« 京都のアオバズク | トップページ | 美しいチョウトンボ »

2007年7月30日 (月)

バンの親子

武庫川の支流、仁川沿いの池で、バンが繁殖に成功し、子育てをしている。

070730bankyuai0623
6月23日求愛行動と思われます。雄が尾羽をたてて、白い羽を見せています。威嚇や、誇示するための行動と見られています。メスは、平たくなって、受け入れの意を示しています。この池には20日前後に飛来したそうです。

070730bansudeesa0726
7月26日巣の中に居る雛に餌をあげています。
7月の上旬に誕生したそうです。3羽生まれたのですが、一羽はまもなく、ヘビに食べられてしまったと聞きました。巣はこの池に3つもあります。どこかで抱卵していたのでしょう。

070730banoyogiesa0726
泳ぎながらでも、餌をねだっています。

070730banhina2wa0726
雛たちは、たいてい、浅いところで休んでいます。お母さん早く来ないかなって、待っているようです。あっ、バンはお父さんも子育てを手伝っています。
真っ黒くろすけの小さな先の赤い翼がかわいい。

070730banoya0729
7月29日、バンは雌雄同色なので、この写真がオスかメスかはわかりませんが、のんびり、羽づくろいしています。

070730banhinashagamu0729
雛達は、別の石の上で、かわいくしゃがんで羽づくろい。

070730banhinatacchi0729
立ち上がると、大きな足が目立ちますね。

2羽の雛達が、無事に大きく育って欲しいものです。まだまだ、お母さん、お父さんは大変ですね。

|

« 京都のアオバズク | トップページ | 美しいチョウトンボ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

バン,
近くの乙戸沼でよく見かけますが、まだ雛は見たことがありません。
今度、寄ったときは、注意して観察してみたいと思っています。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年7月30日 (月) 19時13分

< ぴょんぴょんさんへ >
こちらにもコメントをありがとうございます。
そちらにも、バンが居るのですね。そういえば、以前、ブログでお見掛けしたような気がするのですが・・・
この池で、繁殖したのは、初めてと伺いました。繁殖に成功するのは大変なことのようです。そちらでも、繁殖に成功しているといいですね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月30日 (月) 22時40分

おはようございます。
バンのカップル、子育て大忙し中ですね。
雛も赤いくちばしが可愛いこと!
餌をねだるところは、見ててほのぼのしますね。
繁殖、なかなか難しいとのこと、この雛たちが
無事に巣立ちますようにと。
いろんな場面の写真、まるで自分がその場に
居るような感じにもなれましたよ~(^-^)

投稿: ぴよ | 2007年7月31日 (火) 08時26分

バンの実物はまだ見た事がありませんが、黒い体に赤と黄色の嘴がとてもおしゃれな鳥ですね。
そして雛のかわいいこと♪
すご~く雛らしくて、頼りないですね。
親鳥たちがそばにいてくれないと、見ているこちらが不安になってしまいます。

それにしても、雛の脚の大きさに驚きです。
4枚目の写真、左の雛を見てから右の雛を見て、びっくりしました。
左の雛を見ているかぎり、こんなに大きな脚を持っているとは思えないのです。
そして6枚目の写真で『ゲッ!』と思いました。
これが親鳥のようにバランスよくなるのだから、不思議ですね。

投稿: misao | 2007年7月31日 (火) 10時35分

< ぴよさんへ >
バンは、カルガモと違って、お父さんも子育てに参加しています。雛も少し大きくなってきたのか、雛だけを残して、どこかへ行ってしまうことが多いです。でも、ちゃんと見張っているのでしょうね。時々雛達を呼んでいます。
雛の兄弟はずいぶん性格が違っていて、一匹は積極的に親を追いかけて餌をねだります。もう一匹はおとなしくて、石の上にぺったりしていることが多いです。でも、ちゃんと育っているようだから、おとなしい子も餌をもらえているのでしょうね。
写真を楽しんでくれてうれしいです。無事成長していく写真をまたアップできればと思います。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月31日 (火) 10時39分

