« 毛皮のショールをまとったマルハナバチ | トップページ | 高原で出会った蝶たち »

2007年8月29日 (水)

食いしん坊のメジロ坊や

昨日、甲山森林公園でメジロたちのかわいい光景に出会いました。

070829mejiro10828
左で翼をプルプルしているのが子供、右で黒い実をくわえているのが親

 「お腹すいたよ~!」
 「今、行くさかい、待ち~や。」

070829mejiro20828
 「おいち~ぃ!」
 「そんな急がんで~ぇ」
 「もう一つあるさかいな。」

070829mejiro30828
 「また、いってこなあかんな。」
 「ほな、もう一つやるでぇ。」
 「もぐもぐ・・・」

070829mejiro40828
 「はよう来てぇ~。もっとほちぃ~。」

070829mejiro50828
 「持って来たでぇ~。」
 「ぱくぱく・・・」

070829mejiro60828
 「あ~、しんどう! もう終わりやからね。」
 「もっと~。ばたばた・・・」

下手な通訳で申し訳ありません。関西弁はいまだによく分かりませ~ん。なかなか身につかないものですね。変な言い回しになってしまいましたが、メジロさんたちは賑やかに会話してました。

|

« 毛皮のショールをまとったマルハナバチ | トップページ | 高原で出会った蝶たち »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

アハハ メジロもそうか 関西弁なのね(^o^)丿
毎日関西弁シャワー浴びてるせいでしょうか、お上手(なんて、私も関西弁のこと良くわからないけれど)

メジロの親子 よく見つけられましたね♪
幼鳥も親と同じ姿・格好で、甘えのポーズをしてないとわかりませんね。
嘴は少し黄色いのが残ってるかな?
でも楽しい会話でしたよ!

霧が峰のヤマオダマキ 素敵ですね。苧環好きな花です。
毛皮のショールのハナバチさんもこもこで可愛いですね。
でも毒草の蜜が混じらないように気を使う養蜂家さんの事、初めて知りました。

投稿: zucca | 2007年8月29日 (水) 12時57分

< zuccaさんへ >
鳥のさえずりにも地域差があるらしいので、関西弁に挑戦してみたけど、まだ、よく分からないのです。さりげなく聞き流していると、あまり、違和感がないし、ちっとも覚えないの。年のせいかな。
このメジロの親子は、とても賑やかだったので、すぐ、見つけちゃいました。幼鳥は、ほとんど親と同じですね。若干翼の色が茶色いかな。嘴の黄色いのも全然分かりませんでした。独り立ちしてもいいくらいなのに、甘えているのかな。
メジロ親子の会話を楽しんでくれてありがとう。きっと、関西人が見たら、変な会話だと思うわね・・・
オダマキは、下向き咲きで、ちょっとユニークな形がかわいいくて、私も大好きです。
ハチも、マルハナバチのようなかわいい子なら歓迎です。ハチには何度かさされたことがあるので、ちょっと苦手ですけどね。蜂蜜で、中毒事件が起きたことがあるそうですよ。トリカブトの花の咲く前に蜂蜜を集めるとか、工夫しているようです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月29日 (水) 21時08分

おはようございます
メジロの親子、か・かわいい~~♪
うんうん、ほんと、こんな会話が似合いますねぇ(^-^)
ぱっちりの目がなんともかわいいこと!
私はどうにも生き物の写真を撮るのは苦手なので
もうこんな場面を撮るなんて、尊敬!
今日もメジロの親は、せっせと餌運びなんだろうなぁ。

