないし・・・充分見ごたえのある写真たちですよ。
ヒバリ、散歩をしているとせわしなく鳴いて飛んでいる姿を見かけますが、地上ではこんなに可愛い姿をしているのですね。
よく畑に降り立つのを見るのですが、視力の弱い私にはなかなか見つけられないのです。
根気よく探さないとダメですね。

ジュリジュリさんはもうツバメを確認なさったのですね?
私は今年まだ見ていません。

今日から東京ですね。
お気をつけてお出かけください。

投稿: misao | 2008年3月24日 (月) 08時46分

今頃東京ですね。
こんなに可愛い鳥達がたくましく生きている姿をみると感激します。
カモたち飛び立つのかな。どんな情報を誰が?出しているんだろう。不思議ですね。

投稿: ぽん | 2008年3月24日 (月) 11時34分

ベニマシコなんて珍しい鳥を見せて頂いたと思っていたら、今度はミサゴ、オオジュリン、セッカと立て続けに貴重種を見せていただきました。ありがとうございます。ミサゴは魚までつかんだショットで素晴らしいです。
私もいつか会ってみたい野鳥達です。
このところ珍しい野鳥は見ていません。話題と言えば伊豆高原でシジュウカラがたくさんの巣材を巣箱に運んでいるところを見たくらいです。

投稿: taka | 2008年3月24日 (月) 21時56分

オオジュリンもツバメもミサゴも早く札幌に戻ってこないかな。今頃東京かあー。東京でも鳥見時間はあるのかな?

投稿: 野鳥大好き | 2008年3月27日 (木) 14時26分

< 明日はケロリ^^さんへ >
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
 >珍しい鳥の大サービスですね^^
 >それもよく似た顔つきの小鳥を沢山で^^
 >よく見分けがつきましたね^^
それぞれ、気が付きにくい鳥たちかもしれませんね。ミサゴは大空を見上げていないと気が付かないし、他の子達は枯れ草の中では保護色です。見分け方・・・皆、茶色いけど、大きさの違いや、止まり方の違いなど、見慣れてくるとどこか違っているのに気が付きます。でも、図鑑で確認しちゃうのは、同じで~す。
 >セッカの綿を咥えた写真良い雰囲気出てますね^^
ありがとうございます。なかなか止まってくれなくて、偶然写っていた写真です。セッカも、飛んでいるか、葦原に潜っているかで、なかなか撮らせてくれない子です。
 >東京の土産楽しみにしています。
 >カメラ持参のような気がするから・・・
残念ながら、望遠のないチビデジカメしかもって行かなかったので、鳥はとても無理でした。それに、鳥見時間がほとんどなかったので。

< 自然薯さんへ >
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
 >オオジュリンの冬羽はどうも
 >ホオジロ♀と見間違いそうで・・・
 >自信なし(汗
同じホオジロの仲間ですから、皆似てますよね。私は、背中で気が付きます。背中から腰にかけて灰色ぽい薄茶に黒い縦縞が目立っているように思います。あと、胸と脇腹の点々やお腹の白さかな。やはり、自信がないので、いつも図鑑とにらめっこです。
 >セッカなんて夏鳥のイメージですよね
図鑑でみると、近畿・中国の一部、四国、九州あたりで留鳥。後は夏鳥のようです。武庫川の下流域は、冬でもいるようです。暖かいせいですかね。
 >お!いよいよツバメも確認されたんですね
見つけましたよ。でも、写真はボケボケでした。
 >今日はケロリさんとノスリ探しに行きました。
猛禽類はなかなか出会えませんよね。いつも、同じ時間にいてくれたらいいのですが。

< kyara-mamaさんへ >
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
 >色の薄いホオジロ?と思っていたのが、
 >もしかしたら冬羽のオオジュリンの初見だったかも
確かに、似ていますよね。ホオジロが白っぽくなった感じに見えますね。腰の赤茶色もなく、お腹が白っぽいです。もしいれば、そろそろ、雄の頭が黒くなった子もいると思います。移動前に確認できると良いですね。
 >きょうは、ツミの交尾に出くわしました
お~、貴重なシーンに出会ったのですね。
 >近くで営巣してくれるよう、
 >あまり刺激しないように見守っていきたいです。
無事に雛が誕生するといいですね。そちらは、毎年、営巣しているようで、環境が良いのでしょうね。
 >私も双眼鏡持参で大阪に行こうと思っています
私も、双眼鏡だけはもって行きましたが、あまり、見る時間はとれませんでした。kyara-mamaさんはいかがでしたか。

