トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

春を探しに~!Part2

実家近くの公園で春を探しにちょっぴりお散歩。

070228kawaduzakuramitai
あ~ら、もう桜!!
植樹されたばかりの名無しの桜。もう満開は過ぎて散り始めています。たぶん河津桜じゃないかな。

070228onagagamo
オナガガモが、陽だまりでのんびり羽繕い。ご夫婦かな。

今日は、デジカメの電池切れで、あまり写真が取れませんでした。
公園内はブルーのオオイヌフグリがあちこちで、また、ヒメオドリコソウもピンクの花を咲かしていました。ソメイヨシノはまだまだ蕾が固そうでした。
鳥見では、ジョウビタキ、オオジュリン、シジュウカラ、メジロ、アオジ、ヒヨドリ、アカハラ、キジバト、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ハシビロガモ、オオバン、バン、オオセグロカモメ、ユリカモメ、イソシギ、カワウ、に出会いました。

風の当たらない陽だまりはぽかぽか暖かでしたが、風は冷たかったですね。年老いた両親との超~のんびり散歩でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

春を探しに~!

 コンパクトデジカメを持って、双眼鏡ぶる下げて、テクテク近場を散策しに出かけた。街中は結構きれいに整備されていて、あまり雑草が生えていない。お目当ての有料公園は休園。帰るのはいやだったので、ちょっと遠くの開放された公園へ行ってみた。
 ここは、昔お偉い人の屋敷の一部だったそうだ。池があって、うっそうとしている。しかし、小学校が隣接しているので、子供たちの声で賑やかだ。この公園もきれいに整備されていて、ヤエムグラくらいしか雑草が見当たらない。それでは、鳥見を楽しむことに。
 あらあら、びっくりです。思ったよりいろいろな鳥がいました。私のデジカメでは鳥の撮影は無理です。でも、カルガモさんならと思って、双眼鏡にデジカメ押し付けて撮ってみました。
070226karugamo
結構大きく撮れました。ちょっとピンボケだけどね。
他に、ハシブトガラス、ヒヨドリ、キジバト、シジュウカラ、ウグイス、アオジ、シメ、アカハラ、ウソ、そして、ルリビタキのメス(たぶん)。
070226ruribitaki
これも、双眼鏡にデジカメ押し付けたのだけど、動き回るから大変。小さいし、たくさんトリミングしています。ぼけぼけだけど、なんとなくルリビタキってわかるでしょう。
 この後、広場になっているところで、ドバトに襲われました。2・3羽私の後を着いてくるのは分かっていましたが、そのうち、遠くのハトもこっちへやってきます。変だなって思ったら、20羽くらいのハトたちがどっと飛んできて囲まれちゃいました。餌をくれると思ったようです。あ~ビックリした!何もあげるもの持っていないのに・・・

 この公園を出て、のんびり住宅街を歩きながら、春探し。
070226kyuurigusa
<キュウリグサ> ムラサキ科キュウキグサ属
直径2ミリくらいの小さな花なので、焦点が合いませんでした。

070226orandamiminagusa
<オランダミミナグサ> ナデシコ科ミミナグサ属
これも、小さくて、ピントが花にあっていません。

070226fukiokabu
<フキの雄株>キク科フキ属
もう、こんなに、花が開いていました。

 お目当ての”つくし”はついに見つかりませんでしたが、都心の公園にいろいろな野鳥がいることが分かってうれしかったです。約4キロメートルののんびり散歩でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

ラベンダーの様子

フレンチラベンダーに蕾が現れ始めました。品種名まではわかりません。
070224frenchlavender1
株全体は、まだ、寒そうに葉が閉じていて、さびそうです。でも、よく見ると、先端に花芽が見えています。
下の写真はほぼ満開の去年5月11日の写真です。
070224060511frenchlavender_1
このラベンダーには香りがありません。私がわからないだけかな?