投稿: ぴよ | 2007年8月30日 (木) 08時12分

< ぴよさんへ >
おはようございます。
かわいい場面でしょう。ひょっこり、こんな場面にも出会えるお散歩は楽しいですね。
鳥語の通訳、だいたい、こんな感じに思えるでしょう。大きな体で、目一杯甘えている姿はかわいくて、釘付けになっちゃいました。
写真はどんなものでも撮るのは難しいとつくづく感じます。私は、ひたすら、記録写真。尊敬だなんて、とんでもありません。狙って撮れる物ではなく、偶然なんです。賑やかなメジロを撮ってみようとカメラを向けたら、えさやり場面。ファインダー越しに観察です。もちろんシャッターも押してました。そのうち、きれいな写真を撮れるようになりたいです。
今は、雷雨です。こんなときも、餌運びしているのかな。親は大変ですね。ご苦労様です。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月30日 (木) 10時38分

今日は!
まだ、メジロの親子は仲良く一緒に棲んでいるのですね。
楽しく拝見しました。いつ頃、子離れ、親離れをするのでしょうか、興味あるところです。
 わが家の菜園には、今年の春生れたと思われるキジの♀2羽がときどき訪れてきます。しかし、大分大きくなっているので、親子か、姉妹かはちょっと分かりません。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年8月30日 (木) 12時21分

こんばんは。
おもろい関西弁6コマブログできましたね。

 もう日常会話でジュリジュリさん、
コテコテの関西弁使っとんのやろな~。
お好み焼きやたこ焼きもチョットうるさくなったんかな?(笑)

投稿: きたはりま | 2007年8月30日 (木) 23時36分

ほほえましいですね~♪
メジロたちの必死の子育ても、
関西弁で見ると、なんとなくほのぼのとしているようです。
3コマ目のお父さん(?)のジャンプ姿、面白いですね。
この後羽根を広げて飛んだのかな・・・
それとも隣の枝に飛び移ったのかな・・・なんて、想像をしながら楽しく見せていただきました。
この坊やが自分でえさをとって自立する日も近いのでしょうね。
がんばれ~、メジロたち。

投稿: misao | 2007年8月31日 (金) 08時05分

< ぴょんぴょんさんへ >
こんにちは!
まだ餌をもらっているとは、ずいぶん遅生まれの子なのでしょうね。それに、ほとんど親と変わらない体になっているけど、いつまで甘えているのかしら。一家族をずっと観察できたら、面白いでしょう。そんな機会がいつか来ないかな。私も、いろいろ知りたいです。
いつかのキジたちがしばらくは、近くをうろうろしているのですね。名札でもつけてくれると分かりやすいのに・・・川のカルガモたちも、まったく分からなくなりました。以前のように固まっている子達はいないようです。
ぴょんぴょんさんとorengeさんのブログは相変わらず見ることができません。同じセキュリティを使用している伴侶のPCでは見ることができます。今度許可を得てから、見に行きますね。

< きたはりまさんへ >
関西弁の師匠、こんにちは!
師匠に楽しんでもらえたとは、うれしいです。もっと、流暢な関西弁に通訳できるよう日々精進いたします・・・なんてね。
まだ、何弁が出てきたのやらって感じです。
お好み焼きは、おいしいですね。近くのお店では、トラスペシャルなるメニューがあります。焼き鳥やさんでも、野球の番組は必ず流れています。この近所で、巨人ファンなんていえない・・でも、私は、違いますよ。たこ焼きは、明石焼きなるものを食べました。これもいけますね。

< misaoさんへ >
ふふ、かわいいでしょう。
当事者達は、大変でしょうけど、無責任な私には、かわいく面白い光景でした。
昔々、関西の方とお仕事をしていた時、「東京弁は、はっきりし過ぎて、きつく感じるけど、関西弁は語尾がやんわり聞こえるから、商談などに便利だよ。」といわれたことがあります。確かに、やんわり聞こえて、身構えさせないような気がします。ほのぼの感じてもらえれば、関西弁もときどき使ってみましょう。まだ、未熟ですけど・・・
ジャンプしているのは、多分お父さん。写真が不鮮明なのでなんともいえませんが、メジロのオスは、お腹の真ん中に喉から尾にかけて細い黄色い線が一本あります。メスは淡色。(雌にも淡色の線があるようです。2008年1月17日変更)この黄色い線があるような気がしたので、お父さんかなって・・・ちょっと自信がないので、書けませんでした。
この後、枝に飛び移ってから、また餌をとりに飛んでいきました。忙しいお父さんです。写真の枚数を減らすために、間を抜いてしまったのだけど、かえって、想像して楽しんでもらえて、うれしいことです。
甘える姿はいつまで見られるでしょうね。こちらでは、もう、秋の渡りの鳥達が甲山を通過していくのがみられるそうです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月31日 (金) 13時52分

