« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

兵庫に来てから出会ったトンボたち

引っ越してから、近場をお散歩したときに出会ったトンボを紹介します。
ほとんどが、初めてみるトンボです。名前は自分なりに調べたのですが、間違っていたらご指摘ください。

0705300512harabirotonbo1
< ハラビロトンボ >・・・5/12甲山自然観察池にて撮影 
大きさは3cmほどの小型のトンボです。若いオスは、メスと同じような黄色い色をしているそうです。成熟とともに青黒くなっていくようです。この固体は、少し若いオスだと思います。

0705300512harabitotonbo2
< ハラビロトンボ > だいぶ成熟したオスのトンボ。もう少し青灰色になるようです。

0705300526yamasanae
< ヤマサナエ >・・・5/26甲山にて撮影。
名前が分からなかったのですが、zuccaさんのブログ”備忘録”の5月24日の記事で、分かりました。長さが5・6cmほどある大きめのトンボです。尾部に上付属器と下付属器とが見えているのでオスのようです。

0705300529sesujiitotonbo
< セスジイトトンボ >・・・5/29武庫川にて撮影
長さは3cm弱の細いトンボです。色合いからこの固体はメスではないかと思います。久しぶりのイトトンボ。今度はオスを探したいですね。

0705300529shiokaratonbo
< シオカラトンボ >・・・5/29武庫川にて撮影
長さが5cmほどのオスのトンボです。前足で、器用に顔をなでていました。時々首をかしげるしぐさが滑稽でした。

他にもいたけど、うまく写真が撮れませんでした。見やすい位置に止まってくれないと撮影ができませんね。でも、身近にたくさんの昆虫がいるようなので、お散歩の楽しみが増えました。鳥に、虫に、植物にと、調べ物だらけになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

カルガモ親子のプチ事件簿

5月29日のこと
武庫川の川原をお散歩していて、カルガモの親子に出会った。

070529karugamo1_2
「さあ、お散歩に出かけましょうね。」

070529karugamo2_1
「あら、へんなやつが来たわ。」

070529karugamo3 「ちょっと、邪魔しないでよ。」

「どうして?」

「あっちへ行ってくれる。」

「遊んでくれないの?」

070529karugamo4
「だめっ!たらだめ!よそへ行って!」

070529karugamo5
「もっと遠くへ行ってよ!」

070529karugamo6
「お母さんが戻って来るまで固まっていようね。」

070529karugamo7
「邪魔者は追い払ったから、もう大丈夫よ。さあ、行きましょう。」

こうして、カルガモ親子に再び平和が戻ったのでありました。
めでたしめでたし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

甲子園浜へ

昨日5月27日、甲子園浜へ行ってきた。
路上の温度は28度。真夏のような暑さだった。

070527koushiennhama
海ではウィンドサーフィンがもう彩を添えています。真夏の風景ですね。

070527koajisashi
コアジサシ。 夏鳥です。2羽で、河口付近をスイスイ飛んでいました。一度だけ、ダイビングしてお魚をゲット。

この河口付近には、まだ、ヒドリガモ、ホシハジロ、オカヨシガモ、キンクロハジロなど冬鳥の鴨がいました。 渡りそびれたのでしょうか。 他に、カワウ、カルガモ、キアシシギ、イソシギ、コチドリなどがいました。自然観察センターの方によると、もう、シギやチドリたちは少なくなってしまったそうです。

今日は、久しぶりにガーデニングの話を。
引越しで、鉢物のほとんどは、実家、義母の庭、お友達、そしてご近所の方などにあげてしまいました。手持ちのわずかな鉢に、アジサイがあります。父が2年前に挿し木をしてくれたものです。やはり、置いてくるわけにはいかず、持ってきました。まだ小さなガクですが、ほんのり青みがかってきました。

070528ajisai
薄いグリーンのなかに、ほんのりブルーがさして、とてもきれいな色合いです。逆光で撮ってみました。我がベランダではこれから咲こうとしている唯一の花です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

コシアカツバメを探しに・・・

昨日5月24日の川原鳥見散歩の最大の目的は、コシアカツバメに会いに行くことだった。目の前の電線に止まったものがいた。070524tubameyouchou1
070524tubameyouchou2_1

