« カルガモ密度が高い! | トップページ | カラフルなイトトンボ »

2007年6月18日 (月)

ダイサギの華麗な舞?

ダイサギの美しく、華麗な舞姿と思いきや、お魚を追いかけているちょっと滑稽なシーンでした。写真で見ると滑稽さは現れていませんが・・・

一枚目は、一羽のダイサギを、4カット合成した写真です。右から、左へお魚を追いかけて、4番目は方向転換したところです。

070617daisagi14
070617daisagi5_1
070617daisagi6 
070617daisagi7
070617daisagi8

すぐ上の写真は魚をゲットした所。左はそのアップです。鮮明ではありませんが、小魚を加えているのがわかるでしょうか。一発でしとめました。早い動きの魚をゆったり優雅に舞いながら、さっと捕らえてしまうとはなかなか鋭いです。
この後、また、魚を追いかけていきました。食欲旺盛なダイサギでした。

|

« カルガモ密度が高い! | トップページ | カラフルなイトトンボ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

最初の写真、4羽のダイサギがたわむれているところかと思いました。
シラサギ類は田んぼなどで見かけると思わず見とれてしまうくらい美しい鳥ですが、こうして必死にお魚を獲っていると「ああ、彼らも苦労しているのね~」と思いますね。
今度田んぼでお目にかかったら、私も漁の様子をじっくり見せていただこうかな。

投稿: misao | 2007年6月18日 (月) 08時08分

< misaoさんへ >
>4羽のダイサギがたわむれているところかと思いました。
やはり、そうですよね。どうしたら、写真枚数を減らせるかなって思って、重ならないところは合成し、走って追いかけている様子を表現したかったのです。
白いサギたちは、広げた翼や飾り羽がとてもきれいですよね。こんな美しい優雅な鳥たちも、お食事をするときは必死です。足捌きもなかなか見事なんですよ。魚などを追い出したり、追い詰めたりするのに足を器用に使っています。集団で漁をすることもあるようです。
漁をする様子も面白いですから、じっくり見てみてね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年6月18日 (月) 09時33分

こんにちは。
ダイサギの連続写真、素晴らしいですね。
よく見ると 水の上を歩いているようにも見えるし、
羽根の動きもよく分かるし、とても楽しい写真で、見飽きない。
ダイサギは 小魚を1発でゲットなの。
ゆったり優雅に見える鳥さんも、俊敏な動きをするときもあるのね。
じっくり観察すると 面白い事が沢山見えますね。

投稿: zucca | 2007年6月19日 (火) 10時43分

うわ~きれいですね!
無駄なく優雅な動き!そして、達人ならぬ達鳥ですね!
狩がうまくなくては生き延びられないですものね。
実は一昨日、今月巣立ったばかりのカワセミを見てきました。
もう何べんも飛び込んで、バチャバチャやって、失敗していました。
至近距離の大勢のギャラリーも目に入らないほど必死でした。
一人立ちするのは、どの世界でも大変そうですね。

投稿: kyara-mama | 2007年6月19日 (火) 10時57分

< zuccaさんへ >
ありがとうございます。ちょっと貼り合わせて遊んでみました。
一秒間に3コマ連写できるので、このシーンはほんの3秒間くらいの出来事です。この前にもう3コマあって、水の中からふわっと飛び上がるところから始まっています。それを入れても4秒間。
>水の上を歩いているようにも見えるし・・・
本当にそう見えますね。飛びながら水面を蹴っているのかな。でも、あまり羽ばたいていなかったのに。
サギたちは目と反射神経がいいんですよね。私には、魚の手づかみすらとてもできません。見た目は、ゆったりしているのに、狙いを定めたと思ったら、次の瞬間、ちゃんとお魚をくわえています。アンバランスな行動が滑稽に見えるのかも。面白いこといろいろ見せてくれますよ。

< kyara-mamaさんへ >
羽を広げたダイサギは美しいですよね。
>無駄なく優雅な動き!
確かにそうですね。省エネなんですね。
>達人ならぬ達鳥ですね!
ふふ、本当にそう思います。魚取り名人・・・名鳥です。この腕前なら、食べ物に困ることはないでしょうね。
わ~ぁ、いいな。カワセミの巣立ち雛を見れるなんてうらやましい。このあたりでは、なかなか、カワセミに出会えないのです。川が広すぎるのかな。やっと見つけたかと思ったら、全然あえなくなっちゃいました。
カワセミもちび達は漁が下手なんですね。バチャバチャしている様子を見てみたいです。

投稿: ジュリジュリ | 2007年6月19日 (火) 17時19分

こんばんは。
サギの魚取りの様子がよく解りますね。
バチャバチャって追っかけて行って、さっと前に廻って捕まえたって感じのようですが。
行き過ぎるよとみせかけて、さっと振り向くなんてまさにサギではないのと魚は思ったかな(^^ゞ
見てる方は滑稽でも、当人(鳥)はすごい本気でしょうね。
ご飯が食べられるかどうかなんですものね(^.^)
私が鳥だったら、飢え死にしてるなぁ(>_<)

投稿: シマのママ | 2007年6月19日 (火) 21時40分

おはようございます。
優雅な舞を・・・と思ったら、
お食事準備作業でしたね~♪
仲間と連携して、お魚を追い詰めてパクッ!
そんな感じですね。
それにしても、大きめの身体、どのくらいの
量を食べるのでしょうね。

投稿: ぴよ | 2007年6月20日 (水) 08時15分

< シマのママさんへ >
>行き過ぎるよと見せかけて、さっと振り向くなんてサギ・・・・
あら、そうですね、正に詐欺でしたね。お魚はこの行動にだまされてしまったのよね。俊敏だけでなく、頭も使っているのですね。どこで、こんな手を教わるのでしょう。
サギは、必死に魚獲りをしていると思います。ごめんね、サギさん、笑ったりして・・・でも、ちょっと面白いんですもの。
ん~、私も、飢え死にしているほうだな。とても、魚と口で捕るなんてできないものね。自然界で生きていくのは大変でしょうね。

< ぴよさんへ >
美しい羽を広げていると、優雅な舞に見えますよね。はじめは、何を始めるのかしらと思って写真を撮り始めたのですが、このとおり、魚獲りでした。
最初の写真は分かりにくかったですよね。一羽のダイサギの行動を合成してしまったのですいません。集団で漁をすることもあるそうですが、今回は一人でもくもくと魚を追いかけていました。
大きな鳥ですが、どのくらい食べるのか分かりません。満足するにはきっとたくさんの魚をつかまえないといけないのでしょうね。そう思うとつくずく生きることは大変なんだなって考えさせられちゃいます。

投稿: ジュリジュリ | 2007年6月20日 (水) 11時14分

う~ん
追いかけていって、さっと反転してすばやく魚を獲るのですか。
なかなか、おいそれとまねの出来ない芸当ですね。
ナイスショットありがとうございました。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年6月22日 (金) 17時22分

遅くなりました。
ダイサギさんも、いろいろな手を考えてますよね。自分で学習するのでしょうか。動きはあくまでも、優雅にそして、すばやく一瞬で捕らえます。見事なものです。魚って、影が動いただけでも、さっと逃げてしまうのにその動きを熟知しているのでしょうね。
のんびり散歩だと、いろいろな場面に出くわして面白いです。また面白そうな場面が撮れたらアップしますね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年6月23日 (土) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/15472645

この記事へのトラックバック一覧です: ダイサギの華麗な舞?:

« カルガモ密度が高い! | トップページ | カラフルなイトトンボ »