< misaoさんへ > 
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
 >確かに色は地味だけど、ミサゴの姿は勇壮だし、
 >オオジュリンは白いおなかのふわふわがたまらな
 >いし・・・充分見ごたえのある写真たちですよ。
あはは、うれしいですね。地味は、かわいそうだったかな。皆、茶色いで、目立たない鳥ばかりだけど、それぞれはかわいいのよね。
 >ヒバリ、散歩をしているとせわしなく鳴いて飛んで
 >いる姿を見かけますが、地上ではこんなに可愛い姿
 >をしているのですね。
よく、草原を歩いていたりします。でも、保護色で、いつも気が付かず、飛ばしてしまいます。鳴いてくれないと、分からないですね。この子、頭の羽を立ててくれると、もっとヒバリらしいのだけど・・・
 >ジュリジュリさんはもうツバメを確認なさったの
 >ですね?
武庫川に来ていましたよ。この日は一羽だけでしたが、今は他の川にも、何羽も来ています。どんどん増えますね。もう、桜も咲いて、すっかり春ですね。

< ぽんさんへ >
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
気が付かない、草むらの中に、結構鳥たちが潜んでいるのですよ。冬だけ遊びに来る子や、一年中いる子など、ひっそりしているようですが、耳を澄ますと、バリバリ、枯れ草を引き剥がす音がしています。
カモたちもまもなく渡ってしまいますね。電話があるわけでもないのに、どうやって、群れを集めるのでしょうね。集合に間に合わない子もいるかもしれませんが、本当に不思議な能力があるのですね。

< takaさんへ > 
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
喜んでいただけてうれしい限りです。目立たない保護色をしているので、なかなか見つけられませんが、枯れ草の中も結構潜んでいるものですね。
ミサゴは、ときどき、お魚をつかんで飛んでいます。空を見上げていないと気が付きません。きっと、知らないうちに過ぎ去っていることが多いのでしょうね。
 >話題と言えば伊豆高原でシジュウカラがたくさんの
 >巣材を巣箱に運んでいるところを見たくらいです。
おっ、いよいよ、シジュウカラも巣作りですね。お庭で、子育てが観察できそうで、楽しみですね。羨ましいです。
巣立ち雛たちのかわいい写真を期待しています。

< 野鳥大好きさんへ >
コメントをありがとうございました。留守でお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
 >オオジュリンもツバメもミサゴも早く札幌に戻って
 >こないかな。
オオジュリンは北海道では夏鳥なんですね。同じ日本でも、北と南では、鳥も随分違って面白いですね。そちらは、まだ、春にならないかな。こちらは、もう桜です。
 >東京でも鳥見時間はあるのかな?
ほんのちっとだけ、鳥見しました。でも、カメラが望遠なしのチビデジカメなので写真は無理でした。久しぶりに、関西では会えないオナガに会いましたよ。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月31日 (月) 12時33分

オナガはわたくし、2ヶ月だけ川崎に住んだ時に瞬時2回…、八戸でも瞬時1回の確認種です。羨ましいな♪

御帰りなさいませ、お待ちしておりましたわ♪

投稿: 野鳥大好き | 2008年3月31日 (月) 22時07分

ジュリジュリさん お帰りなさい。
この中で見たことあるのは ひばりだけです。
ひばりのいた土地は 今は開発されてしまい、ここ何年も見ていません。
地味な鳥たち 気づかないだけでいるのかも知れませんね。

オナガは 関西にはいないの~。
ウチのほうも時々しか会えませんけれど、ブルーがきれいな鳥ですよね。

投稿: zucca | 2008年3月31日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/40604242

この記事へのトラックバック一覧です: 川原で会う地味な鳥達:

« JR廃線跡ウォークでベニマシコ | トップページ | 東京へ行く前に鳥見 »