おはようございます。
バン、初めて見ました。
足の大きさは成長する前からもう大人と同じみたい。
真っ黒くろすけってよく解ります、足が大きくてころころ出来ないね。
黒い体に赤いポイント、可愛いです。
実物を観てみたくなりますね。

京都でのアオバズクも身近に観られるのですね。
ジュリジュリさんは、新しい土地での鳥見観察が素敵ですね。
お陰でお家で楽チンな鳥見させて頂けています。

投稿: シマのママ | 2007年7月31日 (火) 10時49分

こんにちは
赤いポイントが目印ですネ
今度気にしてみよう~
親鳥のモデル立ち? スマートですねぇ♪
私も写真撮る時してみよう~(^^ゞ
でも、雛の足の大きさにはビックリしました。
足が大きい子は、背が伸びるって聞いた事あったけど(人間の赤ちゃん?)親も大きいものネ
真っ黒クロスケには、大きな足があったのですネ♪(^^ゞ

投稿: orenge | 2007年7月31日 (火) 12時38分

バンの観察日誌 面白いですね。

雛の羽はまだまだちっちゃいですね~。
それに引き換え 足の大きなこと、ビックリ。
足の色も黒からかわってゆくようですね、
真っ黒くロスケ 頭の赤いのは成鳥になるとなくなっちゃうのかしら?

観察日誌 続編を楽しみにしています。


投稿: zucca | 2007年7月31日 (火) 22時16分

< misaoさんへ >
バンは日本全国で繁殖し、冬は南へ移動するそうです。関東だと冬でも残るものが居るとか。見る機会があると思います。
真っ黒な産毛だらけの雛は、まだ翼ともいえない小さな手があるだけで、休んでいるときは、すぐしゃがんでしまいます。まだ、体力がないのかも。でも、泳ぎは達者です。親鳥の後はすばやくついて行きます。餌をねだるときは元気だし。
雛の大きさに比べて、足がすご~く大きいでしょう。あまりのアンバランスに笑えちゃいます。まるで、足が歩いているみたいですもの。バンはクイナ科に属する鳥で、クイナの特徴として、足が比較的長く、足指が長いと図鑑に記載されています。雛は顕著にその特徴が出ていますね。大人になると、大きめだけど、それほどびっくりではなくなりますね。

< シマのママさんへ >
バンは、湖沼や池などの草陰に潜んでいます。あまり、広いところへ出たがらないです。きっとどこかの公園で出会うことがあると思います。
大きな足でしょう。足の成長はほとんど縦に伸びるだけかな・・・ころころの体だけど、がっちりしている足が、しっかり体を支えているものね。確かに転がれない・・・どうして、こんなに大きいのかしらね。
アオバズクもかわいかったですよ。京都はちょっと遠いけど、日帰りで、楽しんでこれるところです。
こちらに来てからは、野鳥観察をがんがんと楽しんでいます。ちょっと遊び過ぎかもね・・・

< orengeさんへ >
嘴から額板といわれる額の部分まで赤いのが特徴です。湖沼や池の草むらに隠れていることが多いです。池の草むらなどをチェックしてください。
そういえば、この親鳥、ポーズを取っているみたいですね。カメラを意識していたのかしら・・・
雛の足、体の割りに大きいでしょう。人間は足の大きい子は背が伸びるといいますね。でも、このバンはそれほど大きくならないのです。体長が32.5cmと図鑑にあります。クイナの特徴なんですね。大きな足が見えないほうがひ弱な感じでよりかわいいよね。足は逞しすぎです。

< zuccaさんへ >
ありがとうございます。
バンには迷惑だったと思いますが、あまりにかわいくて、写真を撮らせてもらいました。雛はまだ、警戒心が薄いようですね。そのぶん親が時々警告を発しています。危害を加えないから安心してといいたいけど通じないのよね。
これが翼になるのかしらと心配になるくらい小さいですよね。あまりに大きく逞しい足がふつりあいでしょう。足の色も頭の赤いのも大人になると変わっていくはずです。(雛の頭、はげているのかと思っちゃいました。)バンの幼鳥は茶色いそうです。時々見に行って見ますね。どんな風に変化をするのか楽しみです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年7月31日 (火) 23時51分

