« 多肉植物-乙女心 | トップページ | ウチワヤンマとオオシオカラトンボ »

2007年7月 2日 (月)

ハンゲショウにモノサシトンボ他

今日(7月2日)は、暦の上で、半夏生にあたる。(半夏生についての詳細はこちら

070702hangeshou
< ハンゲショウ >・・・7/1甲山にて撮影
学名 : Saururus chinensis
別名 : カタシログサ
科属 : ドクダミ科ハンゲショウ属

漢字で半夏生と書き、暦の上で雑節の一つである半夏生の頃に花を咲かせ、葉が白くなることから名が付いた。また、葉の片面だけが白くなるので、片白草とも呼ばれ、半化粧とも書くようだ。
近くでは、淡い香りが漂っていました。この草には香りがあるようです。

池のほとりに咲いていたハンゲショウの葉の上に小さな生き物が休んでいました。

070702monosashitonbo
< モノサシトンボ >・・・7/1甲山にて撮影

070702kuroitotonbo
< クロイトトンボ >・・・7/1甲山にて撮影

初見のモノサシトンボと以前紹介したクロイトトンボでした。モノサシトンボは少し大きめで、長さ4cmくらい。クロイトトンボは隣の葉にいたのですが小さいくて、2.5cmくらいです。

~・おまけで・~・~・東京でのにわか大工仕事・~・~・

先週の嫁仕事は、義母の庭のお手入れ。幸い、芝はまだ、あまり伸びていなかったので、芝刈りはなく、雑草取りと蔓物や、延びた草などの選定作業、花の終わった鉢などの片付けや、植え替え。そして、問題が一つ。

道路に面した玄関側に、車が一台止められるくらいのスペースがあり、そこを、他人の車が、方向転換などに利用して乗り入れるので、侵入防止の鉢を一つ作って欲しいとの依頼がありました。花は手入れが大変だから、葉っぱだけでよいとのこと。
確かに、轍のあとが付いていました。でも、一鉢では侵入防止になりません。そこで考えて、急遽作ったのが、バリケード付きプランター。

070702barikedotukipuranta
余っていた2×4材を切れないノコギリで、メジャーもなく切断、細いドライバーでコースレッドをねじ込み、どうにか、組み立ててみました。木の柵と同じペンキが残っていたので、それを塗って出来上がり。入れる鉢は、奥にある寄せ植え。まだ寂しいけど、ミントブッシュに、銀葉のヘリクリッサム、濃い赤紫のコリウス、そして、緑色だけのヘデラを植え込みました。ヘデラが垂れてくると感じがよくなると思うけど・・・ペンキが乾く時間がなかったので、設置は、義母にお願いして、帰ってきました。
手には豆ができてつぶれ、背中は少々筋肉痛。ちょっと、日程が厳しかったかな。

|

« 多肉植物-乙女心 | トップページ | ウチワヤンマとオオシオカラトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。
東京での大工仕事ご苦労様でした。
即興にしては良いのが出来たじゃないですか。
のこぎり、ドライバー持ってビリーズブートキャンプ
にもなったのかな?(笑)

投稿: きたはりま | 2007年7月 2日 (月) 23時53分

< きたはりまさんへ >
ただいま!
何とか、バリケードになりそうなものができたので、本人は満足。
設置した具合を確認できなかったのがちょっと心配。それに依頼者が満足できたか心配です。押し付けてきちゃったのでね。
あはは、確かに、暑い日で、すごいエクササイズになったと思う。
でも、義母の家でも、実家でも、たくさんご馳走になったので、全然痩せなかったみたい。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月 3日 (火) 09時17分

ハンゲショウ、昨日見てきた(撮って来た)ばかりです。
香りがあるのですか?・・・気がつかなかったなぁ。
道路よりもかなり低い位置に咲いていて近づけなかったのですが、あらかじめ知っていれば道に這いつくばってでも香りを嗅いできたのに・・・

青いイトトンボ、きれいですね。
涼しげで、子供の頃から大好きな昆虫です。

そして、車止め兼鉢入れ、とても素敵にできましたね。
確かに手入れはたいへんだけど、きれいな花も合いそうですよね。
株元に細かいつる植物を垂らして、上はあふれるように咲く白いペチュニア・・・なんて、これからの季節いいと思うのですが。

投稿: misao | 2007年7月 3日 (火) 11時07分

< misaoさんへ >
あら、misaoさんもハンゲショウを見られたのね。私のほうも、手前に水があってちょっと離れていたけど、ハンゲショウのあるところでは、淡い香りがしていました。図鑑には臭気があると記載されていましたが、いやなにおいではなかったですよ。
イトトンボは、似たような模様のがいて、皆同じに見えてしまいますね。写真に撮ってから、ネットであちこちの写真と見比べています。近頃、妙にトンボが気になって、つい探してしまいます。自然があると、童心に返ってしまうのかな。
鉢入れ、お褒めに預かり、ありがとうございます。
>株元に細かいつる植物を垂らして、植えはあふれるように咲く白いペチュニア・・・
この提案、大賛成。私が近くにいたら絶対そうする~。木のプランターに合うと思う。
どうも、義母は花が嫌いじゃないけど、花柄摘みをするのは面倒みたいです。見るだけで、育てるのは苦手みたい。水遣りだけはしてくれるようです。残念だな~。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月 3日 (火) 12時29分

こんにちは、お疲れ様でしたね。
嫁仕事で車止めつきプランター(反対かな?)まで作ってしまうなんて、益々頼れるお嫁さんにお義母様は早く近くに戻って欲しくなったでしょうね(^.^)
そしてご実家では甘えられるうちは、甘えることが親孝行で好かったですね。
バスの旅も余りお疲れではなかったようでしたので安心しました。
まだ乗っても好いとは、やはり若さですね。

ハンゲショウの葉は、真夏には化粧を落として緑色になると他のブログで知りました(^^ゞ
少しの間、旅の疲れを落とすのにゆっくりしてね。

投稿: シマのママ | 2007年7月 3日 (火) 16時50分

< シマのママさんへ >
余計なものまで作ってしまったから、ちょっと疲れたかな。
作品名は何でもいいですよ。車侵入防止と鉢カバー両方の機能を果たしてもらうものなので。実際は機能しているのか心配ですけど。
>甘えることが親孝行・・・
と勝手に思っています。親は迷惑しているかもしれませんが。
バスも、思ったより楽でした。若くはないのだけど、やはり、値段が気に入ったのかも。寝不足は家に帰ってから、たっぷり寝て解消しました。
>ハンゲショウの葉は、真夏には化粧を落として緑色になる・・・
へ~ぇ、元に戻るのですね。化粧を落とした姿も確認しに行こう。面白い情報をありがとうございます。
旅疲れはだいぶ落ちました。でも、まだ、いくらでも眠れそう。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月 3日 (火) 19時29分

写真がもう少し大きいと見やすくなります。

北茨城市で見られるモノサシトンボの肩黒条中には
三日月紋があるのを発見しました。
こちらで見られるモノサシトンボにも見られましたが
見られない地方もあります。

投稿: | 2014年2月21日 (金) 20時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンゲショウにモノサシトンボ他:

« 多肉植物-乙女心 | トップページ | ウチワヤンマとオオシオカラトンボ »