ジュリジュリさん、こんばんは!
メジロの親子、よく撮れましたね!
いるのは分かっていても、動きが早いし、すぐ茂みに入ってしまうしで、とても親子の識別までできないでいます。
メジロのオスには黄色い線があるのですか?知りませんでした。冬になったらじっくり観察してみますね!

方言というわけではありませんが、最近うちに来るシジュウカラの若鳥はどうもうちで育った子(か、近い親戚)のようで、『スゥピスゥピスゥピチィ~ウ』と、親そっくりのかすれ声で鳴いています。声は伴侶を見つけるのに大事な要素だと思うのですが、人間の考える美声と基準が違うのか、声を補って余りある魅力があるのか(?!)ここ数年、無事子孫を残しているようです(笑)

投稿: kyara-mama | 2007年9月 1日 (土) 00時11分

 関西でも隠れ巨人ファンも多いですよ!
強い時だけ現れる、卑怯な奴ですが!!

 俺もその一人。m(u_u)m

投稿: きたはりま | 2007年9月 1日 (土) 01時13分

< kyara-mamaさんへ >
こんにちは!
メジロたちは本当に動きが早いですよね。双眼鏡で確認してからでは、何も撮れません。見つけたら、カメラを向けてとにかくシャッターを押すようにしています。最近、カメラ越しに観察していることが多いかな。
メジロの雄の黄色い線は、私もじっくり観察したことがないのです。いつも、じっとしていてくれないですからね。
シジュウカラの声にも、個体差がありますよね。私も、かすれ声のさえずりを聞いたことがあります。風邪でも引いたのかと思いました。ハスキーな歌声も魅力的に聞こえますから、鳥の世界でも、いけるのかもしれません。
ところで、声は遺伝しているのですね。面白いな。特徴あって、すぐ、家の子って分かるから、いっそう、かわいいですね。

< きたはりまさんへ >
あら、こちらでは、肩身が狭いですね。
東京では、Gマークをよく見かけましたが、こちらでは、トラ模様ですね。今年は、どうなるのかな。接戦で結果が楽しみです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 1日 (土) 12時40分

こんにちは。
メジロさんちのお食事風景、楽しませていただきました(^^♪
関西の言葉は、一度身につくとなかなか抜けにくいようで
ご近所にも関西生まれの方がずっと関西弁で話していますよ。
ジュリジュリさんもいつかバリバリの関西弁になるかもね。

我が家は日中に大阪発のラジオを聞いていますので
関西弁は違和感なく耳に入ってきます。
そして知らぬ間に阪神のファンに洗脳されてしまったようです(^^ゞ

投稿: シマのママ | 2007年9月 6日 (木) 12時02分

< シマのママさんへ >
こんばんは!
メジロさんたちは、賑やかにお食事でした。親は忙しいですよね。行ったり来たりで、餌を運んでいます。我がまま放題餌をねだっているのですが、子供はやはりかわい~い!
関西弁、まだ、身についてはいないけど、人としゃべっていると、イントネーションが変だったり、語尾が変だったりです。つられちゃうのかな。でも、子供の時のように吸収はしないと思うけど・・・
シマのママさんは、トラさんファンなんですね。トラさんファンは熱狂的といわれるけど・・・我が家は、ファンというほどではありませんが、なんとなく応援したくなるチームですね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年9月 6日 (木) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/16274344

この記事へのトラックバック一覧です: 食いしん坊のメジロ坊や:

« 毛皮のショールをまとったマルハナバチ | トップページ | 高原で出会った蝶たち »