もうひとつ、レースラベンダーが咲いています。寒さに弱いといわれているようですが、去年は雪がかぶっても平気で咲いてました。もちろん雪はすぐどけてあげましたが・・・今年は暖冬なので、安心してバルコニーに置いてます。しかし、初秋に強く切り戻しをしたら、弱々しい芽しか出てきません。11月半ば頃から、細々とした芽がでて、花芽が立ち上がってきます。でも、株全体はみすぼらしく、きれいな銀色の葉がほとんど出ていません。
そのため、写真は花のアップだけです。
070224lacelavender
この花も香りがないみたいです。私にわからないだけでしょうか・・・

ラベンダーの香りをかぎたくて、他に小さな苗を2つ仲間入りさせてしまいました。
”ラベンダー・るりむらさき” と ”ラベンダー・スーパーセビリアンブルー”
香りがあると表示されていますがどうなのでしょう。小さくて、今年咲いてくれるのかわかりません。これも、楽しみながら育てましょう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

新しい仲間のクリスマスローズ

うつむいて優雅に咲くクリスマスローズ。あちこちで開花情報の記事を見ると、やはり欲しくなって、10日ほど前、ホームセンターから連れ帰ってきました。開花株は高くて、悩んだ末、小さな苗にしました。
070223helleboews
原種系ノイガーダブルとバレンタイングリーン。我が家の新しい仲間です。どちらも、白色系。咲くのは、来年か再来年かな。

~*~ おまけで ~*~

070223whiteangel

2月8日の記事で載せた、クレマチス ホワイトエンジェルの、たった一つの蕾。やっと割れてきましたよ。開花まであと一息です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

チューリップの背比べ

チューリップを植えたのは小学生以来のような気がする。私に触発されたのか、実家の父も植えた。車で一時間くらいのところに実家がある。やはりベランダ園芸だ。80才を過ぎた父が、子供のように毎日チューリップの芽を見てはニマニマしているらしい。現役時代の父からは想像できない・・・
070220061217tulip1me

10月11日に植えて、初めて芽を見つけたのは12月17日。すご~く、うれしかった。8個植えて、最後の芽が出たのは2月2日。ずいぶん差が出てしまった。

070220tulip1
上の写真が昨日(2月19日)の様子。大きさがまったく揃わないです。中4つはブルーダイヤモンド、外4つはシャーリーという品種。大きさの違いは品種差だけではないようです。

070220tulip2
もう一鉢作りました。こちらは、スウィートアリッサムとバコパスノーフレークの間に植えたものです。芽が出ているのは、義母がくれた商品のおまけ。どんな色が咲くのかわかりません。他に、マウントタマゴという品種を植えてあるのですが、まだ芽が確認できません。だめになってしまったのかちょっと心配です。

070220ohinasama ちょっとおまけに・・・

我が家もお雛様を飾りました。何十年も前に母が木彫り教室で作ったものです。小さくてシンプルなのでもらってきてしまいました。桃の花も飾ってあげないと・・・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ビオラパンジーの災難

こぼれ種から、咲いた白いビオラパンジー。半分くらい食べられています。近くの木ではヒ~ヨ、ヒ~ヨとヒヨドリが鳴いてます。たぶんこの子が食べたみたいです。
070216wbiorasainan_2

お行儀が悪いのか、花びらを散らかし、少しずつ食べ残しています。
一ヶ月前は、すべての花が食べられてしまいました。やっと咲きそろったばかりだったのですが、また、やられてしまいました。同じ子かわかりませんけど。

この花は、去年の2月に小さな花屋さんで200円で購入したものです。お店の人が”ビオラパンジー”だとおっしゃっていました。タッグはついていませんでした。
070216060223wbiora_2
春には甘い香りがして、夏までどんどん咲いてくれました。8月にはひょろひょろになってしまったので取り除きました。 長いことありがとう! ところが、なんと、新しい生命が誕生していたのです。
070216060807wbiora_1
少し育ってから、プランターへ移植しました。 10月29日には最初の花が咲き、小さな株ながら、少しずつ花を咲かせてくれます。ところが、面白いことに、3種類の花が咲いているのです。

070216wbiora1_1 070216wbiora2_1 070216wbiora3_1

:真っ白で、縦長の形。 真ん中:少しクリーム色で濃い紫色のひげがあり丸い形。 :クリーム色でひげがなく丸い形。 
先祖がえりでもしたのでしょうか。交配前の性質がそれぞれ出ているのかもしれません。
春には、またほのかに香り、たくさん花が咲いてくれるとうれしいのですが。 ヒヨちゃん、あまり食べないでね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

声の主はだれ?

