« 武庫川の鳥たち | トップページ | 舞台作りに励むバンの幼鳥 »

2007年9月10日 (月)

ハグロトンボ

うれしいことに、ハグロトンボが身近にいました。 7月の終わりごろ、甲山森林公園に遊びに来ていた幼稚園の男の子がここの池の周りにいることを教えてくれたのです。たくさんいたのですが、昨日の散策では、一匹見かけたくらいでだいぶ少なくなってしまいました。

070910hagurotonboosu10810
ハグロトンボのオス ・・・・・ 8/10甲山森林公園にて

細長い腹部は光によって、青から緑のメタリックカラーで、胸は緑のメタリックカラーに輝いています。羽は黒。

070910hagurotonboosu20810
ハグロトンボのオス ・・・・・8/10甲山森林公園にて

胸部の上の部分はオレンジ色から、赤く光り、翅の内側は、光が当たると、青緑色に輝いて見えます。よく見れば見るほど、美しいトンボです。

070910hagurotonboosu30810
ハグロトンボのオス ・・・・・ 8/10甲山森林公園にて

翅を広げたところですが、もっと美しく輝いていた瞬間を捉えることはできませんでした。

070910hagurotonbomesu10810
ハグロトンボのメス ・・・・・ 8/10甲山森林公園にて

こちらはメスです。胸部はオスと同じように側面は緑色に、上面はオレンジから赤色に輝いています。長い腹部は鈍い黒。尾部は金色に輝いています。翅は、こげ茶色です。

070910hagurotonbomesu20810
ハグロトンボのメス ・・・・・ 8/10甲山森林公園にて

翅を広げたところです。薄っすら透けているのが分かります。

070910hagurotonbomesu38010
ハグロトンボのメス ・・・・・ 8/10甲山森林公園

メスの産卵の様子です。セリらしい植物の水中にある茎に卵を産み付けています。メスも、翅に光が当たると、少し赤や青く光ってみえます。

070910hagurotonbosanran8028
ハグロトンボの産卵 ・・・・・ 8/28甲山森林公園にて

産卵しているメスの近くでは、オスが見張りをしています。他のオスにのっとられないようにするためらしいです。

〔 ハグロトンボ 〕
学名 : Calopteryx atrata
分類 : カワトンボ科
分布 : 本州、四国、九州など
体長 : 60mm
成虫は5~10月頃、特に7~8月によく見られる。めすは単独で水面近くの水中植物の生体組織内に産卵。挺水植物や沈水植物が繁茂する緩やかな流れに生息。

|

« 武庫川の鳥たち | トップページ | 舞台作りに励むバンの幼鳥 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ハグロトンボ キレイね~。
腹部から胸にかけての色といい翅の色といい、とってもおしゃれさんですよね。ウットリしちゃいます。
産卵するメスのそば見張るオス 可愛いく見えて来ました♪
(何枚も写真を見てるうちに情がうつったみたい(^^ゞ)

一度 井の頭公園の池で見たことがありました。
あの頃は鳥ばかりだったから、もう一度じっくり見てみたい。
ところで ハグロ は お歯黒からきてるらしいですね。

投稿: zucca | 2007年9月11日 (火) 21時59分

< zuccaさんへ >
見れば見るほど美しいことに気がつき、今では、ファンです。
光の当たり具合で、本当にきれいに輝きますよ。
きれいな小川で、のんびりふわふわ飛ぶ姿を見ているとほっとします。まだまだ美しい自然があるんだなって思えるひとときです。
オスも、子孫繁栄のために必死なんですけど、仲睦まじく思えますね。これほど見守ってもらえるなんてうらやましいほどです。
zuccaさんもファンになってしまいましたか?
ぜひ、今度見かけたら、じっくり見てください。いろいろな角度から見ると、色合いも違って見えますから。
トンボの名前、お歯黒から来ているのですか。昔の女性は、お洒落から、歯を黒くしていたのですよね。やはり、洒落たトンボということなのかな。でも、歯が黒いのは、時代の感覚相違からか、素敵とは思えないけど、美意識も時とともに変わっていくのですね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月12日 (水) 10時31分

はじめまして。突然のご連絡申し訳ございません。
某テレビ局で番組制作をしている者です。
現在、ハグロトンボの写真を放送用に探しているのですが、こちらの写真を借用させて頂くことはできないでしょうか。もしよろしければメールを頂けないでしょうか。
詳細をご相談させて頂ければと思います。
よろしくお願い致します。

投稿: udo | 2011年5月31日 (火) 15時13分

ハグロトンボ雄もミヤマカワトンボ雄と同じく
腹部が青緑色に光るので暫く見とれてしまいました。
雌には偽縁紋がありませんが,腹部が褐色なので辛うじて分かります。
口元には牙らしいものが見え怖そうです。

投稿: itotonbosan | 2014年2月 5日 (水) 20時32分

< itotonbosanさんへ >
こちらにもコメントありがとうございます。
ハグロトンボとミヤマカワトンボ、良く似ていますよね。どちらも、金属光沢があってとても美しいです。
ハグロトンボは、都心の公園でも見かけました。しかし、めったに会えないです。真剣に探さないからかしら。コメントくださったお陰で、今年は、都心のトンボでも探そうかと思っています。

投稿: ジュリジュリ | 2014年2月 6日 (木) 18時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハグロトンボ:

« 武庫川の鳥たち | トップページ | 舞台作りに励むバンの幼鳥 »