普通のツバメが2羽。
口元に黄色いのが残っている幼鳥だ。
まだあどけなさが残っていて、かわいい。

070524koshiakatubame1
コシアカツバメは、この前より数が増えていました。頭上の低いところをピュンピュン。逆光だけど、お腹の縦班がこの前よりはよく分かる。

070524koshiakatubame2
背中は、光が当たるとやはりきれいな紺色をしている。

070524koshiakatubame22
左2羽はコシアカツバメ、右は普通のツバメ。どちらも、仲良く、巣材の泥を一生懸命嘴で採取している。普通の燕はもう、幼鳥が飛び回っているようだから、2回目の繁殖なのだろうか。コシアカツバメは遅く来るらしいが・・・

070524koshiakatubame4
070524koshiakatubame5
口にいっぱい泥をくわえて、いざ飛ばん、営巣場所へ。

070524koshiakatubame6

どうやら、この大きな建物の中へ、何羽も吸い込まれていきます。そして、また川原で泥採取。たぶん、ここが営巣場所のひとつなのでしょう。巣作りを見たいけど、不法進入はできないし、遠くから、見守ります。

コシアカツバメ
スズメ目 ツバメ科
学名 : Hirundo daurica
英名 : Red-rumped Swallow
和名 : 腰赤燕
長さ : 19cm

夏鳥で普通のツバメよりは少し遅く来る。他のツバメより滑翔が多い。飛んでいる昆虫を採食する。建造物に泥と枯れ草などを混ぜて、唾液で固め、徳利を縦に半分に割って貼り付けたような形の巣を作る。集団営巣する。 (山と渓谷社 日本の野鳥 から一部抜粋)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

川原の鳥見散歩

昨日5月24日、武庫川の川原を鳥見散歩した。コシアカツバメがお目当てだが、他の鳥たちをまず紹介しよう。

070524kiashishigitokoshiaka
キアシシギと、その上を飛ぶコシアカツバメ

070524hibari1_1 070524hibari2_1

さえずりながら歩くヒバリ。しばらく歩いた後、飛び上がった。揚げ雲雀!

070524kochidori
コチドリの飛翔。ぴおぴおと鳴きながら飛び回っている。

070524daisagitokosagi
ダイサギが2羽。手前にコサギ。近くにはチュウサギ、アオサギもあわせて、10羽以上いたかな。時々けんかしたり、小魚をゲットしているものもいた。

070524aosagi
アオサギ。何か小さな食べ物をゲットした模様。

セッカの声はするのだけど、まだ姿を見ていない。他に、セグロセキレイ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリなどがいた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

初見のコシアカツバメ

昨日は、武庫川の川原へ鳥見散歩に出かけた。
カワセミは一度会ったきり、その後全然会えません。目立つのは燕さんたちだ。目の前をスゥ~イ、スゥ~イと気持ちよさそうに飛んでいます。この前から、ツバメを撮ろうとがんばっているのですが、全滅。今日も挑戦してみることにした。

結果は散散。どれひとつとして、シャープな写真はない。でも、特徴の分かる数枚を載せることに・・・

はじめの3枚は、普通のツバメです。

070521tubame
日が当たると、きれいな紺色をしています。

070521tubame2
燕尾がよく分かる。

070520tubame
こちらのお腹は真っ白です。

川原を少し上流のほうへ歩いていくと、朝なのに、なんとなくツバメがオレンジ色っぽくみえたのです。気になって、双眼鏡で追ってみると、お~!初見のコシアカツバメではありませんか。3・4羽ほど一緒に行動しているようです。どうにかして写真を撮りたくて、カメラを向けるのですが、目が回ってしまい、なかなか撮らせてくれません。川原沿いの大きな建物の中に時々入っていきます。もしかしたら営巣しているのかもしれません。巣は、徳利を縦に半分に割って貼り付けたような格好をしているそうです。見てみたいけど、人の家。外からでは見えないところのようです。残念!

