« 草原や、山道で出会った鳥たち | トップページ | ハグロトンボ »

2007年9月 5日 (水)

武庫川の鳥たち

河口から10キロメートルほど、上流に行った武庫川下流域付近が、私の川原散歩の場所。夏場は、水が少なく、荒れ果てた感じです。

070905mukogawaseki0822
8月22日の川です。ほとんど干上がっています。魚道にも堰にも水は流れ落ちていません。水は、右奥に少し流れているだけでした。

9月3日お散歩したときは、少し水が増し、魚道に水が流れていました。でも、相変わらず、堰には水が流れ落ちていません。こんなに川が干上がっているのに、水不足にはなりませんでした。魚などは困っていないのでしょうか。

枯れ草が多い荒れた川原ですが、幼鳥達が元気に遊んでいます。

070905hakusekireiyouchou10903
ハクセキレイの幼鳥。目が合って、ちょっと驚いた様子。まだ、嘴の根元が黄色いです。

070905hakusekireiyouchou20903
幼鳥でも、もう一人で、石の下に餌がないかなって、探しています。

070905suzumenoko10903
070905suzumenoko20903
スズメの幼鳥です。やはり、まだ、嘴の根元が黄色いです。頬の黒いマークも薄いです。
暑い中、気持ちよさそうに水浴びです。

070905koshiakatubame10822
070905koshiakatubame20903
コシアカツバメたちは、一時、川原から、いなくなっていましたが、再び、戻ってきました。鳴きながら、飛び回ってます。時々、空中で虫をキャッチしていました。栄養補給をして、南へ渡る準備をしているのでしょう。幼鳥も混じっているのでしょうが、分かりませんでした。

細く流れている水際には、カワウやケリ、サギたちが集まっていました。イソシギやイカルチドリも元気です。少し小ぶりな幼鳥をつれたカルガモもいました。鳥たちは水量の少なくなった川原でも、酷暑に耐え、元気に暮らしています。

|

« 草原や、山道で出会った鳥たち | トップページ | ハグロトンボ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

水浴びしたいスズメの気持ちがよく判る、このところの暑さですね。
暑すぎて、ずっとお出掛けができていません。
その分こちらでしっかり見せていただきました。

ハクセキレイの幼鳥のあどけない目、可愛いね(^^♪
沢山の蝶や鳥の写真&説明をありがとう、
楽しみましたよ(^O^)/
これからも、まだまだヨロシクね。

投稿: シマのママ | 2007年9月 6日 (木) 12時09分

< シマのママさんへ >
こちらは、まだまだ暑いですね。夜は、まだ、寝苦しい日が続いて、寝不足状態です。
川原は、木がなくて、暑いのですが、風があるので、どうにかお散歩できます。冷たいお茶は必需品。川ばかりでなく私も干上がってしまいそうですから。
鳥たちの水浴び見ていると、私もって思うのだけど・・・子供だったら、躊躇なく、飛び込んでいるだろうな。
整理できていない写真がまだあります。時期はずれになってしまいそうですが、すこしずつアップしていきますので、また見に来てくださいね。のんびりし過ぎちゃったみたい。暑さのせいだ~~~ぁ!なんて。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 7日 (金) 09時58分

河口から10KMほどのところだと河原も広くて、暑い日は木陰が恋しくなりますね。
ハクセキレイもスズメも幼鳥のあどけなさが残っていて可愛いですね。水浴び 気持ち良さそう(^o^)丿
鳥の写真 何時も素敵に撮れていて、楽しませていただいてます。
これで何ミリくらいのレンズなのかな?
やはり重いですか?
台風は夕べのうちに私のところは通過してくれましたが、進路にあたる方はこれから気がかりですね。

私も最近はのんびりペースの写真整理です。
マイペースでゆきましょうね。

投稿: zucca | 2007年9月 7日 (金) 11時02分

< zuccaさんへ >
そちらは、台風無事に過ぎたようですね。
ニュースでは、多摩川が増水して、救助された人が何人もいたとか。しかし、決壊しなくてよかったです。東北のほうは、農作物が心配ですが・・・
私のお散歩するところだけなぜか木がないみたいです。もう少し、下流には、遊歩道沿いに大きな木が植わっています。ちょうど、遊歩道の切れ目かな。日差しは強いですが、風があるので、助かっています。
近くに来てくれたのは、あまり警戒心のない幼鳥くらいでした。他の鳥さんたちは遠くにしかいません。怖くないのにね。
カメラに詳しくないけど、下記の機材を使っています。
カメラ : ニコン D40
レンズ : AF-S VR Room-Nillor 70-300mm f/4.5-5.6G
手振れ防止つきのズームですが、ほとんど300㎜を使っています。そして、デジタルカメラ本体の画角が1.5倍になるらしく、実際には450㎜相当になるそうです。
重さは、本体が475g、バッテリーが約50g、レンズが745g。総重量約1,270g
思ったよりコンパクトで、軽いです。主人も、300㎜レンズをつけていますが、彼のは大きくて、重たいです。その代わり、レンズが私のより性能がいいので写りはずっとクリアーですがね。
私のは軽いので、手持ちで、飛んでいる鳥も追いかけられます。腕はいまいちですが、気楽に振り回せるのが、とても便利です。でも、鳥撮影にはもっと、倍率の高いレンズが欲しくなりますね。私の写真は皆、トリミングしています。なかなか近くで撮れず小さくしか写らないので。いろいろ欲も出てきますが、扱いやすい重さなので、重宝しています。
ただ、写真を撮り過ぎてしまうのが玉に瑕ですね。
旬の記事をと、焦ってしまいますが、zuccaさんにマイペースでといわれるとうれしいです。なんかほっとしちゃいます。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 7日 (金) 18時50分