バルコニーで水遣りをしていると、時々、聞きなれない声が聞こえます。そんなある日、今度は、けたたましい鳴き声をあげて私の真上を飛んでいったのです。逆光で、色はわかりません。尾の長~いシルエットは見たことない鳥のようです。オナガとも違います。
そして昨日、再び同じ鳴き声がしてきました。あわてて、双眼鏡ぶる下げて、伴侶の300mm望遠デジカメをもって、そっと探しました。
いました!緑色した尾の長い鳥が。ちょっと離れた駐車場の桜の木に。
070215wakakehonseiinko
ワカケホンセイインコです。声の主はこの子でした。 あ~、すっきりした。
この鳥は、篭脱け鳥と呼ばれ、もともとは観賞用に輸入されて人に飼われていたのが、逃げ出して野生化したものです。
しかし、このデジカメは重たいし、ゆうこときいてくれません。焦点はオートのはずなのに、ぜんぜん動いてくれないのです。手動であわせてみたけど皆ピンボケ。たまに動いてくれて、この写真が一番ましなほうです。小雨降る中、すごいいでたちでシャッターを押していました。かなりトリミングしています。証拠写真程度にはなるかしら。
伴侶には内緒で持ち出してしまったので、壊れていたらこめんなさ~い。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

八甲田山系前嶽

今日、八甲田山系前嶽で大規模な雪崩があったようだ。巻き込まれて亡くなられた方がいるらしい。心からご冥福をお祈りいたします。
暖冬に、猛吹雪。雪崩を抑えることはできない。自然の恐ろしさを痛感します。
010430hakkoudamaedake1_1
6年前のゴールデンウィークに、伴侶と2人で八甲田山系スキーツアーに行った。 2日目のコースがこの前嶽だった。雪中行軍記念像駐車場→前嶽→ロープウェー山頂駅→八甲田温泉というルートでテレマークスキーにシールをつけてお散歩した。麓は大きなブナの森。クロジがさえずり、コガラやヒガラが賑やかだった。前嶽は結構急斜面。登りがきつかった~。

010430hakkoudamaedake2
上の写真は帰りに雪中行軍記念像前から撮ったもの。ピンクの線は私たちが歩いたところ。山頂付近に横へ亀裂が入っているところがあった。急斜面で腰が引けていたのに、雪崩の危険があるので、ものすご~い恐怖を感じたものだ。たぶん、今回の雪崩は、この斜面に近いのでは・・・・
美しい自然も危険がいっぱいなのだということを感じた一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

奥日光雪見散歩

11日は奥日光で雪見散歩。 赤沼茶屋へ着くと雪がちらほら。 コースは小田代ヶ原を一周して赤沼茶屋に戻る予定だ。 道はしっかり踏み固められていてスキーを履く必要はなさそうだ。 晴れることを期待して、防寒着をしっかり着込んでハイキングシューズで出発。
雪のためか、人も少なく、鳥も少ない。 最初に出会ったのは、キバシリ。 チリリリチリリリと鳴きながら、幹を上っていた。 3・4羽ほどいたようだ。 川ではカワガラスがさえずっていた。 そろそろ巣作りだろうか。
070211odashirogahara
070211kifujin
森の中は、とても静か。 ヒガラを見かけただけであっという間に小田代ヶ原。 上の写真は小田代ヶ原と男体山。 雪が少なくなって少し晴れ間が出たところ。 この後すぐに雪雲に覆われ山は見えなくなってしまった。 湿原の奥、地平線上の真ん中に小さく写っている一本の白樺がわかるだろうか。 有名な貴婦人である。 左の写真はその貴婦人を300mm望遠で撮ったもの。 大きすぎて、はみ出てしまった。 伴侶のカメラを借りたのだが、2カット撮っただけで手が疲れた。 カメラを固定するのは大変。 とにかく重たい。 ところが、最近この手のカメラを女性が手持ちで撮影しているのをよく見る。 腕の筋肉トレーニングでもしているのだろうか。 すごいと思う。