070521koshiakatubame1
腰が華やかなオレンジ色をしています。飛んでいると結構これが目立つのです。

070521koshiakatubame2
かなりぼけていますが、お腹もうっすらオレンジ色で、縦に黒い班があります。

070521koshiakatubame3
地面に下りていると、腰のオレンジ色がが見えず、目立ちません。

この日は燕さんたちに遊ばれて、目の回る散策でした。ツバメのかっこいい写真を撮られている方がいらっしゃいます。やはり腕がいいのでしょうね。修行せねば・・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

GW鳥見旅行-その6最終編

5月3日
今日は旅行最後の日。出会えなかった鳥たちに会えればいいけど・・・

0705190503amigasadake
アミガサダケ*アミガサタケ。 宿の近くで早朝散歩をしていたら、こんなきのこを見つけました。食べるとおいしいらしい。でも、食べる勇気ないよね。

宿の近くでは、キビタキやオオルリがさえずっていました。センダイムシクが斜面の下にいたので、頭央線まで確認できました。でも、撮影できませんでした。また、初見のマミジロのオスがさえずっていました。これも、撮影できませんでした。残念。

0705190503asamayama
浅間山。 相変わらず、噴煙を吐いています。戸隠と違って、なだらかな優しい形をしています。

0705190503misosazai1
ミソサザイ。野鳥の森では、巣作りの真っ最中。苔を運んでいます。近くに巣があるのでしょう。

0705190503misosazai2
ミソサザイ。 好きな杭の上で、大口開けてさえずっています。小さな体なのに歌声はすごく大きい。でも、きれいな歌声なので、歓迎します。

0705190503kogera1 0705190503kogera2_1

コゲラ。 こちらも巣作り真っ最中。まだあまり深くないようです。しばらくかかりそうですね。

コルリは、さえずりだけしか聞けませんでした。そして、今日もまた、オオルリが目の前に来たとき、昨日と同じ失敗をしてしまいました。2度あることは3度あるでした。撮影チャンスが多いだけにシャッターはたくさん押しました。でも、大事なときに限って、モードがずれていたり、ピントが合わなかったり、落ち込むことの多い旅行でした。とはいえ、オオルリの美しいコバルトブルーの輝きを間近で見ることができ、普段会えない鳥たちにたくさ出会えたことは大収穫でした。

この後引越し。そして、これからは、新天地からの発信となります。

*アミガサダケではなく、アミガサタケ。タケがにごらないのが正しいようです。5月20日訂正。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

GW鳥見旅行-その5

5月2日
昨日は軽井沢の会社の保養所に泊まった。食事つきで、快適な宿だ。早朝散歩に出かけようと思ったら雨なので、のんびりすることに。朝食後は雨も上がり、野鳥の森へ出かけた。

湯川ではキセキレイやカワガラスが行ったりきたりしている。ノジコもさえずっていた。センダイムシクやキビタキの声がする。

0705190502tuchigurizangai
道端でふと気になるものが目に入った。もしや、ツチグリの残骸ではないか?でも、外皮の内側に模様がない。似ているけど違うのだろうか・・・・

0705190502sanshoukui
サンショウクイのオス。 いつも上空高いところをりりりりといいながら飛んでいるのに、今日は、結構下のほうに降りてきてくれる。でも、お腹しか撮れない。

0705190502ooruri1 0705190502ooruri2

オオルリのオス。 目の前に来たのに、またあわてて、撮ったら、モードがずれていた。戸隠の教訓は生かされなかったのだ。またがっかり。今回は少し画像が分かるので、レベル補正をしてみたのが右の画像。でも、画面が粗くなってしまう。突然目の前に現れると、冷静にモードをチェックしている余裕はない。どうしてモードがずれるのか。簡単に回らないで欲しいな。

0705190502kibitaki
キビタキのオス。 撮影が失敗ばかりで、あっという間に日が傾いてきました。夕日を浴びたキビタキのお腹はますますオレンジ色。

0705190502enaga
エナガ。最後に、エナガが地面に降りて来ました。巣材探しでしょうか。地面でもあまりじっとしていません。へんな格好の写真しか撮れませんでした。

今日は、オオルリとは別の、青い鳥、「コルリ」に出会えませんでした。昨日一回だけ声を聞きました。いるはずなのですが・・・明日に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

