« やっと会えたトラツグミ | トップページ | 川で遊ぶジョウビタキとルリビタキ »

2008年3月12日 (水)

身近にいる鷹たち

来客などで、しばらく鳥見ができませんでした。今日は、身近で出会った鷹たちを紹介します。300mm望遠ではつらいものがありますので、画像は、すべてトリミングし、判別できるように補正しています。

080311hayabusawaka02291
080311hayabusawaka02292
ハヤブサの若鳥・・・・・2月29日撮影
周りの鳥たちが騒がしいと思ったら、狩に失敗した猛禽らしき影。シャッターを押し捲っていると、この子はこちらへ向かってきて、頭の真上を低く飛んでくれた。ハヤブサだとすぐわかった。トリミング無しでも割と大きく撮れていたが、逆光なのが残念。近場で見られるとは思わなかった。

〔ハヤブサ〕・・・全長雄38cm、雌51cm、翼開長84~120cm。海岸の断崖で繁殖。山地の例もある。冬は全国の海岸、河口、湖沼、原野などに住む。

080311haitakarashii02111
080311haitakarashii02112
ハイタカ?と思われる個体・・・・・2月11日撮影
ほんの一瞬、2カットのみ撮れたもの。小ぶりの鷹に見え、ハイタカではないかと思うのですが自信はありません。画像はめいっぱいトリミングし補正してあります。

〔ハイタカ〕・・・全長雄31.5cm、雌39cm、翼開長62~76cm。本州以北の山地の林で繁殖。冬は全国的に見られる。

080311ootakawaka0711262
オオタカの若鳥・・・・・2007年11月26日撮影

080311ootakawaka01262
080311ootakawaka01263
オオタカの若鳥・・・・・1月26日撮影
違う場所で見たオオタカの若鳥ですが、我が家の近所なので、もしかしたら、同じ個体かもしれません。11月に撮影した子は、カラスに追われながら、水鳥を狙って失敗。1月に撮影した子は、ドバトの群れを狙って失敗。食べ物にありつくのは容易なことではないようです。

〔オオタカ〕・・・全長雄50cm、雌56.5cm、翼開長105~130cm。本州と北海道の山地の林で繁殖。秋冬には全国の平地から山地の林に住み、農耕地や市街地にも出現する。

このほか、トビ(いつも一羽だけ)、ミサゴ、チョウゲンボウらしい小さな猛禽を見かけました。また、渡りの季節にはサシバやハチクマがはるか上空を飛んでいくようです。これは教えていただかないとわからなかったです。
ここは、田んぼや畑がどんどん宅地化されつつある街ですが、結構鷹たちが遊びにやってくるのには驚いています。行動範囲はかなり広いのでしょうが、餌となる生き物が住んでいるということですね。鷹の判別は苦手で、ほとんどわからないのですが、発見すると、うれしくなります。

|

« やっと会えたトラツグミ | トップページ | 川で遊ぶジョウビタキとルリビタキ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

猛禽はカッコ良いですね~
でも、ボクも殆ど判りません(笑

うちの近所もオオタカがいるらしいですが未確認・・
某所のハヤブサには卵が産まれたとか・・

でもなかなか見に行けません。

確かに上空高くはよく飛んでますね。なんだか判らないけど(汗

投稿: 自然薯 | 2008年3月13日 (木) 00時23分

コン♪
近所でコレだけ撮れるんですね。
ハヤブサんかバッチリですやん。
なかなか空に意識がなくって。。。
ポリポリ f  ̄. ̄*)

投稿: 翡翠♪♪ | 2008年3月13日 (木) 01時00分

上手い事撮れてますね^^
大空を舞う鳥を撮影するのって難しい
ですよね^^目印(周りに景色)が無いから
被写体をレンズに入れるの大変です^^
やっとレンズに入っても、また見失うと周りの
景色がないからまた大変、やっとレンズに入った
時には遠くに飛ばれてしまってる事結構あります^^
ケロリも今度娘が暇な時に鳶、サギ類の飛翔を
撮影に行くつもりです。娘はセンスがいいから
乞うご期待^^いつ行くか娘次第で未定です^^