鳥にも、動物にもあえず、湿原の半分くらいのところでお昼にする。 突風が吹くとすごく寒い。 暖かいカップラーメンがありがたかった。 帰り道では、樹木に付着している地衣類観察をすることにした。 

070211kiumenokigoke 070211karakusagoke

上の左側は、キウメノキゴケであろうか。 右はたぶんカラクサゴケの仲間だろう。

070211jushijochii
左のは、樹状地衣と見られるが、よくわからない。
はじめは、サルオガセの仲間かと思った。 地衣類は、図鑑を見ただけで、簡単に同定できるものではないようだ。 少し勉強すると楽しいかもしれない。

行きにさえずっていたカワガラスの声がまた聞こえる。 今度は対岸から探してみることにした。 また同じ枝の上で鳴いていた。 時々、水にもぐって、虫を取っては食べている。 羽づくろいしては再びさえずる。 そして、よく白目になる。 というのは 瞬膜というまぶたが白いので閉じると白目のように見えるのだ。 体全体の色が濃いこげ茶色をしているので、これがよく目立つのである。 長いこと楽しませてくれました。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

ビオラの異変

 最近ビオラが元気ない。 去年11月末に購入した、ハローキティービオラコレクションのクールキャッツアイというビオラ。 環境によって花の色が変わるらしい。 購入当初は、上弁が淡い青紫と唇弁は淡い黄色でした。
070210catseye1
今年の1月30日撮った写真では、上弁はかなり濃い青紫で、唇弁も黄色は全くなく、青紫色しています。
070210catseye2
同じものには見えませんね。 温度にかかわるのでしょうか。春にはどんな色になるか楽しみだったのですが、なんだか最近変です。
070210catseye3 070210catseye4
花柄がまったく伸びず、蕾が小さいうちに花が咲いてしまいます。
070210catseye5
通常、柄が伸びて咲くのに、柄も伸びず成長しないまま開花してしまうのです。 もう6個くらい小さい奇形の花が咲いています。 いったいどうしたのでしょうか。 ネットでいろいろ調べて見たのですが、わかりませんでした。
原因として考えられることは、病気、栄養失調、土壌汚染による奇形、突然変異など。
病気にしては、枯れていません。 土壌汚染といっても、鉢物ですし、まさか、隣の鉢に植わっているアズレアの矮化剤が溶けて隣の鉢が吸い込んだなんて考えられないし。
栄養失調かな。 あまり肥料あげてないから。
とりあえず、置く場所を変更し、液肥を上げて様子を見ることにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

クレマチス ホワイト・エンジェルを購入

 冬咲きのクレマチス、urophylla White Angelをホームセンターで見つけた。 もう花は終わって、下葉がかなりからからに枯れこんでいる。 60%引き。 安いけど、いまひとつ元気な苗とはいえなさそう。 悩みました。 結局、欲しい品種だったので買ってしまいました。 枯れこんだ葉はすべて切り取り、深めの素焼き鉢に植え込みました。

070208whiteengel1

下葉がぜんぜんないので寂しいです。 花も咲き終わった後・・・と思ったらひとつ蕾を見つけました。 咲いてくれるかしら。

070208whiteengel2

蕾の長さが1cmないくらいです。 落蕾しないでね。 
ほとんど枯れているような茎ですが、よ~く見ると、ひとつだけ新芽が動いています。 枯れてはないんだとちょっとうれしい。

070208whiteengel3

無事に育ってね。

冬の寂しいときにも花が欲しいなと思っていました。 冬咲きクレマチスのことを知っていろいろ調べていたら、 薔薇道楽:鳥を呼ぶクレマチス こんな記事に出会いました。 ホワイト エンジェルの花にメジロが来て、花の蜜を吸っているのです。 絶対これが欲しいと思いました。 バルコニーにメジロさんが遊びに来てくれたらうれしいですもの。 枯らさないようにかわいがって、今度の冬にはいっぱい花を咲かせなくては・・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

