« GW鳥見旅行-その6最終編 | トップページ | 川原の鳥見散歩 »

2007年5月22日 (火)

初見のコシアカツバメ

昨日は、武庫川の川原へ鳥見散歩に出かけた。
カワセミは一度会ったきり、その後全然会えません。目立つのは燕さんたちだ。目の前をスゥ~イ、スゥ~イと気持ちよさそうに飛んでいます。この前から、ツバメを撮ろうとがんばっているのですが、全滅。今日も挑戦してみることにした。

結果は散散。どれひとつとして、シャープな写真はない。でも、特徴の分かる数枚を載せることに・・・

はじめの3枚は、普通のツバメです。

070521tubame
日が当たると、きれいな紺色をしています。

070521tubame2
燕尾がよく分かる。

070520tubame
こちらのお腹は真っ白です。

川原を少し上流のほうへ歩いていくと、朝なのに、なんとなくツバメがオレンジ色っぽくみえたのです。気になって、双眼鏡で追ってみると、お~!初見のコシアカツバメではありませんか。3・4羽ほど一緒に行動しているようです。どうにかして写真を撮りたくて、カメラを向けるのですが、目が回ってしまい、なかなか撮らせてくれません。川原沿いの大きな建物の中に時々入っていきます。もしかしたら営巣しているのかもしれません。巣は、徳利を縦に半分に割って貼り付けたような格好をしているそうです。見てみたいけど、人の家。外からでは見えないところのようです。残念!

070521koshiakatubame1
腰が華やかなオレンジ色をしています。飛んでいると結構これが目立つのです。

070521koshiakatubame2
かなりぼけていますが、お腹もうっすらオレンジ色で、縦に黒い班があります。

070521koshiakatubame3
地面に下りていると、腰のオレンジ色がが見えず、目立ちません。

この日は燕さんたちに遊ばれて、目の回る散策でした。ツバメのかっこいい写真を撮られている方がいらっしゃいます。やはり腕がいいのでしょうね。修行せねば・・・・・

|

« GW鳥見旅行-その6最終編 | トップページ | 川原の鳥見散歩 »

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

 へ~。ツバメでも何種類かが飛び回ってるんだ。
 我が家の駐車場も営巣されそうになったので
鳥の羽で作られた、車のほこりを払う道具をぶら下げました。
風でユラユラゆれてるので、諦めたみたいです。
営巣されると頭の上を飛び回るし、糞を落とされるしの厄介者なんですよ。
ジュリジュリさんだったらこんなことしないだろうけどネ!

投稿: きたはりま | 2007年5月22日 (火) 23時01分

< きたはりまさんへ >
川原では、たくさんのツバメが飛び交っています。皆同じツバメと思っていたのですが、びっくりでした。
きたはりま邸の駐車場はツバメが巣作りしたがるようないい場所なんですね。我が家だったら、喜んで迎え入れちゃいます。身近でじっくり観察できるのはうれしいですから。それに我が家の車、今は社宅の駐車場ですが、木の下で、鳥の糞がよく落ちています。でも、動けばいいという考えなので気にしません。きれい好きの方には確かに迷惑ですね。それに、中華の高級食材となるツバメの巣は違う種類のツバメが作った巣のようですから食べられませんしね。
うちのベランダ、歓迎するけど来ないな~。

投稿: ジュリジュリ | 2007年5月23日 (水) 10時12分

いえいえ、私から見ると充分にすごいです。
私も飛んでいるツバメを撮ろうと頑張っていますが、全然うまく撮れません。
一番上の写真、羽根がきれいに光っていて、しかもかわいい目まで見える♪
水面を気持ち良さそうに飛んでいる写真も素敵ですね。

ツバメにこんなに種類があること、私もつい最近知りました。
2種類しか知らなかったの・・・(汗)
知れば知るほど楽しいですね♪

投稿: misao | 2007年5月23日 (水) 10時50分

< misaoさんへ >
ほめてくれてうれしいです。花も虫も鳥もシャープで美しい写真を撮られているmisaoさんは私の目標なんですよ。カメラがいいばかりではなく、観察力の鋭さ、美的センスが光っているんですね。私は、ひたすら撮りまくるだけですが・・・
つばめは、目が撮れているのは上の一枚だけです。どの写真も、トリミングしないとなんの写真か分からないものばかり。めげずにまた撮って見ます。
ツバメも、いろいろ種類があるけど、ぴゅん、ぴゅん飛んでいるので確認が大変です。写真がうまく撮れれば判定にも便利ですが難しい~。何でもじっくり観察していると、いろいろな発見があって楽しいですよね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年5月23日 (水) 11時42分

飛び物の写真 撮れてるだけでもいいですよ。
私のデジカメでは追いつきません。
鳥が翼を広げて飛んでるところ 私も撮りたいなぁ~。

腰アカツバメ 初めて見ました。珍しいですよね?
ツバメの胴体って意外と太いですね。

投稿: zucca | 2007年5月23日 (水) 15時44分

< zuccaさんへ >
確かに、以前持っていたデジカメでは、反応が遅すぎて、飛んでいる写真は撮れませんでした。それを思えば、少しでも撮れる様になったのですから、喜ぶべきなのかもしれませんね。だんだん、欲が出てくるんですよね。最初は写るだけで満足していたのに、できるだけきれいに撮りたいなんてね。なんだか、カメラに嵌ってしまう人の気持ちが分かるような。でも研究熱心ではないけどね。

コシアカツバメは、私にとっては珍しいのですが・・・北日本には少ないそうです。私の持っている図鑑の写真には、調布市で撮影された写真が掲載されてました。東京付近にもいるのではないかしら。
ふふ、ツバメのスマートな止まり姿から見ると、飛んでいるお腹はぽっこりふっくらしてますね。私の写真の撮り方がそう見えるのかな・・・

投稿: ジュリジュリ | 2007年5月23日 (水) 16時34分

普通のツバメも、コシアカツバメも上手に撮れています。
私も、ツバメを撮ろうと思ってトライしたのですが、うまく撮れずあきらめました。コシアカツバメは私も初めてです。何か普通のツバメと違った特性があるのでしょうかね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年5月23日 (水) 19時54分

< ぴょんぴょんさんへ >
ありがとうございます。
ツバメは飛ぶスピードが速すぎてついていくのがかなり大変ですよね。手振れ防止機能があるので、だいぶ助かっているとは思いますが、それでも、ほとんど削除しました。近くに来たときは、カメラの自動焦点が間に合いません。今度は、電線に止まっているツバメを見つけようかな。もう少し顔が撮れるかもしれません。でも、まだしつっこく飛翔のツバメを追ってみたいです。
コシアカツバメは巣の形が違うくらいしか図鑑からでは分かりません。普通のツバメと同じような暮らしぶりみたいです。巣を見てみたいです。探してみようかな。

投稿: ジュリジュリ | 2007年5月23日 (水) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202744/15164926

この記事へのトラックバック一覧です: 初見のコシアカツバメ:

« GW鳥見旅行-その6最終編 | トップページ | 川原の鳥見散歩 »