投稿: 明日はケロリ^^ | 2008年3月13日 (木) 05時29分

ハヤブサ・ハイタカ・オオタカ みんな良く撮れてる~scissors
身近にも猛禽類が結構いるもんですね。

先日駅前を通りかかった時に 土鳩の群れが落ち着かない様子で飛んでいました。良く見ると上空に ゆったりと舞う鳥が一羽 確認できました。
カメラを持ってなくて撮れなかったけれど(持ってても難しかったかも)猛禽に違いないです。
もう一度見たいと思ってるのですが、カメラを持ってる時には会えないものですね~。

猛禽も身近ではないのでほとんど分かりません、写真撮った時には教えてくださいね。

投稿: zucca | 2008年3月13日 (木) 08時15分

< 自然薯さんへ > 
こんにちは!
 >猛禽はカッコ良いですね~
 >でも、ボクも殆ど判りません(笑
迫力あって、カッコイイですよね。自然薯さんも判別は苦手ですか。私は、いつも、図鑑とにらめっこです。
そちらでも、猛禽情報があるのですね。
 >某所のハヤブサには卵が産まれたとか・・
え~、もう卵ですか。早いのですね。こちらの近くには断崖なんかないし巣作りには場所がないかも・・・
上空高いところを飛んでいると、判別はほとんどできませんね。カラスに追われていれば、大きさがわかる程度。シルエット見ただけでわかるようになりたいものです。

< 翡翠♪♪さんへ >
こんにちは!
 >近所でコレだけ撮れるんですね。
そうなんですよ。いつでも見られるわけではありませんが、時々、見かけます。撮影は思うようにできませんけどね。
 >ハヤブサんかバッチリですやん。
ありがとうございます。このときは、本当に近かったのです。めったにないチャンスかな。こっちがびっくりしたくらいです。
 >なかなか空に意識がなくって。。。
冬場は、鳥も地面にいることが多いですよね。つい茂みを気にしてしまいます。翡翠さんが今度狙っている鳥さんも地面にいそうですね。上空は見過ごすばかりです。

< 明日はケロリ^^さんへ >
こんにちは!
お褒めいただきありがとうございま~す。
 >大空を舞う鳥を撮影するのって難しい
 >ですよね^^目印(周りに景色)が無いから
 >被写体をレンズに入れるの大変です^^
そうなんですよね。小さいとますます抜けてしまってピントが合わないですね。動いているので、とにかくカメラで追いかけないといけないし、見失うと次は、たいてい遠くに行ってしまって、もうカメラでは追えない・・・あはは、どたばた劇は皆、まったく同じですね。
 >ケロリも今度娘が暇な時に鳶、サギ類の飛翔を
 >撮影に行くつもりです。・・・
サギたちの飛翔も美しいですね。ゆったり飛んでくれるから、シャッターチャンスがあるかもしれません。ふふ、ケロリさんも撮ってくださいね。
ケロリさんは、いいお父さんですね。私の父は子供の頃、全然遊んでくれませんでしたよ。かまってくれたのは赤ちゃんの頃だけみたい。おぶってどこどこへ連れて行ったと言われても覚えているわけないですよね~。

< zuccaさんへ >
褒めて下ってありがとうございま~す。
 >身近にも猛禽類が結構いるもんですね。
そうなんですよ。私もちょっと驚きです。
 >先日駅前を通りかかった時に 土鳩の群れが落ち
 >着かない様子で飛んでいました。良く見ると上空に
 >ゆったりと舞う鳥が一羽 確認できました。
そうそう、こんなときに、猛禽が発見できるんです。カモやカモメが騒がしくなったり、カラスが騒がしかったりして、他の鳥たちに猛禽の存在を教えてもらうことが多いです。
 >カメラを持ってる時には会えないものですね~。
カメラがないときで残念でしたね。そんなことが多いです。常にカメラを持ち歩くのも大変です。出会えたときは目に焼き付けるしかないですね~。でも、報道カメラマンや、スクープを狙っている人たちは、カメラを手放さないのでしょうね。
写真を撮ってものんびりしていると、アップする時期を逸してしまうことが多くて・・・整理整頓も下手なので溜め込んでしまうのね。ありがとう。なるべく、早くアップしますね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月13日 (木) 10時06分