鳥見旅行-その3

4月30日
今日は、暖かくて、ゆっくり眠れた。そろそろキビタキが来るのではないかと期待してまた5時から散策開始。

0705150430nyunaisuzume
ニュウナイスズメのオス。 ただのスズメとは違う。 赤の強い茶色で、ほほに黒い班がない。

0705170430kurotugumi1 0705170430kurotugumi2

クロツグミのオス。 どちらもぼけているけど、証拠写真。 きれいな大声でさえずっていました。これが聞こえないと夏鳥たちの演奏を聞いた気がしない。

0705150430kibitaki
キビタキのオス。 やっと本日、キビタキのさえずが聞こえました。森林公園にも来てくれたのです。出会えてよかった。今年は遅いのか少ないのか・・・

0705170430kawarahiwa 0705170430gojuukara

それでも園内では、あちこちで恋の花が咲いています。左の写真がカワラヒワ。右はゴジュウカラ。

0705150430akageraosu
アカゲラのオス。ここでは、アカゲラはとても多いです。あちこちで縄張り争いをしています。

帰り始めたとき、2・3メートル先の杭の上で、ミソサザイがさえずりだした。あわてて、シャッターを押す。ファインダーをのぞいていると、被写体はものすごく大きい。大収穫と思い宿にルンルンで帰った。パソコンに移して確認すると、なんと画像は真っ黒。大きなシルエットがどうにか分かるだけ。カメラを見るとモードダイヤルが変なところに動いていた。触った覚えはないのに、ずれていたのだ。 大ショック!!!
伴侶の方がシャープできれいな写真が撮れている。それだけでも、ショックなのに、またとないチャンスにも見放されて、落ち込んだ。やはり写真撮影は向いてないのかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥見旅行-その4

5月1日
昨日のショックがまだ尾を引いている。 しかし、戸隠は今日が最後。 気を取り直して、また5時に散策開始。

0705170501akahara
アカハラ。 ミズバショウの中で、採餌中のアカハラ。なかなか、花とうまい具合に写ってくれない。 

0705170501gojukara
ゴジュウカラ。 この子も採餌中。 なにやら種らしいものをくわえている。やはり、ミズバショウと2ショットで撮りたかったが、だめだった。

0705170501kibitaki
キビタキのオス。 まだ、ライバルが来ていないらしく、あまりさえずらない。 園内には、まだ一羽しかいないのでは・・・

0705170501misosazai
ミソサザイ。 昨日のより、ずっと遠い。 でも、よく杭の上に現れ、愛嬌を振りまいてくれる。

今日は天気がよくない。 一回りしたら、雨が降ってきた。 あがりそうにないので、早めに軽井沢へ移動することにした。 昼頃、軽井沢へ到着。 雨が追いかけてきた。 着くや否や、ここでも雨が降り始めた。 仕方がないので、雨でも鳥見できる塩壷温泉のラウンジで昼食をとることに。 ハヤシライスがおいしかった。 すいていたので、のんびり窓から餌台に来る鳥たちを楽しんだ。

0705170501kogera
コゲラのオス。 雨が強くなるなか、コゲラ君は、木にじっとへばりついたまま10分くらいは動かなかった。 いったいどうしたのだろうか。 寝ているわけではない。 目は開いている。時々頭を動かす。頭を逆立てているので、赤い色がよく分かる。 何をしていたのだろうか。

0705170501ooruri
オオルリのオス。 雨がやんだので、早速、小鳥の森を散策。 人が全然いません。 時々、雨が降ってきます。 こんなときは鳥も低いところでうろうろしていました。 静かな森でしたが、オオルリにまず会えて、うれしかった。明日からは、また張り切って写真をとるぞ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

GW鳥見旅行-その1

お久しぶりです!
旅行や引越しが重なり、ずいぶんブログを休んでしまいました。 これからは新天地兵庫県から発信します。

まずは、ゴールデンウィーク鳥見旅行から。
4月28日、長野県の戸隠へ向けて出発。しかし、長野は雨予報。しばらく、関東近辺で遊んでから、長野へ向かうことにした。

埼玉県の公園で、ちょっと鳥見。夏鳥たちが来ているらしい。 キビタキがいたらしく、鳥見の人が集まっていたが、私たちは見れなかった。 オオルリのさえずりが聞こえた。 行ってみると、高い木の天辺で鳴いている。 とても撮影はできない。 カメラにどうにか収まってくれたのはほんのわずか。