ミニバラの植え替え

 ミニバラを植え替えました。
 去年の2月、小さな町の花屋さんで見つけた白っぽいミニバラ。 直径5センチくらいの小さなプラ鉢に植わっていました。 品種名も書かれていませんでしたが、200円くらいだったので、思わず衝動買い。
 ところが、しばらくすると、別のつぼみが開いてびっくり。 次に咲いたのは黄色でした。 そして、またまたびっくり。 その次は赤でした。 そよ風くらいですぐ倒れてしまう小さな鉢は、なんと3株植わっていたのです。
Minirose3shu
すぐ転げるので、しばらく駐車場の植え込みに植えておきました。 気になっていたので、3株を分けて、それぞれ鉢植えにしてあげることにしました。
しばらく、バケツの水の中につけておきましたが、ぜんぜん離れません。 白い根は出ているようですが、すごく少ないです。 でも、離れてくれません。 はじめは丁寧に少しずつほぐそうとしたのですが、ついに力ずくで離してしまいました。 根が傷ついたかもしれませんね。 大丈夫かな? ちょっと心配です。
070205minirose3
花の色で、茎の色も違うのですね。 赤い花の茎は一番赤っぽく、黄色のは赤みがない緑です。 無事に根付いて花を咲かせて欲しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

ミツバチの飛来とアズレアの蕾

 ココフラッシュのガーデニング仲間になれない出発でした。 何が悪かったのかしら?
 今日は、バルコニーで水遣りしていたら、ミツバチが10匹くらい遊びに来ました。 どうやら、水を飲んでいるようです。 水がたまっているところにみんな降りています。
070205mitubachiwaku 
まだ2月になったばかりなのにもう活動しているのですね。 この子はかなり近づいても一生懸命水を飲んでいて、こっちには気がつかないようでした。 そのうち仲間がやってきて、この子のおしりを突っついて、危険を知らせていました。 

 去年の10月に寄せ植えしたサルビア・アズレアがまだ2輪咲いています。
070205azurea1waku 
まだ蕾もひとつあります。
070205azurea2waku 
葉はすっかり、濃い赤紫色に紅葉しています。 このまま春まで枯れないのでしょうか。
去年の11月、満開の写真も載せておきます。
061108azureawaku 
本来、アズレアは高さが1メートルくらいに成長するサルビアです。 これは、かなり矮化剤が効いているのでしょうか。 春には大きくなってしまうかしら。 植え替えないとだめかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

ご挨拶

 初めてブログを開設します。
マニュアル読んでも?マークが頭の中をぐるぐるしている中の見切り発車です。
「木漏れ日ゆれるバルコニー」を思い描きながら、のんびりガーデニングしていく様子を綴っていこうと思います。 ひとつの記事作成にてんやわんや。 先行きが不安ですが、よろしくお願いします。

 私は、さまざまな苗を買っては枯らしてしまうズボラで管理下手のガーデナー? 長~いことガーデニングから離れていました。 しかし、2005年にお引越し。 あまりに殺伐として寂しくて、花や緑を少しずつ買い始めました。 花が咲いたり芽が出てきたりすることがなんだかうれしいですね。 今はまだ、少ない鉢物が雑然と置かれていて、和めるバルコニーとは程遠いです。 ガーデニングを楽しみながら、お洒落なバルコニーの夢を追っていきます。
      

   Bakobafuchituki_4

    <バルコニーできらきらしているバコパ・スノーフレーク>

 太陽の光をいっぱい浴びて、花びらの表面が宝石をちりばめたようにきらきら輝いています。 バコパ・スノーフレークは雑草のような小さくて地味なお花。 あまり目を引かなかったのですが、次から次へと咲くかわいい子です。 この下には色のわからないチューリップと白いチューリップの球根が植わっています。

 ネット上で素敵な植物を見るたびに、欲しくなる今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年3月 »