こんにちは。
すっごーい、どれも好く撮れていますねscissors
猛禽類が大空を舞っている姿、かっこいいですね。
どれも鳥の名前は判らないです。
上空高くに飛んでるなーと思っても、
写真には撮れないから眺めているだけです。
きっと人から見たらぽかんと口が開いてるかもsad

投稿: シマのママ | 2008年3月13日 (木) 10時38分

< シマのママさんへ >
こんにちは!
お褒めに預かりありがとうございま~す。
 >猛禽類が大空を舞っている姿、かっこいいですね。
そう思うでしょう。間近で見れると、これは迫力満点でしたよ。数は少ないので、あまり見かけないかもしれません。それに、上空を飛んでいると気が付かないことが多いと思います。黒い点ではカラスに見えてしまいますから。
 >上空高くに飛んでるなーと思っても、
 >写真には撮れないから眺めているだけです。
私は、どうせ撮れていないだろうなと思いつつも、シャッターを切っています。帰って確認するとやはりなんだかわからないことがほとんど。あきらめたほうがいいのにね。 
 >きっと人から見たらぽかんと口が開いてるかも
うひゃっひゃ、それ、私かも。時々撮るのを忘れて、ぽかんと見ていることがあるので・・・はずかしい~。マスクでもしていようかな。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月13日 (木) 11時43分

ええ、どの画像も仰る通りですわ。猛禽の判別は大変なのに、凄い♪。
で、ご存じでしょうが、オオタカの大きめのオスと、ハイタカの大きめのメスの計測数値は重なりますので、要注意です。見慣れたら、オオタカのほうがお腹がデブなので解りますが、わたしもこの2つは、いつも、うーーんと、唸ります。
また、ツミという猛禽もそちらには居ますが、初列風切(翼先端、分離している部分)の枚数が、オオタカ・ハイタカだと、6枚。ツミだと5枚になります。
念のためツミの飛翔をここに置いて参りますね。
http://miyanooka1.sakura.ne.jp/tori/wasi/tumi-wa.jpg

http://miyanooka1.sakura.ne.jp/washiyaeenoiaacq.html

また何かあればお使い下さいませ。

うふふ、レア、超レアをご覧になられたのですわ、野鳥スロット。日記にも書いてございますが、野鳥以外のアイテムはレア・超レアですの。出ても、ものは秘密にお願い致しますね。うふふ。

投稿: 野鳥大好き | 2008年3月13日 (木) 18時21分

ページが開いた瞬間、思わずワーッと声を上げてしまいました。オーッだったかな(^^♪ すごくかっこいい写真の数々。特にハヤブサの横顔 素敵。
羽の模様がそれぞれいいですね。ハイタカは目のまわりが黄色いね。
皆強そうに見えますが、それでも食物にありつくのは大変なことなのですね。 
元気になる写真。見せていただいてよかったです(^^♪

投稿: ぽん | 2008年3月13日 (木) 18時56分

こんばんは。
わぁ、カッコイイ!ハヤブサ!
そしてきれいに撮れてますね、生き生きしている感じ!
鷹類のあの鋭い目、怖い感じもするけど
たくましく生きている感じが良いですよね。
我が家の近所では、せいぜいトンビかなぁcoldsweats01

投稿: ぴよ | 2008年3月13日 (木) 19時23分

いいですね~。どれも良く撮れています。私はトンビくらいしか撮ったことは無いですが。
オオタカの狩の様子、武蔵野だから埼玉だと思いますがNHKのBShiで放送していました。画面に釘付けでした。オオタカは頭が良くてグランドのネットへヒヨドリを追い込んで空中でキャッチする様を紹介していました。迷彩テントに張り込んでオオタカを撮影する鳥好きの方の生き様に感動でした。
子供の頃、田舎の信州にはハイタカやハヤブサらしき猛禽類が飛んでいたのに興味が無かったのが惜しい気がします。

