« 八甲田山系前嶽 | トップページ | ビオラパンジーの災難 »

2007年2月15日 (木)

声の主はだれ?

バルコニーで水遣りをしていると、時々、聞きなれない声が聞こえます。そんなある日、今度は、けたたましい鳴き声をあげて私の真上を飛んでいったのです。逆光で、色はわかりません。尾の長~いシルエットは見たことない鳥のようです。オナガとも違います。
そして昨日、再び同じ鳴き声がしてきました。あわてて、双眼鏡ぶる下げて、伴侶の300mm望遠デジカメをもって、そっと探しました。
いました!緑色した尾の長い鳥が。ちょっと離れた駐車場の桜の木に。
070215wakakehonseiinko
ワカケホンセイインコです。声の主はこの子でした。 あ~、すっきりした。
この鳥は、篭脱け鳥と呼ばれ、もともとは観賞用に輸入されて人に飼われていたのが、逃げ出して野生化したものです。
しかし、このデジカメは重たいし、ゆうこときいてくれません。焦点はオートのはずなのに、ぜんぜん動いてくれないのです。手動であわせてみたけど皆ピンボケ。たまに動いてくれて、この写真が一番ましなほうです。小雨降る中、すごいいでたちでシャッターを押していました。かなりトリミングしています。証拠写真程度にはなるかしら。
伴侶には内緒で持ち出してしまったので、壊れていたらこめんなさ~い。

|

« 八甲田山系前嶽 | トップページ | ビオラパンジーの災難 »

自然」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~、ナイスショット!
鳥もさることながらジュリジュリさんの慌てぶり、身なりも絵になったたりして…(ヘヘッ)。

投稿: きたはりま | 2007年2月15日 (木) 23時50分

お早うございます。
緑のインコ、綺麗に撮れていますよ!
1羽だけでしたか~ いつかTVで、東京工業大学の大岡山キャンパスに野生化した数百羽のインコが住みついていると報道されていましたが、いまはどうなっているかな~
ペットとして飼われていたインコ、意外と野外での適応力も強いのですね。
写真の撮影は、光が命なので、お天気が悪ければ、どんなベテランでも大変苦労するようですよ。望遠で倍率を上げれば画像は暗くなるので自動焦点は効かなくなりますね。そこで、MFにするが、それがまたその場、その場で設定が難しいですね。でも、今はデジですから、失敗は消去して再利用できるので、銀塩時代のようにフィルムの心配はいらないですよね。

投稿: ぴょんぴょん | 2007年2月16日 (金) 11時18分

きたはりまさんへ
レンズの中に鳥がいたんですよ~。
はい、必死でしたから・・・近所の人が見ていたら、何しているのかしらって感じです。何かすごい鳥がいるのかもって、期待していたので、どたばたしちゃいました。見つけたのに今度はカメラが動かない。鳥を撮るのは大変です・・・

   ----------------

ぴょんぴょんさんへ
ありがとうございます。でも、ん~、やはり、ぼけてますよね。
私も、この鳥が大学の構内にいっぱい住んでいるという話をTVで見たことがあります。うちの近くに来た子はどこから来たのでしょうね。見たのは一羽でしたが、他にも声がしたので、2・3羽いたのかもしれません。
自動焦点がきかないときがあるとは知りませんでした。機械に馬鹿にされているかと思いました。とにかくいっぱいシャッターを押して、パソコンに取り込んでから確認したら、真っ黒や真っ白な画面。ぼやぼやとしたものなどさまざま。同じところを撮ったつもりなんですが・・・
銀塩カメラだったら、伴侶に大目玉です。
改めて、ぴょんぴょんさんはすごいなって思いました。

投稿: ジュリジュリ | 2007年2月16日 (金) 19時30分

こんばんは!
300mmの望遠カメラ、すごいですね。重いでしょう?
でも、小雨の中、思わず必死になってしまった気持ち、すごく分かります。
ワカケホンセイインコ(ずっと、ワカケホクセイインコだと思っていました--ゞ)は、30年ほど前、中央線沿線の林で、時々見かけました。その後ニュースで、野生化が話題になっていたような覚えがあります。あの色、あの姿で今では100羽の群れですか!!見ものでしょうね~!!!
もともと南の鳥ですよね。そういえばうちの近所(茨城県)で、わたしは見かけたことはありません。分布はどうなっているのでしょうね・・・?

投稿: kyara-mama | 2007年2月16日 (金) 21時21分

kyara-mamaさんへ
カメラ重かったですよ。構えているとレンズが下がってきちゃいます。余裕もなく、とにかく写っていてねって、祈ってました。
勘違いはよくありますよね。漢字で書くと、輪掛本青鸚哥と書くらしいです。(フリー百科事典ウィキペディアより)インコはこれでいいのかな?変換しないし、よく見えない字なので・・・
>30年ほど前、
ということは、かなり以前からこの鳥はいたのですね。その頃は鳥のこと何も知りませんでした。kyara-mamaさんは鳥見の大ベテランさんですね。
分布は東京都以外に、神奈川、愛知、京都、広島などの報告があるそうです。(神奈川県立生命の星・地球博物館のHPより)
かなり広がっているのでしょうね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年2月17日 (土) 00時55分

↑、「ベテラン」は恥ずかしいので・・・
身の回りにいる鳥を見ていただけで、鳥見に出かけるようになったのは、つい最近の初心者です。TVや本で知識はあっても、実際にフィールドで見るのは大違い。鳥の会の方や、ブログのお友達に教えていただいて、新しい鳥達と出会えると、本当にわくわくします。また色々教えて下さいね。これからもどうぞよろしく^^

投稿: kyara-mama | 2007年2月17日 (土) 12時41分

kyara-mamaさんへ
私も、何年たっても初心者です。ブログの皆さんに教えてもらうことがたくさんあります。のんびり楽しみましょうね。鳥さんかわいいですもの。こちらこそよろしくお願いしますね。

投稿: ジュリジュリ | 2007年2月17日 (土) 17時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声の主はだれ?:

« 八甲田山系前嶽 | トップページ | ビオラパンジーの災難 »