ジュリジュリさん、今晩は!
↑のぴょんぴょんさんのコメントを今日ふと思い出し、乙戸沼に寄ってきました(カメラ忘れた…残念!)
バンは2家族いましたヨ^^
雛はかなり大きくなっていて、足はもう薄い色になっていました。
親より少しほっそりしている感じで、スイレンの葉の上をひょこひょこ器用に歩いていました。
他に、カルガモ、アヒル、コハクチョウ?とチュウサギの群?が若鳥を連れていました。
圧巻だったのは、13羽の雛を連れたバリケンかあさん。
10cmの段差をようやく上れるようになったばかりのおちびさん達をわらわら連れていました。
犬連れ、子連れで散歩する人が多いところなのですが、皆が大事にしてくれているようです。

投稿: kyara-mama | 2007年8月 2日 (木) 21時05分

< kyara-mamaさんへ >
そちらは、バンが2家族も居たのですか。
バンって、ちょっと重たそうに思えるのだけど、子供達はスイレンの葉の上を歩けるとは、すごく軽いのですね。ちょっとびっくりです。こちらの雛達は成長が遅いのかな。今週末あたり行って見よう。少しは大きくなっているかしら。
乙戸沼は、他にもたくさんの野鳥達が繁殖していたのですね。とても環境のよいところなのでしょうね。こちらは、小さな池なので、バン一家族がせいぜいかな。バンの家族以外はツバメが来るくらい。一度カワセミが来たかな。鳥以外は、メダカやコイ、オイカワなどの魚や、トンボがたくさん居ます。
バリケンは、まだ、見たことがないのです。最近あちこちで見られるようですね。13羽の雛を連れているとはなかなか逞しいバリケン母さんですね。この調子で、どんどん、増えていくのかしら。
皆に大事にされているとはうらやましいです。こちらの森林公園では、繁殖した巣箱などをいたずらする人が居るようです。もっと自然教育が徹底されるべきですね。悲しいことです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月 3日 (金) 11時11分

訂正です。
コハクチョウではなく、コブハクチョウでした。
公園内には、子育て中で気が荒いので近づかないでという看板がありましたが、もうすっかり餌付けされて、今日はパンやらカールやらもらっていました・・・カールはとうもろこし味?

投稿: kyara-mama | 2007年8月 3日 (金) 18時04分

< kyara-mamaさんへ >
訂正コメントをありがとうございます。
コブハクチョウは皇居にもいました。飼われていた個体が大半だとか。
コブハクチョウって、気が荒いのですか。子育ては皆、気が立っているますものね。
カール、懐かしいです。子供の頃、なんておいしい食べ物かしらと思っていました。とうもろこし味だったと思うけど。カレー味も後から、発売されたように思います。久しぶりに食べたくなってきました~。

投稿: ジュリジュリ | 2007年8月 3日 (金) 19時34分

こんにちは。
私も見たいと思っていたバンを見つけましたよnotes
ジュリジュリさんの言われたとおり、道路沿いの池にいました。
少々遠くでしたが、何とか写真も撮れ記事にしてアップしました。
もしかしたら、雛も見ることが出来ないかと期待を込めて
ジリジュリさんのブログと、こちらのバンの親子の紹介をさせていただきました。
事後承諾で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

投稿: シマのママ | 2008年5月27日 (火) 15時58分

こんばんは!
わあ、バンの記事覚えていてくださったのですね~。
ありがとう。それに、ブログと記事の紹介までありがとうございます。
また、初見、初撮りの鳥が増えましたね。おめでとうございます。こちらでも、今バンたちは、巣作りで忙しそうです。でも、まだ、落ち着かないようで、私が知るだけでも、すでに3個の巣を作っています。どうにか、落ち着いてくれると良いのですが。
そちらも、2羽いそうですか。繁殖してくれると良いですね。真っ黒くろ黒スケたちは、かわいいですよ。お互いに見守っていきましょう。

投稿: ジュリジュリ | 2008年5月27日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/15946890

この記事へのトラックバック一覧です: バンの親子:

« 京都のアオバズク | トップページ | 美しいチョウトンボ »