投稿: taka | 2008年3月13日 (木) 20時51分

< 野鳥大好きさんへ >
早速、採点に来てくださりありがとうございます。
いつも、猛禽類は自信がなく、迷ってばかりです。
 >で、ご存じでしょうが、オオタカの大きめのオスと、
 >ハイタカの大きめのメスの計測数値は重なりますの
 >で、要注意です。
いえいえ、知らなかったです。模様が似ていて、大きさで判断できないと、これはお手上げです。とにかく、オオタカはデブと覚えておきます。
 >また、ツミという猛禽もそちらには居ますが、
 >初列風切(翼先端、分離している部分)の枚数が、
 >オオタカ・ハイタカだと、6枚。ツミだと5枚に
 >なります。
そうそう、はじめツミとも思ったのです。でも、以前に、翼の先端の指のような部分の本数もチェックすべしと言われたことがあったのを思い出して、図鑑とにらめっこしました。先端部の枚数が確認できて、これは納得しました。
いろいろ参考資料も置いていってくださりありがとうございました。いろいろ勉強になります。写真も楽しく拝見させていただきました。
秘密で確認できないけど、やはり、スロットはレア物だったのね。何かいいことあるかな~♪

< ぽんさんへ >
こんばんは!
 >ページが開いた瞬間、思わずワーッと声を上げて
 >しまいました。オーッだったかな(^^♪ すごく
 >かっこいい写真の数々。特にハヤブサの横顔 素敵。
こ~んなに喜んでくださって、すご~くうれしいです。でも、ハヤブサ、かっこいいでしょう。迫力あるんですよ。
鷹は翼やお腹の模様が違います。見分けるポイントにもなるんですよ。目の虹彩の色も黄色が多いですが、違う子もいます。判別は大変です。
 >皆強そうに見えますが、それでも食物にありつくのは
 >大変なことなのですね。
そうみたいです。私が見るのはいつも失敗ばかりです。かわいそうだけど、狙われた子は救われたわけだし。複雑ですね。

< ぴよさんへ >
こんばんは!
 >わぁ、カッコイイ!ハヤブサ!
 >そしてきれいに撮れてますね、生き生きしている感じ!
かっこいいでしょう。褒めてくださりありがとうございます。ハヤブサだけは、近くに飛んできてくれたのです。わたしの存在を確かめに来た感じでした。すご~くうれしかったですよ。
 >鷹類のあの鋭い目、怖い感じもするけど
 >たくましく生きている感じが良いですよね。
あ、ぴよさんもそう思われますか。私も、この鋭い目が引き込まれるようで、なんとも好きです。時にかわいくも感じることがあります。
トビも鷹なんですが、多くて身近すぎるのか、人気がいまひとつですね。でも、結構いける顔つきしているし、かわいいですね。鎌倉では人の食べ物を横取りする悪者になっているようですが・・・人間がそうさせたのよね・・・

< takaさんへ >
こんばんは!
褒めてくださりありがとうございます。
 >オオタカの狩の様子、武蔵野だから埼玉だと
 >思いますがNHKのBShiで放送していま
 >した。
せっかく教えてくださったのに、我が家はBSが見れなくて残念でした。
 >オオタカは頭が良くてグランドのネットへ
 >ヒヨドリを追い込んで空中でキャッチ
へぇ~、考えているのですね。むやみに突撃するだけではないのですね。ヒヨチャンにはかわいそうだけど、オオタカの生き様を見たかったですね。私が見た若鳥はまだ知恵がないのか、失敗ばかりでした。
信州にいたことがあるのですか。きっといろいろな猛禽類や小鳥達がいたことでしょうね。でも、伊豆高原も期待できそうな気がしますよ。そちらに住んでいる鷹の紹介を楽しみにしています。

投稿: ジュリジュリ  | 2008年3月13日 (木) 21時34分

猛禽たち、ばっちり撮れていてすばらしいですshine
識別方法を色々皆さんが教えてくださるのですが、
経験不足のせいで、いつも
オオタカ?ノスリ?トビ?・・・と“?”マークつきです。
でもツミの鳴き声はわかる(つもり)です^^
つい先日も、♀に会いました。
また営巣してくれないかなぁ・・・。