0705140428kakesu
まずは、カケス。 頭の上でうろうろ。 周りの鳥見さんたちは、キビタキやオオルリに興味があって、だれにも、見てもらえない。そのほうがほっとするんだよね。

0705140428kuroji
次はクロジ。 この子は餌付けされているらしい。 複雑な気分で撮影。

0705140428ushigaeruotamajakushi ウシガエルのおたまじゃくし
水面が汚くて、分かりにくい写真だけど、10センチ以上はある巨大なおたまじゃくしだ。 近くで、ウシガエルの鳴き声も聞こえている。 一瞬だが、親の目が水面に現れた。 でも、写真は間に合わなかった。 ウシガエルには悪いが、おたまじゃくしは小さいほうがかわいい。

あまり収穫がなかったが、戸隠に期待をして、昼頃出発。高速道路は事故渋滞に少し巻き込まれたが、他はきわめて順調に走った。 戸隠森林公園には4時ごろ到着。 いやに山が白く、スキー場も、うっすら白い。 どうやら雪が降ったようだ。 広い駐車場には車が2台いるだけ。 とても寒く、昼は雹が降り、嵐だったらしい。 薄暗いけど、園内を散策することに。

0705140428togakushishinrinkouen
雪はまったくなく、木道がぬれていた。 ここはまだ、冬景色だ。 鳥の声も聞こえない。 なんと寂しいことか。

0705140428kibashiri
キバシリ。 遠慮深げに、リリリリ、リリリリと鳴くものがいた。 樹皮と同じ色をした目立たないキバシリだ。 動きも早いので、なかなか撮らせてくれない。 

あまりに寒いので、すぐ引き上げ、宿へ向かった。 明日は晴れるらしい。 大いに楽しみだ。 写真をたくさん撮るぞと意気込んだけれど・・・・・
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GW鳥見旅行-その2

4月29日
素泊まりの宿で、夜は寒くて寝れなかった。 ストーブつけて、フリースなどを着込んで、布団にもぐりこんだのに、寒い。 以前、駐車場で寝泊りしたら、寒くて眠れなかったので、宿にしたのに・・・

でも、めげずに4時におきて、5時には森林公園を散策開始。 鳥見旅行で伴侶と一緒に私が写真を撮るのは初めてだ。伴侶に負けぬようがんばろうと張り切るが、期待したより鳥の声が少ない。 夏鳥たちのさえずりが聞こえてこない。 人に聞くと、まだ、夏鳥たちが来ていないようだ。 今日は来るかもしれないと期待して、歩くことに。

0705150429aogera
アオゲラ。 ツガイらしき2羽が通り過ぎていった。 この子は写真からではオスかメスかわからない。 頭の前の上も少し赤いように見えるが、はっきりしない。 鮮明な写真は撮れませんでした。 

0705150429komukumesu
コムクドリのメス。 ツガイで木の穴を物色中。寒いのか、ふぐ提灯みたいだ。

0705150429komukuosu
コムクドリのオス。 メスのすぐそばにいた。 背中が玉虫色できれいなのだけど、ついに見せてもらえなかった。 逆光なので、背を向けても色はわからないかも。

0705150429ooakagera1
オオアカゲラのメス。 胸の脇に黒い班があるのが特徴。 アカゲラより大きい。 見つけたときはアカゲラかと思っていました。 数少ないオオアカゲラにあえてラッキー!

0705150429ooakagera2
もう一枚オオアカゲラ。 虫を探しているらしく、ところどころこんこんつついている。 よく見ると、つつくときは目を閉じています。

夏鳥では、クロツグミがさえずっていました。 コサメビタキも元気です。 でも、コルリや、キビタキが全然いません。 鳥の数がとても少ないです。 今年は鳥の来るのが遅いのでしょうか。 植物では、ミズバショウ、リュウキンカ、キクザキイチゲなどが咲き、カタクリが数輪咲き始めたところです。 去年よりは早いです。

0705150429kagamiike
鏡池から望んだ戸隠山。 朝は寒かったが、だんだん暖かくなって、人も結構増えてきました。 散策路はだいぶ整備されていました。 あちこち回ったけど、夏鳥はあまりいませんでした。 明日に期待して・・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »