« 水に浸かりたくないのは誰? | トップページ | ミズヒマワリに群がる蝶・・・その1 »

2007年9月27日 (木)

鷹渡り

9月21日の夜出発して、長野県の白樺峠へ鷹渡りを見に行った。
夜中の2時半に駐車場へ到着。車の中で仮眠して、朝5時頃から、周りの人が起き出す。眠いけど、5時半頃には起き出して、朝食の準備。ガスコンロの調子が悪くばたばたしていると、知らない人がガスコンロを貸してくれた。ありがたかった。
お昼のカップ焼きそば用のお湯を沸かし、朝食のホットサンドを作って食べた。7時過ぎには昼食の準備をして、観察地点へ登り始めた。

070927shirakabatouge0922
登りつくと、開けたところで、すでに観察している人がたくさんいる。斜面にはだんだんにベンチが作られていた。それぞれ場所を確保して、鷹が飛んでくるの待つ。8時半頃から、鷹が現れ始め、あちこちで、シャッターの音がし始めた。すごい望遠レンズばかりが並ぶ中、私の300mmはほとんど役立たず。でも、目いっぱいトリミングしたボケ写真をアップします。

070927sashiba10922
070927sashiba20922
サシバ ・・・・・ 2枚ともめいっぱいトリミングしています。

070927hachikuma10922
070927hachikuma20922
ハチクマ ・・・・・ この2枚もめいっぱいトリミングしています。

070927takabashira0922
鷹柱 ・・・・・ 黒い小さな点が、皆、鷹です。上昇気流に乗って、ぐるぐる回りながら、空高く舞い上がっていきます。そして、風に乗って、一気に南下していきます。小規模ながら鷹柱が時々できていました。

この日は、合計1000羽以上の鷹が白樺峠を通過して行ったそうです。
高いところを通過していくので、きれいな写真はとても無理でした。鷹が出てくると、皆が教えてくれます。そして、いっせいに同じ方向を向くのがおかしかったです。鳥に興味のない人が見たら、へんな集団と思うでしょうね。

夕方まで、観察をして、夜は駐車場で夕ご飯。もう一晩駐車場で車中泊。ところが、次の日は天気が悪く、ガスって何も見えません。早々に帰ってきました。長距離運転に、車中泊は疲れました。

|

« 水に浸かりたくないのは誰? | トップページ | ミズヒマワリに群がる蝶・・・その1 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。
白樺峠の鷹渡りを見に大勢の鳥見フアンが来てるのですね。びっくりしました。
そして、重量のある大型の鳥たちが、上昇気流をうまくつかんで遠くに飛び立って行く術を知っていることに今更ながら感心しました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年9月28日 (金) 06時27分

< ぴょんぴょんさんへ >
こんにちは!
朝早くから、すごい人でしたよ。多い日で、300から400人程の人が訪れるとか。3箇所ほど駐車場がありますが、どこもいっぱいで、あふれています。団体で、大型バスに乗ってくる方たちもいます。昼頃までには、人で埋め尽くされたようになっていました。車中泊の人はさすがに少なく、皆、峠の下の温泉に泊まって、明け方登ってくるようでした。
鷹はどのようにして、覚えたのでしょう。ほとんど羽ばたかず、どんどん高く上がって、風に乗ると、すごい速さで、飛んでいきます。気持ちよさそうでした。でも、これから、長旅が続くのですよね。無事に目的地へ着くことを祈っています。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月28日 (金) 11時42分

ダイナミックな鷹渡り、初めて知りました。
本格的なファンの方がたくさんいらっしゃるのですね。
そしてジュリジュリさんも本当にお好きなんですね(^.^)
鷹柱って聞くだけでもわくわくした感じですね。
一日でもお天気でよかったですね(^^♪
旅のお疲れ、ゆっくり癒してくださいね(^o^)丿

投稿: シマのママ | 2007年9月28日 (金) 11時49分

< シマのママさんへ >
鷹渡りは、ここの近くの甲山からも見れるのですが、数は少ないです。白樺峠、有名な鷹渡りのコースです。あと、伊良湖岬も有名です。いろいろな条件がそろうと、ものすごい数の鷹柱が見られるそうです。なかなか思うようにはいきませんが、小さな鷹柱でも、見られただけでラッキーです。
実は、あまり鷹の判別ができないのですが、野次馬みたいなもんで、遠路はるばる行ってきました。でも、周りの人がみんな教えてくれるので、楽しめちゃいます。ベテランさんは、飛んでいく鷹のシルエットだけで、判別ができるんですよ。私もそうなりたいけど、無理そうです。
のんびりしていたいけど、今週末は、家族旅行で奥飛騨へ、また遠出です。今度は宿があるので、ゆっくりできるかな。