投稿: kyara-mama | 2008年3月13日 (木) 23時04分

< kyara-mamaさんへ >
こんにちは!
お褒めに預かりありがとうございます。
鷹たちの写真は、識別可能であれば喜んでしまいます。
 >識別方法を色々皆さんが教えてくださるのですが、
 >経験不足のせいで、いつも
 >オオタカ?ノスリ?トビ?・・・と“?”マーク
 >つきです。
私もそうなんですね。鷹渡りを見に行くのですが、上空高くシルエットしかわからないのに、識別できる方がいらっしゃいます。ただただ感心するばかりです。やっといくつかわかるようになって来たかな。でも、図鑑は手放せないですね。
 >でもツミの鳴き声はわかる(つもり)です^^
 >つい先日も、♀に会いました。
 >また営巣してくれないかなぁ・・・。
ツミの声聞いたことがないです。もしかしたらそうかなと思ったことがあるくらいです。
お近くで、営巣していたのですか。羨ましいな~。ツミの親子を見ることができたのですね。今年も見れるといいですね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月14日 (金) 12時16分

今日は!
ハヤブサの若鳥、顔がしっかり撮れていて大成功ですね。
歌舞伎で、こういう顔をした人が出てくるのを思い出しました。忘れられない顔ですね。
こちらには、オオタカ、ツミなどが営巣しているのを聞いているのですが、いまだに出会うことができません。

投稿: ぴょんぴょん | 2008年3月14日 (金) 17時22分

< ぴょんぴょんさんへ >
こんばんは!
ありがとうございます。ハヤブサを間近で見れたのは初めてだと思います。低く飛んでくれたのでお顔までバッチリ見れましたよ。若鳥で好奇心旺盛だから、私を観察に来たような気がします。
 >歌舞伎で、こういう顔をした人が出てくるのを思い
 >出しました。忘れられない顔ですね。
あ、なんか出てきそうな顔ですね。しっかり、もみ上げがあって、鋭い目をしていて、特徴あるお顔ですものね。
 >こちらには、オオタカ、ツミなどが営巣しているのを
 >聞いているのですが・・・
営巣しているのですか。いい環境ですね。このあたりは、もしかしたら、冬鳥として遊びに来ているだけかもしれません。でも、そちらでは、子育て中の鷹たちに出会うかもしれませんね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月15日 (土) 00時26分

すごいですねぇ~
目つきや嘴を見てると、さすが猛禽類という感じの鋭さです。
江の島でトビを良く見ますが、「トンビに注意!」の看板があるからわかるようなもので、きっと他の大型の鷹やハヤブサでも区別はつきません(^^ゞ
サイクリングコースには、チョウゲンボウの巣のある陸橋があるのですが、なかなかお目にかかれません。
大空で悠々と羽ばたく姿は、すばらしいですネ

投稿: orenge | 2008年3月15日 (土) 23時11分

< orengeさんへ >
お返事遅くなってすいませんでした。
 >目つきや嘴を見てると、さすが猛禽類という感じの
 >鋭さです。
やはり、顔つきが他の鳥さんたちとは違いますよね。これがかっこ良くて、惚れ惚れしちゃいますね。
 >江の島でトビを良く見ますが、・・・・・
江ノ島もお弁当をさらっていくんですよね。トビはいたずら物で、有名になってしまったようです。
トビは屍肉、カエル、昆虫類、ミミズ、人間の捨てた残飯などを食べます。ところが、他の鷹たちは、主に小鳥を襲って食べます。トビのように、お弁当は狙わないかな。
一番わかりやすい見分け方は、尾羽の開いた形。トビは三味線のバチのような三角形ですが、他の鷹たちは扇のように先が丸いです。
 >サイクリングコースには、チョウゲンボウの巣のある
 >陸橋があるのですが、なかなかお目にかかれません。
近くで営巣しているのは羨ましいです。私も、鷹たちに出会うのは数少ないですよ。気が付かないうちに通り過ぎてしまうのでしょうね。

投稿: ジュリジュリ | 2008年3月16日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/40475468

この記事へのトラックバック一覧です: 身近にいる鷹たち:

« やっと会えたトラツグミ | トップページ | 川で遊ぶジョウビタキとルリビタキ »