« 自動給水器のお陰で白麗が・・・ | トップページ | 食いしん坊のメジロ坊や »

2007年8月27日 (月)

毛皮のショールをまとったマルハナバチ

8月11日、長野県の三城牧場近くの山荘から、百曲という山道を通って、美ヶ原高原まで散策をした。

標高1800~1900mくらいのところで、トリカブトの花の蜜を吸っている、もこもこのかわいいマルハナバチに出会った。多分、ナガマルハナバチだと思います。

070827nagamaruhanabachi10811
もこもこした毛皮のショールを羽織っているようなかわいい蜂でしょう。 小さくて、たくさんトリミングしているので、画像が悪いですが、特徴は分かると思います。
まず、黒い顔が馬のように細長い。胸部の黄色い毛が生えているところの中央に横一文字に太くオレンジ色している。

070827nagamaruhanabachi20811
そして、白い矢印のところに見えている、折りたたんだ、ストローのような口吻がとても長い。 腹部は、白と黒の帯状の長い毛に覆われている。
以上の特徴から、ナガマルハナバチと見られる。

〔ナガマルハナバチ〕
学名 : Bombus consobrinus wittenburgi Vogt
種類 : 昆虫類 ハチ目 ミツバチ科
分布 : 長野、群馬、山梨を中心とした本州中部山岳地帯。 
       東北では、南部山岳地帯の山深いところのみ。
      標高1500メートル以上のところに生息
大きさ : トラマルハナバチよりは若干小さい。
      参考までにトラマルハナバチ-♀20~26㎜、働き蜂10~18㎜

ナガマルハナバチが蜜を集めているのは、トリカブトであるが、美ヶ原高原あたりには、ヤマトリカブト、ツクバトリカブトが分布し、変異の多いトリカブトでは同定が難しいそうです。到底私には分かりませんので、トリカブトとしておきます。
キンポウゲ科の植物で、青紫に見えている部分はすべて、ガクです。花弁は、帽子上になった上ガク片のなかにあり、花弁の奥に距があって、そこに蜜を分泌するようです。
ところで、トリカブトはアルカロイド系のアコニチンという猛毒を全草に含んでいます。花粉や蜜にも毒があります。養蜂家達は、トリカブトの花粉や蜜が混じらないように気を使うようです。
さて、ハチは大丈夫なのでしょうか?
この毒は、人間の神経伝達物質に作用するのですが、人間と違う伝達物質を持つハチには影響がないらしいのです。 
ナガマルハナバチ君、たくさん蜜を吸っても大丈夫なようですね。 よかったよかった。

    ~・~・~・~ おまけで ~・~・~・~

070827kibananoyamaodamaki0811
〔キバナノヤマオダマキ〕
学名 : Aquilegia buergeriana f. flavescens
種類 : キンポウゲ科 オダマキ属
分布 : 北海道、本州、四国、九州
ヤマオダマキの黄花品をキバナノヤマオダマキというようです。
美ヶ原高原では、黄花のほうが多いそうです。私は、黄花しか見つけられませんでした。
この花も、花弁に見える、白っぽい部分がガクです。黄色く下から見えているのが、花弁。上に細長く棒状に突き出ているのが距と呼ばれる部分。 この先端に蜜が分泌されるようです。 きっと、口の長いマルハナバチが蜜を吸いに来ることでしょう。 渋くて、静かな佇まいが素敵な花です。

|

« 自動給水器のお陰で白麗が・・・ | トップページ | 食いしん坊のメジロ坊や »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

私も昨年美ヶ原高原へ出かけました。
生まれて初めてアサギマダラを見る事ができて感激しましたよ~♪
今年も行きたかったなぁ・・・

マルハナバチにも色々な種類があるのですね。
この毛皮を見ると重そうで、「よく飛べるなぁ」と感心してしまいますね。
特に今年は暑いので毛皮が邪魔かもね。

私が美ヶ原で見たヤマオダマキも、ほとんどが黄色い花でした。
あのあたりは黄花が多いのでしょうか・・・
いずれにしても、姿の美しい花ですよね。
私も大好きです。

投稿: misao | 2007年8月28日 (火) 08時34分

< misaoさんへ >
アサギマダラ素敵ですよね。色といい、優雅に舞う姿といい、見とれてしまいます。 この日はアサギマダラに会えず、霧が峰高原でたくさん出会えて、私も感激しましたよ。
マルハナバチは、今回、調べて、たくさんの種類がいると知りました。毛皮を着ているようなもこもこがかわいいくてね。この子達は、寒さに強いようです。夏には暑苦しい姿ですものね。種類にもよるでしょうけど、ナガマルハナバチは標高の高いところにいるようですね。多少暑さ対策もできるようですが、暑いときは、活動が鈍るそうです。でも、他のハチと同じく、冬には死んでしまい、新女王だけが冬眠して、来春を待つようです。
ヤマオダマキ赤紫色のほうは、見つけにくいだけなのかしらね。でも、美ヶ原を紹介しているHPでは、黄色のほうが多いと紹介されていました。私は他の場所でも、黄色のほうをよく見かけます。山では、白っぽいほうが目立つのかな~。
・・・確かに、美しい花ですよね~。登りの疲れもすっ飛んでしまうくらい。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月28日 (火) 19時10分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毛皮のショールをまとったマルハナバチ:

« 自動給水器のお陰で白麗が・・・ | トップページ | 食いしん坊のメジロ坊や »