投稿: jジュリジュリ | 2007年9月28日 (金) 22時01分

ジュリジュリさん、こんにちは
渡りの観察にはまだ行ったことがありません。
先日、近所にいたオオタカが上昇気流に乗ってゆっくり旋回しながら上って行くのを見かけましたが、(当然その間道端に突っ立って空を見上げる怪しいおばさんしてました!)あの子も南へ旅立っていったのでしょうね…。
明日、利根川や小貝川沿いで渡りの定点観測会があるようですが、腰の調子が今ひとつなので、残念ながら参加できそうにありません。
22日には、こちらの鳥の会の方たちも白樺峠にいらしたようで、549羽カウントされていました。
ハチクマって首が長くて、面白い姿をしていますね。
渡りのコースが話題になっていたのは、ハチクマでしたでしょうか?
冬越しの為の島々までわざわざ遠回りして行くのには、島の形成の歴史に関係あるかも知れないなんて、ロマンです。

投稿: kyara-mama | 2007年9月29日 (土) 15時19分

< kyara-mamaさんへ >
こんばんは!
あまり鷹を知らないのに、見に行ってきました。もちろんカウントなどせず、ただ、ボーっと鷹を眺めているだけです。
kyara-mamaさんも、近所でタカを見られましたか。私もスーパーで買い物をして、車を運転し始めたら、上空を2羽の鷹が回っていました。でも、前後に車の列ができていたので、とめてみるわけにも行かず悲しい思いをしました。車へ乗る前に見つけていれば、私も、kyara-mamaさんと同じように上空を見上げている妖しいおばさんをしていたでしょう。
腰が痛いのはつらいですね。鳥見はさほど歩かず立ち止まってばかりいるのに結構腰に来ます。大事にしてくださいね。
渡りのことはあまり知らないのですが、不思議ですよね。苦労して、毎年同じように渡りをするのが・・・
>冬越しの為の島々までわざわざ遠回りをして行くのには、島の形成の歴史に関係・・・
知らなかったです。ということは、大昔はまっすぐ最短コースを飛んでいたのでしょうか。遺伝子レベルで、コースの特徴がインプットされ続けたのかしら。渡りについていろいろ知りたくなりました。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月30日 (日) 22時28分

鷹渡り、面白そうですね。大勢の方が見に来ていらっしゃるのね。
次々と鷹がここを通過して行くのですね。一日見ていても飽きなさそう。
私も行ってみたくなりました。
皆さん4WDとかそういう車なのかしら?

投稿: zucca | 2007年10月 1日 (月) 10時16分

鷹の観察のためにこんなに人が集まっているのですね。
すごいなぁ・・・(並んでいるカメラもすごい!!)
猛禽類は存在感がありますよね。
私も、見かけるとすごく幸せな気分になります。
それがこんなにたくさんいっぺんに見られるのですから、苦労して出かける甲斐がありますよね。
サシバはこちらでも時々見ることができますが、ハチクマはいないようです。
ましてや鷹柱なんて・・やはり山に行かないと無理ですよね?

投稿: misao | 2007年10月 1日 (月) 10時31分

< zuccaさんへ >
遅くなってごめんなさい。義母が来ていたので、PCをなかなか見れなくて。
白樺峠は、いろいろあるコースのうちの一つだそうです。ばらばらに散らばっていた鷹たちが、集まってきて、同じコースを通過していくのが面白いですね。また、そんな拠点を見つけた鳥見人達もすごいと思います。写真が目的の人や、鷹渡りを調査している人など、いろいろな人が集まってきますが、きっと、この時期しか人はいないところだと思います。
駐車場泊まりの人の車はいろいろ。RV車が多いかな。キャンピングカーの人もいるし、ステーションワゴンや、小さめのレンタカーまで。我が家はステーションワゴン。座席がフラットにならないタイプなので寝心地悪く、2日が限度かな。

< misaoさんへ >
義母が来ていたので、PC見れなくてごめんなさい。今朝、駅まで送ってきました。
すごい大砲レンズの列でしょう。写真が目的の人がかなり来ています。標高が高いので、うまくすると、低いところを鷹が通ってくれるらしいのです。残念ながら、この日は高いところばかり通過していきましたがね。
あまり判別できないくせに、猛禽類を見かけると、貴重なものを見たような気がして、misaoさんと同じく、幸せになりま~す。かっこいいものね。
そちらの里山にはサシバがいるのね。いいな。渡り時期以外の旅先で、サシバを見ることはあったけど、ハチクマを見たことはないかも。どこにいたのかな。
鷹柱は、愛知県の伊良湖岬の海岸でも見られますよ。今週末あたり、鷹渡りファンは伊良湖岬に集まっているんじゃないかな。お天気しだいで、低く飛んでくれたり、鷹柱ができたりするようです。ここは、ヒヨドリの渡りも見ものです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年10月 2日 (火) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/16593231

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹渡り:

« 水に浸かりたくないのは誰? | トップページ | ミズヒマワリに群がる蝶・・・その1 »