ジュリジュリさん、カメラのこと 詳しく教えていただいて有難うございました。
とても参考になります。
約1.3kg 結構重いですね。腕力鍛えないと~~(^^ゞ

写真はPCのご機嫌を伺いながらね。
暑いと考えもまとまらないし・・・。
明日はこちらも34℃になるとか、涼しさになれた身にはチョットつらいかも(^_^;)

投稿: zucca | 2007年9月 7日 (金) 20時48分

ジュリジュリさん、こんにちは
台風は弱いものには過酷ですね。
友人が、瀕死のムクドリを見かけたと言っていました。
コシアカツバメの飛び姿、美しいですね!惚れ惚れします。
無駄のないフォルムが、速さを生むのでしょうね・・・。

投稿: kyara-mama | 2007年9月 8日 (土) 11時09分

< zuccaさんへ >
参考になればうれしいです。
あっ!、レンズの名前間違っていた。
Roomではなく、Zoomが正しいです。ごめんなさい。
コンパクトデジカメよりは重たいですが、割としっくり来るかな。
カメラ屋さんで、いろいろ持ってみるといいですよ。カメラの握り具合も機種やメーカーによって違います。小さすぎても、指が当たるとか、しっくりいかないものもあります。予算と機能と握り具合の兼ね合いかな。機能はどんどん進化してしまうし、選ぶのは難しいですね。
今日も、また写真がたまってしまった・・・

< kyara-mamaさんへ >
こんにちは!
台風は大丈夫でしたか。鉢物の非難など大変だったでしょうね。
鳥も、台風の被害を受けることがあるのですね。
ムクドリさん、避難場所が悪かったのでしょうか。
鳥が被害にあってもニュースにはならないから、今まで気がつかなかっただけなんですね。川でも、濁流に飲まれた幼鳥がいたかも・・・
鳥たちとって、自然も脅威なんだ。厳しいな~。
コシアカツバメは、尾が長いので、余計スマートに見えます。飛んでいる姿はかっこいい。普通のツバメは見かけなくなりましたが、今日も、すうぃーすうぃーと飛んでいました。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 8日 (土) 17時52分

高原で出会った蝶たち、草原や山道で出会った鳥たち・・・
どれも美しくてかわいくて、思わず見とれてしまうばかりです。
旅行に出かけても、名所旧跡を見てまわったり名物を味わうだけよりも、こういうプラスアルファがあると楽しみが何倍にもなりますよね。
(ジュリジュリさんには、こちらがメインでしょうか?)

そして川原散歩の鳥たち。
どれもイキイキしていますね。
えさを探したり、水浴びをしたり・・・
コシアカツバメの飛翔写真は素晴らしいですね。
私もツバメを散々写していますが、まだまだまともに撮れません。
修行が足りないのぅ・・・ぶつぶつ・・・

投稿: misao | 2007年9月 8日 (土) 18時53分

< misaoさんへ >
すぐ写真が整理できず、のろりのろりとアップしています。見てくれてありがとうございます。
いつも旅行は、登山か、サイクリングでした。年とともに、登山も、いつの間にか鳥見や、自然観察がメイン。体力も衰え、のんびり自然を満喫するのもいいかなって。
鳥見散策のついでに、近くに名所旧跡があったら寄るという感じかな。名物は味わってみたいのですが、同行者がまったく興味を示してくれません。たいてい、却下です。ぐすん!
旅行といえば、コンビニ弁当か、レトルト食品。食事つきの宿に泊まれれば、万々歳。・・・てな感じです。
枯れ果てた川原の炎天下では、カワウ、サギ、ケリなどは銅像のごとく動かないです。でも、元気に動き回っている鳥たちを見るとほっとしますね。
普通のツバメは見られなくなり、コシアカツバメが増えています。飛んでいる鳥の写真は思うようには撮れませんね。手振れ防止つきなので、たまにましなのが撮れています。でも、シャープではありません。
misaoさんは、航空ショーやサーキットなどの早さについていける腕があるのですからすごいです。ツバメもきれいに撮れていたではありませんか。いつも、クリアーでシャープな写真を撮られるから、なかなか満足できないのでしょう。
最近、シャープさを求めるのはあきらめました。レンズのせいにしています。・・・そういうと、誰かさんは腕が悪いというのですが。
やっぱ、修行かな・・・

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 8日 (土) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/16353382

この記事へのトラックバック一覧です: 武庫川の鳥たち:

« 草原や、山道で出会った鳥たち | トップページ | ハグロトンボ »